生活

ナチュラリストでもなければ、ロハスでもないんですけど

最近気がついた。

私の生活は、人から見れば、ナチュラリスト?かもしれない、と。

朝起きると、ティートリーの歯磨き粉で、歯を磨き、アレッポの石鹸で、顔を洗う。

顔には、蜜蝋クリームを塗り、髪には、ホホバオイル。

食器は、お湯と、アクリルたわしで洗って、時々重曹、洗剤いらずの白いスポンジで、きれいにする。

消臭除菌には、ティートリーのスプレーを使い、洗濯にも活用。洗濯も洗濯石鹸を使い、布ナプキンも、それを使って洗う。

移動手段は、自転車。

庭には、ミミズが増えるように、生ゴミを埋める。

しかし、本人は、環境にやさしい、なんて事をしていると思ったことがない。

だってね、人なんて生きていること自体が、地球に悪影響なんだから。

自分にとって、心地よいかどうかが大事。それと、面倒でないこと。安価な事。(これ重要。笑。)

上に書いた事柄も全てこれに当てはまる。

顔も髪も身体も、石鹸一個で済むのは、簡単だし、安上がり。それに泡切れがいいので、髪を洗うのが楽。

食器も、おんなじ様な理由。すすぎがいらず、匂いが気にならない。

先日作った蜜蝋クリームも、とっても優れものなので、何役にも、役立ってくれるので、ありがたい。

髪も余分な香りのしないホホバは、快適だし、それにつやつやになる。

洗濯石鹸もタオルなんかふわふわになるのだ。

名古屋の中区は自転車が一番効率がいい。それに、車の維持費は、すごいから

そして、主義主張で行っているわけではないので、時々洗剤だって使うし、銭湯のシャンプーだって、使うのは平気。

布ナプキンだって、普通のナプキンと併用する時もあるしね。

「ねばならない」は、ストレスになる。

簡単、便利、気持ちいい、が、こうなっただけなのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)