育児

国際赤ちゃん学会

国際赤ちゃん学会

どうやら、来週からみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃん

昨日またもや、丸善にて、立ち読み。

でも、昨日は、ちゃんと一冊買いました。

赤ちゃんについての最近の研究を新聞で連載したものをまとめたもの。文庫になっていて、安かったのだ。(やっぱりそれかい。)

ものすごくおおざっぱにいうと、赤ちゃんは、思っているより早い段階で、いろいろなことを理解していると言うことが書いてある。(ほかの事も書いてあるけど)

割と複雑な物の認識も、8ヶ月位になると、大人と同じようなやり方で、行っているとか。

言葉の認識も、生後5日目の赤ちゃんの実験でも、母国語(というより、お母さんの言語)を聞き分けているようなのだ。

国際赤ちゃん学会なるものも、あって、今年の6月京都で開催されるらしい。(調べますね。)

その本を読んで、思い出したのが、去年7ヶ月の時に、2回ベビーマッサージをした(私がしたわけじゃないけれど)男の子。

偶然姉と同じマンションの方で、この間、久しぶりにロビーで会ったのだ。

もちろん男の子は、赤ちゃんから、幼児へと成長していた。

なのに、私にとっても、興味を持ってくれて(去年のベビーマッサージ以来会ってないのに)最後は、エレベーターまで、見送ってくれたのだ。

「おばちゃんのこと覚えてるよ。」と、でも、言いたげに。

単なる近所のおばさんバカかもしれないけれど、私たちが思っているよりは、赤ちゃんは、記憶力がいいのかもしれないね。

これからはどんな赤ちゃんにでも、たっぷりと愛想を振り撒くことを誓ったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーマッサージ

ベビーマッサージの講習は、準備やら、赤ちゃんの募集やら、(もちろん受講生の募集もだが)、後片付けやら、大変なので、いつも準備の段階では、だぁーーーーと、思ってしまうのだが、終わってしまうと、やってよかった、になるのだ。

最大の理由は、赤ちゃん達との出会い。(もちろん、お母様やお父様とも)

毎回どんな赤ちゃんと出会えるか、楽しみなのだ。

今回は、優等生な赤ちゃんばかりで、スムーズに行えたのだが、それでも、最初は、人見知りが激しいかも?という赤ちゃんだっていた。

でも、ベビーマッサージが終わる頃には、笑顔まで見せてくれて、ベビーマッサージの効果を改めて納得することもできた。

インドの家庭ではないけれど、家族間で、マッサージを行いあえるというのは、とてもよいことだと思う。赤ちゃんの頃から、自分がマッサージをうけていると、きっと、人にもしてあげることも、自然に覚えると思う。

お母様たちも、赤ちゃんに限らず、他の子供達や、だんな様や、ご両親などに、ベビーマッサージをとおして、人に触れることが、自然にできるようになるのではないかしら?

言葉だけではなかなか通じ合わないこともある。言葉が邪魔になることもある。

そういう時、何か手にできることがある、とうのは、とても強みだと思う。

日本人は、お互いの身体に触れたりすることが苦手な(最近の若い人たちには、そうでもない人もいるけれど)ほうだから、ベビーマッサージの広がりとともに、触れたり、なでたり、さすったり、そういうことが自然にできるようになればいいかな。と。

誰だって、好きな人に、なでなでされるのは、気持ちいい。

毎回ベビーマッサージは大変だ大変だ、といいながら、終わってみると、また開きたくなると言うのは、出産、子育ては大変だけど、赤ちゃんを見るとまた欲しくなる、レベルは違うが、それと似たようなものかも知れない、と、出産経験も子育ての経験もない私は、思ってしまうのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

PineLeaf: 夜泣きのベビーマッサージ

リンク: PineLeaf: 夜泣きのベビーマッサージ.

ベビーマッサージ講習を終了した方、これから受ける方。(もちろん、どんな方でも)

市川先生のブログ、読んでみて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日無事に

お陰さまで、ベビーマッサージの講習が終わりました。
相変わらずの市川先生には、いつも感謝です。

雨の中を赤ちゃん連れできてくださった、お母様やお父様、おばあちゃま、ありがとうございました。

昔から、一生分の親孝行を3歳までにしてしまうというけれど、本当だなっと、思う。だって、あんなにかわいいんだもの。もう社会貢献だって、充分3歳までにしているといっていいぐらい。幸せを与えてくれる、関係ない、このおばちゃんにまで。

今回の親子教室は、赤ちゃんの体調不良で、欠席者が、2組。泣き止まず途中リタイヤされた方が1組。でも、もう1人の赤ちゃんは、元気いっぱいで、先回の時も参加された方なので、その成長振りにもまた、驚かされた。

赤ちゃんは、とても幸せを与えてくれるけれど、ハプニングもつきもの。
受講生の方たちには、このハプニングがよい勉強になると思うのだ。(赤ちゃんごめんね)

ベビーマッサージに限らず、人を相手にしている仕事をしていると、卓上の勉強だけでは、対処できないことが多い。
実践の中から学ぶしかないことが、ほとんどだ。(もちろん知識も大事だけどね)
その知識にしたって、実践の中から、本当に必要なものが見えてくると思うのだ。

だから、お母様たちには気の毒なのだが、泣き止まない赤ちゃんがいたり、ぐずる赤ちゃんがいる方が(もちろん、ニコニコ君も必要!)講習の中で、親子教室を開く意味があるのだ。

人生もそんなもの。
小さいことから、大きなことまで、ハプニングの連続。

何が起こるかわからない。

そのつど、学んでいくしかないんだね。

経験が人を作るって言うしね。

私もきっとまだまだこれからね。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

なじぇ?

