心と体

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いしますね。

お陰様で、こちらベルギーでも無事にお正月を迎えることができました。といっても、寝て起きただけだけ・・・(笑)

去年の2月にステフの所に滞在した時はあまりどこにも出かけず、お父さんの所とオステンドという海のある町に日帰りで出かけたぐらいでのんびりしてたんだけど、今回はなぜか忙しく過ぎて行き、アッという間に帰る日が近づいてきた。

小旅行にも出かけたからだと思うけど、お父さんの所には2回も行ったし、ステフの友達にともご飯を食べたりして、先回のステフの日本滞在と同じように慌ただしく時間が過ぎていく。

なんか、本当に2週間もいたの?って感じ。やっと、時差ボケもよくなったころなのにね。
まあ、でも振り返ってみると今回も面白いことがたくさんあった。
ただ楽しいというだけではなくて、これからステフと一緒に生きていけるのだろうかとか?(大げさ?)今までの自分を振り返ってみたりする時間があったりとかね。


今回はブリュッセルに着いたその日そのままルーベンという町に行き1泊、年末はディナンというところに2泊した。

ルーベンというところは、大きな大学があって有名なところだけどあまり日本の人には知られていないところだと思う。町としてもそうたいして大きくはないのだけど、少し散歩しながら何か話したりするにはいいところ。今回はクリスマス前に着いたから、町のそこここがクリスマスイルミネーションできれいだった、派手ではないけれどね。

ルーベンでは何事もなく過ぎていったのだけど、次の旅行先ディナンでは、ちょっとしたハプニングがあった。

ディナン自体は小さな村で、歩くにも丁度いいのだけど、少し足を延ばすと古いお城やら小さなきれいな村などがあって、日本人がよく行くブルージュなんかより、私にとっては魅力的なところ。今回も私がいつか行ってみたいと言ったのでステフが連れて行ってくれたのだ。

この旅行では日本でいうところの民宿で、英国風に言うとB&Bに泊まった。
なので、朝から結構な量のご飯が出て、ちょっと嬉しかったな。←そこかい!
というのは冗談で、あ、ちょっと、ほんと。駅からも近くていいところだった。

で、お城に行くには歩きでは遠すぎるので、そこのお父さんが車で連れて行ってくれることになり、帰りは、歩いて1.5キロぐらいの所にある小さな村に寄って帰りはそこから戻って小さな無人駅まで3キロ歩くはずだった・・・


なのに!もうすぐ駅だろうというところに来て、ステフが駅名の村まで3キロという看板を見つけ「駅はこの村にあるはずだから、こっちに行こう。」と言い張る。
で、どう考えてもまっすぐ行けば駅がありそうなのにいろは坂みたいな登りの道を行こうっていうんだよね。

しょうがないのでステフの意見に従ってここから3キロという看板を信じ、その坂を登ること小1時間、果たして駅はなかった・・・

その代わり、きっと道を間違わずに来たら嬉しいところだったよなあ~なんて思えるほどいい景色で、というか、見渡す限り畑ばかりで、ところどころに家が点在、空はは近いし、いいところなんだけど・・・

「おら!どこに駅があるんじゃい?おまけに人に道を聞こうにも人がおらん!」状態。
で、しょうがなくトコトコ歩いていくと、また看板があり、回り込んで見てみると、「駅まで3キロ」!と書いてある。そう、やっぱり駅は、まっすぐ行ったところにあったのだ。

まあ、昔の私なら激怒しまくったかもしれないけれど、この年になると間違ったほうが辛いのがわかる。それに、とってもいい天気で、間違わなければ来られなかったこの景色を怒りで曇らすのはもったいない。
ということで、記念撮影もし、謝るステフを笑顔で許し、痛い足を引きづりながらてくてく歩く。
歩きがてら、この人とこれからも大丈夫なんだろうか?とか、これからの二人のこととか、文句を言ったら早く駅に着くわけじゃない、だから歩くしかないのよ、今までだって頑張ってきたじゃない?とか、色々な思いが心に浮かび去っていき、過去の自分の歩いてきた道のりと重ねながら黙々と歩いた瞑想のような帰りの3キロ。

