« あっという間に | トップページ | スカイプを使って講座 »

タイトルどおり

セラピストの独り言なので、このブログは自分にとっての覚書のようなもの。だから一人で納得。

(そういえば、ステフがまだ日本語がうまく話せないとき、メモのことを「覚書」と言っていて、「日本でもメモは通じるからね。」と言ったら、うなだれてた、せっかく覚えたのにって。)

だから時々読み返してみるのだが、いつも、「まーこれだけ、おんなじようなことをよく書くわ~。」と、思う。

まあ、覚書と言っても、心に浮かんだこと、感じたことなどを自分に言い聞かせるために書いている様なものなので、何度も同じようなことを書くということは、それほど成長してない証拠なんだろうね。

三歩進んで二歩下がる、ぐらいかな?

もうすぐ50に手が届くと言うのにこれでいいのか?と思うこともあるけれど、そこが大きな間違いで、何歳だろうが、初めての経験はあるし、まだまだ世の中知らないことだらけ。
もう、この歳なんだから、何でも知っていると思う方がおこがましいのだ。

いつも「人生何が起こるかわからない。」いいことも悪いことも含めて。と思っているせいか、私の人生には驚きがいっぱいだけど、それは大きなことばかりではなくて、小さなことも含めて、驚きがいっぱい。

引き寄せの法則(なんだか懐かしい響きがするのは私だけ?笑)じゃないけれど、「人生こんなもの」、と思っている時は、何も起こらず、「何が起こるかわからない」、と思っていると、本当にびっくりすることが起こるのかもしれないね。

それでも、毎日同じな日はないわけで、明日のことも誰もわからない。

だから、小さなことに気がつくか、小さなことから始めてみる、ということが必要なのかもしれない。

人生の主役は自分しかいないんだから、その物語を作るのも自分なんだよね。




|

« あっという間に | トップページ | スカイプを使って講座 »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/56957232

この記事へのトラックバック一覧です: タイトルどおり:

« あっという間に | トップページ | スカイプを使って講座 »