お問い合わせの中に、面白いものがある。

「どうして、安いのですか?」

うううう、どうしてって言われても困るのだが、ほかが高い!ということ?

少し大きなスクールだと、宣伝費、人件費、建物の維持費などで、経費がかかるのだろうね。

時々、そうでもなさそうなのに、高いところもあるけれど。

昨日、先回のベビーマッサージ講習に参加された方からお電話を頂いた。

とても気に入ったので、他の人たちにも参加させたいとのこと。うれしいことである。

他のところも覗いたらしいのだが、うちの市川先生のやり方が一番気に入っていただけたらしい。安いからではなくて(それも重要なことだけれどね)内容がよい。ありがたいことである。

ベビーマッサージでも、リフレクソロジーでも、なんでもそうだけれど、うちでは、人に触れることの効用や、ボディワークにとって、何が一番大事なのかを学んでいただきたいと思っている。

卓上の勉強よりも、現場から学ぶことの大切さと重要性。

テクニックの前に、大事にしなければいけないこと。

理論も大事だけれど、実際に人に触れる事から学ぶこと。

マニュアルではない。

何故、人に触れることが大事なのか、何故、そうするのか。

単純なことなのに、頭でっかちにならないように。

少しでも多くの方に、手軽に、素敵に、人に触れることの効用を実践して、実感して欲しいなと、思う。

そこには、~式の~のデイプロマ所得が可能です、とか必要ないと思うのだ。

どうして、それをやりたいのか、そして、どうしていきたいのか、そして、相手に何をしてあげたいのか、その気持ちが大事だと思う。それがテクニックの向上にも、知識の吸収にもつながるのだ。

うちのスクールは、高くはないけれど、内容が薄いとか、不親切とか、そんなことはありません。先生方も、ご自分を持っていらっしゃる素敵な方(えっ、もちろん、私も含めてね。)
安心して受講してくださいね。

これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーマッサージ講習の受講生にこさんのブログ

リンク: セラピストの卵.

先日のベビーマッサージのことを書いてくれています。

覗いてみて下さいね。

にこさん、リンクもう少々お待ちくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーマッサージ用赤ちゃん人形

リンク: 人体百科 - 手技模型 男性赤ちゃん.

ここに、値段が手ごろな赤ちゃん人形を見つけました。

今回の講習は、受講費を安くするために、あのような人形でしたが、もし、もう少し本格的な人形が欲しい方は、覗いてみてください。
ただ、足をもって、お尻を、グルグルすることは、できそうにないので、この間のように、そのときだけ、ぬいぐるみを使うといいかもしれません。

テキストに、載っていた赤ちゃんモデルは、身体も、柔らかく言うことなしですが、値段が、88、000円(税別)も、するので、いかがかなと。

今度の10月の講習には、これを使おうかとも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くたびれた

果たして、この話が、「育児」というカテゴリーに入るのだろうか?タイトルと内容がずれることは、しばしば、気にすることもないけど。

今日は、神様がお休みをくれたので、午前中に今度うちで開催する予定のベビーマッサージ用の赤ちゃん人形を求めていざ、赤ちゃん本舗へ。
赤ちゃん本舗なら、あると思ったのだが、意外とないのね。お子様向けの赤ちゃん遊び用の赤ちゃん人形はあるのだけど、すごく付属品がついている。使わないので勿体ないし、なしでいいから、安くしてくれ、ともいえない。
しょうがないので、ふらふらとしていると、「ホンポちゃん人形」というのを発見。きっと、ディスプレイ用だと思っていると、値段がついている。
お洋服つき、2850円(税別)これいいかも。
早速ベビーマッサージの先生ところに画像を送ってみたけど、まだ、お返事来ない。(当たり前だよね、さっきの話だから)

ついでに、久しぶりだから(栄に、トリートメントルームを持って、スクール開いていても、めったには、デパートには行かないのだ。)デパートを覗いた。(赤ちゃん本舗は、デパートのテナント専用のビルに入っている。)
そして何故か、そんなところにも、百均が。
かなり大きくて、こんなものから、あんなものまで、売っている。もしやと思い、赤ちゃん人形を探したが、もちろん無かった・・・。(あるはず無いよね。)

一通り見て回ったが、疲れたのと、これでいいのかと言う思いが、グルグルしてきて、何も買わずに帰ってきた。
私もよくお世話になるので、百均には、足を向けれやしないが、(何でもあるところすごいよね。)あれだけものがあると、どこで、作っているのだろう?とか、原価は?とか、質の悪さが、目に付いてしまった。(全て、消耗品という感じ)
家のものが、半分は、20年前から使っているというものばかりだからかもしれないけど、今日はなんとなく、物に対しての尊厳が、軽くなったような、少し悲しい感じがした。
(と、言いながら、赤ちゃん人形探した私がいるのだが・・・)

とにかく疲れてしまった。今から畑で充電だー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)