なんか、私にとっては必要な時間だったみたい。足は痛くて、泣きそうになったけど。実は前日も10キロほど歩いた後だったから。

駅について帰りの電車に乗ってディナンの駅まであっという間、自分が歩いた距離は何だったんだろうか?というほど、簡単に着いた。

歩くことの意味、自分の人生はこの電車のようにはあっという間に目的地に連れて行ってはくれない。大変だけど、そうだからこそ見える風景があるんだろうな、って、細々ながら自分のやりたいことを一人で続けてきた私にとって、これからもやってくるだろう試練←やっぱ大袈裟?の前に、いい経験だったと思う。

今日も一人でカルフール(イオンみたいなところ)に買い物に行ったけど、パルドンやエキスキューゼ・モアがとっさに口から出てこない。レジでも、もたもたして後の人を待たせたりしても何も言えない自分がいて、なんだか悲しくなったけど、これも歩くことと同じ、近道はないから少しづつ慣れるしかないね。

とりあえず今回のベルギー滞在は引っ越し前の予行演習のようなものだけど、ステフのおかげでいい経験もできたし、何とかなりそうな気がするわ~。

きっと、現実は厳しいだろうけど、自分で選んだ道だからね。
頑張ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本当に、いざ自分のことになると・・・

実は、2週間ほど前から、ちょっとお昼寝~、と、横になると、目が覚めるのはその4時間後、という日が続いた。まあ、眠れないよりは眠れた方がいいのだが、なじぇに、そんなに眠れるの?と、自分でも不思議だった。
で、先週久しぶりに足モデルになり、次の日以前の受講生さんのロミロミのモデルになった。
まあ、そしたら次の日、またまたちょっとお昼寝~、なんて横になり目を覚ますと、4時間半後。お腹が空いていたので、少し食べたらまた眠い。どうやらお昼ご飯を食べずに寝たのでお腹が空いて目が覚めたみたい。(子供かい!)
その後また眠くなり、明日は講座だから、体力温存、なんて思いながら横になって目を覚ますと、なんと!夜の10時過ぎ!ひぃーーーー、と思いながらも、まだ眠い。で、またまた今度もお腹だけは空いているので(笑)、少し食べ、で、朝までまた寝た。爆

なんかね、この間から、落ち込んでいるだの、やる気がないだの、寂しいだの、いろいろと書いているが、本当の理由は、ただ単に疲れていただけみたい。その証拠に、次の日から心と身体が軽い、軽い。
毎度おなじみの根拠のないチョーポジティブ思考はカムバックし、急に花が植えたくなってビオラを植えた。

まあ、思い返せば、春ぐらいから公私ともに忙しかった。9月にはそれがピークに達し、講座も同じ日に10時間ぐらい続けてやったり、夜遅い仕事が3日も4日も続いたり。10月は、遊んでばかりいたようだけど、日帰り旅行の後に夜の仕事を10時過ぎまでしたりしてたしなあ~。

ほりゃ、疲れてるはずだわ。

人のことはよくわかるが、本当に自分のことは、心、身体ともにちゃんと見てあげないとわからない。心の声には耳を傾けるようにしていたけど、今度からは身体の声にもちゃんと耳を傾けなきゃね。大事な大事な自分の身体からね。

さあー、今日も講座だ、頑張るぞ!おう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確かに、と思ったこと。

フランス語の勉強、ぼちぼちしか進みません、だって、暑いんだもん!笑。
(じゃ、秋になったらはかどるのか?と聞かれれば、たぶん、と答えることしかできない・・・)

この間、母語以外の習得についてステフと話していたとき、彼が、「母語じゃないんだから、ちょっとぐらいの間違いをしても気にしないよ。それに、母語以外の言葉を母語の様に話せるようになれると思っているなんて、おこがましい。(もちろん、ここは意訳です。)」と言ったのだが、その時、「確かに。」と思った。

私たちは学校で、勉強として英語を習うので、間違うとペケをもらう。だから、英語を間違うことに異常に神経質になっているんじゃないかと思う。
時々、きちんと話せるようになってから、英語で話すようにする、という人がいるけど、きっと一生話せるようにならないと思う、そんなことを言っていたら。

