« 疲れたー、けど。 | トップページ | 相手は鏡と言うけれど »

フランス語の学校に行って感じたこと。

えー、今日で5回目の授業が終了したわけなのだが、目に見えた進歩はない。笑。

ただ、先生の言うことが先週に比べると少しわかるようになった。(気がする。)

それと、他の生徒さんとも少し慣れて、今日は隣の髪がくるくるカールしている男の子に「ミズオ、カフェ飲む?」って、聞かれコーヒーを入れてもらったよー。(フランス語の発音にHはないから、先生もミズオって呼ぶ。笑。)

人種のるつぼって言うと、ニューヨークが浮かぶけど、実はヨーロッパも移民がとても多い。
昔の植民地の影響もあるし、地理的な理由もあると思うけど。

今週は学校の別のクラスの先生がおやすみのようで、他の生徒さんと合同で授業を受けているんだけど、言葉の訛りや顔つき服装を見ても、本当にいろんな国の人がいる。年齢も様々。おじちゃん風もいれば、若い男の人、もう、おばあさんと言ってもいいぐらいの人もいるし、私の様な中年のおばさんもいる。

クラスに出ていると、歳を理由に勉強できないよ~、なんて言えない。

昨日も隣に座っていたロシアから来たらしいアジア系の60歳ぐらいと思しきおばさんは、フランス語で一生懸命私に「どこの国の人?」「結婚しているの?」「旦那さんはベルギー人?「旦那さんとは何語で話すの?」とか、聞いてくれたんだけど、つたない私のフランス語があまり分からなかったみたい。(あーでも、リュスっていうフランス語を覚えていてよかった。ロシアのことです。)

すると、そのまたとなりのアリっていう黒人の男の人が私のフランス語をまっとうなフランス語に通訳して(?)その人に答えてくれた。笑。

みんなどんな理由でベルギーに来たんだろう。それも、小さな町モンスに。フランス語がもう少し上手にできるようになったら聞いてみたい気もするけど、クラスの中には、コソボとか旧ユーゴスラビア出身の人も何人かいて事情を聞いたらいけないような気もする。

私は日本に帰ることも簡単だし、自分の自由意思で帰ることができる。でも中には、帰ることができない、または、帰えることを望んでいない人もいるんだろうなって思う。

日本にいると平和で安心だけど、世界には色々な問題を抱えた国も多い。

英語を勉強し始めた時セルビアの人と友達になったけど、色々なことをメールでやり取りするうちに、今まで映画の中の出来事やニュースで見るテレビの中の世界だったこと、他人事だったことが同じ時間を生きている人の世界に起こっていることなんだと、感じられるようになった。(あー、うまく言えない自分が歯がゆい。)

まー難しいことを書きたいわけじゃないんだけどね。

私は結婚も最近したし、子供もいないから自分の歳をあまり考えずに済んだし、今までも勉強することが仕事の一部だったから勉強をすることに慣れているといえば慣れているんだけど(勉強することと結果を出すことは別の問題だけどね。)、勉強するたびに思うのは、新しいことを学ぶということは、自分の知らない世界を知るための扉を開ける、っていうことなんだと思う。

学ぶことで見えてくる、今まで自分が知らなかった世界や、知り合えなかっただろう人たち。勉強そのもので得るものよりもそういったことのほうが自分の人生に影響するんだろうなあ、きっと。

そして、お金に換算できないものを得られるんだろうなあ。(と言う割には無料のフランス語学校に行っている自分が言ってみる。笑。)

ま、これから授業が難しくなってくるとそんなことも言ってられないと思うけど、取り合えず今のところ学校がちょっと楽しくなってきた。

あー、よかった!



|

« 疲れたー、けど。 | トップページ | 相手は鏡と言うけれど »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

Mizuちゃんは 人が好きなんだよね。結局。それにつきる感じ(笑)

おみず。と呼ばれなくて良かったねぇ(。_・☆\ バキバキ

投稿: ぱにあ | 2014年1月29日 (水) 10時26分

そうなのか!笑。人にはよくお節介だと言われるけど。

おみず。か、それも困るな。花道歩かなきゃ、になっちゃう。

すごーく言いにくいみたいだから、こっちではzuzuと呼んでもらっているけど、それを他の生徒さんに伝えるフランス語力が無い・・・。

投稿: mizu | 2014年1月29日 (水) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/59028763

この記事へのトラックバック一覧です: フランス語の学校に行って感じたこと。:

« 疲れたー、けど。 | トップページ | 相手は鏡と言うけれど »