« 実は | トップページ | 嵐の結婚式 »

すーーーーごく、お久しぶりです!

先回書いたとおり、3月末から、結婚やら結婚式の準備でいっそがしく、ブログはすっかり放置プレイ。もし時々覗いてくれた人がいたならごめんなさいね。

何回かこのブログでも愚痴っているように、国際結婚は楽じゃない。ステフも日本に着いたばかりなのに、結婚式の打ち合わせ、その後ベルギー大使館まで「婚姻要件具備証明書」という、その書類をもらうにも何通書類を出したか!というのを受け取りに東京まで行きそして、とんぼ返り。

その後は、ステフの出生証明書を二人で日本語に訳したりしたんだけど、これまた、たいへん!フランス語を日本語に訳すのはまあ、それなりにできたのだけど、人の名前、地名はフランス語とオランダ語なので、カタカナにするのに一苦労。ステフに発音してもらって、二人で勝手にカタカナにしたわさ。で、取り合えず、翻訳無事に終了。

で、冗談好きな二人なので、婚姻届は4月1日に出そう、ということになったのはよかったが、婚姻届の書き方がまたわからない。だってね、ステフもステフのお父さんもお母さんも、正式な名前が長い!から。区役所に電話して、「全部書くと、すごーーーく、ちっちゃい字になるんですけど、大丈夫ですか?」なんて、それだけ聞いたら、アホかいな?なことを聞いたりした。

その他にもわからないことがあったので、何度か電話したんだけど、その度に言われることがびみょーに違う。(出生証明書にアポスティーユがいるとか、無理ならいいとか。)*アポスティーユ・・・アポスティーユ

ま、でもこれだけ聞いたんだから、もう大丈夫!と思って二人で区役所まで出かけて提出したのはよかったが、受理されるまでに1時間半かかった・・・

出生証明書の日本語訳から始まって、これはなんだ、あれはなんだ、って、細かいの。

極めつけは、「アポスティーユも日本語に訳してください。」だって。

おら、おばちゃん、なめとんのか!っていってやりたかったわ。

昨日まで電話に出る人でる人、普通にアポスティーユがなんチャラかんチャラ、っていうてたやんか!怒!
アポスティーユを日本語にできるかい!
おばちゃん、コーヒー日本語にできるか?あー?

なので「アポスティーユを日本語にするなんて、コーヒーを日本語にするみたいなもんですよ。」って、控えめに言ってやった。
そしたら「確認します。」だって。

それに、ベルギーの役所の所長さんのゴム印まで、日本語に訳せと言われたな。はぁ~。

その後「ちょっと待っててくださいね。」と言われ、待つこと40分。やっと呼び出されて、「一応受理します。もし不明な点があれば、電話します。」だって。(で、ほんとに電話かかってきたよ、次の日。)

結婚するのは初めてだけど、婚姻届って、出す時に役所の人もにこやかに「おめでとうございます!!!」みたいな感じかと思ってた。
日本人同士だとそうなのかしらん?

まあ、国際結婚が増えたと言ってもやっぱり少ないだろうし、役所の人も本当はよーわからんだろうけど、マニュアルなんか作って、担当が変わってもおんなじこと言って欲しいわ~。

どっと疲れた婚姻届提出だったけど、取り合えず結婚できました。まだ、日本でだけだけど。笑。

|

« 実は | トップページ | 嵐の結婚式 »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/57271848

この記事へのトラックバック一覧です: すーーーーごく、お久しぶりです!:

« 実は | トップページ | 嵐の結婚式 »