日本にいる外国の人で、日本人の様にスラスラと間違いなく、その上きれいな日本語の発音で話している人が何人いるだろうか。そうすると、時々「いや、日本語は難しいからしょうがないでしょ。」という人もいるけど、母語以外の言語を学ぶということは、日本語だろうが、英語だろうが、フランス語だろうが、多少の差はあるだろうけど、難しいのは皆同じ。もし、英語が簡単と言うのなら、誰もがもっと話せていいはず。

学者になるならいざ知らず、私たちだって普段そんなに難しい日本語は使っていない。だから、人とコミュニケーションをとる、ということだけなら、意外と簡単な英語で足りる。大事なのは、その人と話したいかどうかなんだと思う。だから、仮想の相手を想定して英語を勉強するぐらいなら、ある程度のボキャブラリーを覚えたら実際に誰かと話す、と言うことが本当に勉強になるし、モチベーションも上がる。それと、私たちも子供の頃大人のまねをしながら言葉を思えたように、相手の言った言葉をまねるというのは言語習得にとってはとっても重要なこだと思う。まあ、確かに相手を選ばないととんでもない言葉使いになる恐れはあるけどね。笑。

で、何が言いたいかと言うと、英語もペラペラじゃないし、きっとフランス語もペラペラには程遠いぐらいで終わるかもしれないので、その時のいい訳?を早々にしているというわけ。爆。

でもね、みんな同じ人間だから、一生懸命相手の言葉で話そうとしている人に対して冷たくする人は、多くないと思うのよ、時々いるけどさ!でも、そんな人はこちらから願い下げ、だし、きっと、そういう奴はケツの穴が小さいに決まっているから大した奴じゃないよ。
だって、外国の人が日本語で頑張って話そうとしていたら解ってあげようと皆思うでしょ?
それと同じだと思う。
だから、がんばろう!(誰に向かって言っているの?笑)


おまけ・・・・

日本語ぺらぺらのハンガリーの友達が不思議に思っていたこと。
「日本に行った時、私が日本語で話しかけているのに、みんな、「私、英語、話せませ~ん。」と言って、逃げいていく。どういうこと?怒れてくるよ~。」って言ってたよ。外国の人に日本語で話しかけられたら、日本語で答えようね。
あと、頑張って英語で答えようとしてくれる人も多いらしい。大丈夫、日本語で答えましょう、そういう場合は。ね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リフレクソロジー

時々自分もお客になって、リフレクソロジーを受けている。
最近は夜の仕事が多くて、眠るのが遅くなる日が多いので、仕事がそれほど忙しくなくても、身体が疲れるし、精神的にも疲れるから。
やっぱりそれがよかったのか、今までなら、仕事のない夜でも友達と出かけるよりも家でゆっくりしていたい!なんて思っていたけど、先週は出掛ける元気が出て、何度か出掛けた。
人はやっぱり、身体が疲れている時は、ぐっすり眠れば回復するけど、心が疲れていると、眠っても元気にならない。トリートメントと友達とのお出かけ&おしゃべりが効いたのか、少々睡眠不足気味の上に今週末は講座が入っていたけど、お陰さまで元気で、昨日もぐっすり眠れた。

外も暖かくなってきたし、身体も元気なので、今朝は朝からお洗濯三昧。世間は地震やら原発の問題で暗い話題が多いけど、こういう時こそ、元気で行こう!

この間、母から届く生ごみを庭に埋めようとして、何気なく穴を掘ったら、雪でだめになっていたと思っていたジャガイモができていて、土の中から出てきた。金銀財宝ではないけれど、思いがけない収穫に嬉しくなって、patata!と、何故かスペイン語で叫んでた。笑。

ちょっと、どころかすごい話し
タイのスラム街で、日本向けの募金を行ったら、一日で90万円集まったらしい。
タイの、スラム街にも関わらず・・・。
ありがとう、タイの人たち。感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三段?

夏の暑さやら、沖縄旅行や、誕生日や、いろんなことを理由に、だらだらとした生活を続けていたら、身体が大変なことになっていた・・・。
まあ、うすうす気が付いていたんだけど(何さ、うすうすって?見て見ない振りしてただけ。)昨日のレッスンで、思い知らされた。
体力が落ちていることにも、愕然としたけど、君の身体どうしっちゃたの?状態。
グランバットマンをすれば、前にも三段、横にも三段、後ろにも三段の肉の層。
おばちゃん体型の標本になってたわ~。笑。

あー、でも、笑っている場合ではない。なんとかせねば、ということで、今日は午前中に自主トレを済ませ、今これを書いている。久しぶりに自主トレの全てのメニューを(最近は、はしょっていたからね。)こなしたら、死にそうになった。

今週毎日続ければ、ちょっとは体力も戻るでしょう。
いつも思うけど、やるしかないんだな、しんどくても。
自分の身体に文句言っても、痩せないし、贅肉は、増え続けるばかり。
このまま冬に突入したら、来年はえらいことになってるだろうな・・・。

英語ばかりじゃなくて、バレエもがんばろ。
仕事はもちろん頑張ってますよ~。

ちょこっと、リフレクソロジーの話。
久しぶりに2週続けて生徒さんのモデルになり、極楽気分。
沖縄旅行でかなり疲れていたので、その後何となく身体の調子が今一で、地に足がついてないような、不思議な気分だったのだけど(あー。これも歳のせいですかーーー?)、お陰さまで、身体がリセット出来たようで、先日から調子のいいこと。

それと、姉が先週軽くぎっくり腰になったのだけど、トリートメントしたら、次の日は元気になっちゃった。以前に比べると(姉はぎっくり腰をよくやる)回復が早くなってきているし、ひどいのはやらなくなった。それほどやってあげているわけじゃないけど、それでも効果はあるみたい。

でも、リフレクソロジーで贅肉取りは、無理だよね・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体は正直

夕べ、やたら肩がこるので、肩をぐりぐり回してみて、気がついた。
思いっきり、肩に力が入っていることに。
あーーー、自分で感じていなくても、けっこう緊張してるんだわ、私。
心配していないようで、仕事の事とか、心配しているんだ。
心に嘘をつくと、または、心と違うことなんかをすると、身体のほうが正直に教えてくれる場合が多いのだよね。
ただ、その身体の変化に気がつくかどうかなんだけど。
そういえば、最近瞑想してない。
もっと、心と身体の声を聞くようにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3か月

だらけきった身体を何とかしようと、自主トレの回数を以前の様に戻して3カ月。
お陰様で、筋肉が戻ってきた。
やっぱり、この歳の身体を鍛えるには週一ぐらいでは少なすぎる。
週3ぐらいだと、しなかった日も筋肉を使っているので、落ちにくいのだ。

それに、筋肉が戻ってきてくれると、バランスがぴたりと決まったり、筋肉がつかえている感覚があるのでやっていても楽しいのだ。普段の動きも軽いし、なんといっても、歩く姿が美しい~。(爆)
あー、でも、1週間もさぼると、元通り。
美しい50代を迎えるためにも、頑張らなければ。

心と身体はつながっているようで、自主トレができるということは心も健やか。
お陰様で、最近は調子良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏も近づく~

仕事が忙しいと、座って施術しているか、しゃべっている(あ、おしゃべりじゃなくて、講義ね。)だけになるので、太る・・・。
以前は、足掛け3年とはいえ、週に4日、一日3時間以上もバレエをしていたおかげで、当時は体脂肪率は、16~7%ぐらいだった。(今はきっと倍はある・・・orz)
洋服を買うときもサイズさえ合っていれば、どんなものでも試着できたけど、今は、試着室でこっそりとお尻を見て、店員さんに見せてなるものか!とばかりにそそくさと脱いでしまうことも多くなった。

(これでいいのか、わたし~?夏が来るころには、とんでもない状態になっている?)

でも、この2週間ほど、相変わらず仕事は順調なのだけれど、仕事の合間合間に時間が取れるので、バレエの自主トレができる日が続いている。
月曜のクラスとは別に一日30分ほどのバーレッスンを週に3回ほどしたおかげで、昨日会った生徒さんから「先生、痩せた?締まった?」と、聞かれた。(毎週彼女は私のレオタード姿見ているもんな・・・)

一日30分ぐらいなら普段も頑張れよ~、という声が聞こえてくるかもしれないけれど、バレエの場合、この30分が曲者。
バレエは、きつい、特にバーレッスン。まさに筋トレ。
クラスに出て、先生に見てもらいながらとかだと苦にならない30分だけど、一人で行うバーレッスンは、まさに自分との戦いである。
1週間も身体を動かしてないと、地獄(?)(特に40代半ばのおばさんには)

だってね、心の声がささやくの。たかが30分の間に。
「ここで止めても誰も困らないよ~」とか、
「もう、40半ば、できなくても世間は何も言わないよ~」とか、
「世間の40代に比べれば、まだいけてるほうだって、だから、ここで止めても大丈夫よ~」とか。

その声に抗うように2日も続けてやれば、今度は筋肉が思うように動くようになるから楽になるんだけど。(お尻もちょと、ぷりっとするし。笑。)

身体が軽くなると心も軽くなる。(心が軽くなるから、身体も軽くなるが正しいかも?)
GW中仕事が忙しくて疲れているはずなのに、12時回っても、もんもんとしながら、パソコンのカードゲームをやっていたのとは雲泥の差で、早寝早起きの習慣が戻ってきた。(だから、今朝もこんな時間に書いてます。)

バレエをしていた時、この歳で、発表会があるわけでもないのに、どうしてこんなにストイックにやっているんだろう、と思っていたけど、そのおかげで、今は自分の身体を動かす術を持っている。

ときどき、バレエをしていなかったら今頃に自分はどんな身体になっていたのだろうと想像すると恐ろしいけど(どんなホラー映画よりも)人生に「たら、れば」はなく、やっぱりすべては必要なことなんだろうね。

あの頃の自分のストイックさに感謝する、今日この頃。

今日は、昨日に引き続き、ベーシック講座。
また、一日頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼の霍乱その後

鬼の霍乱の充電が効いたのか、この陽気のせいか、昨日からは、やる気満々。
自転車に乗って久しぶりに大塚屋まで、布のお買い物。
今日は今日で、お客様がみえる前に玄関、お台所の大掃除。(その時沖縄で買った琉球グラスを割ってしまったのはちょっと痛かったけど、まあ、4月にまた行くからね。ま、すべては諸行無常ということで。)

ここ2,3年、掃除に対してかなり意識が変わったので、こういう陽気の日はお掃除日和とばかりに、せっせと励むことが多い。

掃除しながらの掛け声はなぜか「こんな部屋に住んでいては、幸せはやってこない!」(どんだけ汚いんじゃ!?)

やはり心や身体の大掃除をしようにも、お部屋がなんだかなあ、だとね。

それに、掃除をするとなぜか自分がちゃんとした生活をしている感じがする。
そして、「ああ、私って、お・と・な。」って。(もう、アホですが)

(ただし、掃除をしているときに「ありゃー、こんなところがこんなになるまで、ほっておいたなんて、私って、どんだけー」と、ビビルこともある。)

すっきりとしないときは、お掃除をしてすっきり!という本が少し(かなり?)前に売れたみたいだけど、本当に気分が沈んでいると、掃除なんてことに気が行かない。

ちゃっちゃと掃除に励めるということは、心も身体もいい感じということなのだ、私の場合。

何もしないで過ごした2日間は、無駄ではなかったのだーー。

今夜からはまた冷え込むようだけど、すっきりとしたお部屋で、ストーブの火にあたるのは、格別の幸せ。

熱燗でも飲もうかな。(おい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼の霍乱

久しぶりに鬼の霍乱、熱を出しておりました。
いい具合に、予約の入っていない日と(水曜日は忙しい日なのに祝日だったので)お休みの日に発熱。(都合のよい身体です。)

熱を出すとすっきりとするので、熱だけなら意外と歓迎なのだが、今回のは、自分が引き寄せた感が強い。

なんかね、何もしない日というのを作りたかったみたい。

おばあちゃんの世話もせず、掃除もお洗濯も仕事も自主トレも、何もかも。

じゃ、作ればいいじゃないか、と、思うのだが、いかんせん、貧乏性。
まだまだ、完全休業には言い訳が必要なようで・・。(修行が足りません。)

ということで、久しぶりに2日間、寝たきりとなっておりました。

でも、人間よく出来たもので、寝たきりを2日間も続けていると、しゃっきりとした生活へのエネルギーが沸いてくる。
まあ、充電のようなものなのでしょうね、寝たきり生活。

ということで、今日は予約の時間まで、掃除、洗濯、自分磨き(まさしく本当の意味で)です。

来週は、ちょっと忙しくてお休みがないからね。
充電完了ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)