« お陰様で | トップページ | リフレクソロジスト養成講座スカイプモニターコース »

文化の違い

新しい生活に慣れたとはいえ、都会の夜は熱い、週末は、にぎやか過ぎ。ということで、睡眠がよく中断される。日本にいながら、時差ぼけ気分の今日この頃。で、またブログの更新遅れがち・・・と言い訳してみる。笑。

この歳になって(歳は関係あるのか?)まさか外国人と付き合うとは思ってもみなかったが、付き合ってみると、結局は人間同士なんだな~、と、思う。(というか、そう思ったから付き合っているのだけど。)

そりゃー時々は、いわゆる文化の違いを感じることもあるけれど、日本人だっていろんな人がいる。その国の人をステレオタイプで表現すると「何人はこうで、ああで・・・」とかなるのだろうけど。

ただ、やっぱり違うな、と思うことは、日本人に比べれば自分の気持ちや感情をすぐに表現すること。(ま、これも全ての人がそうかと言われたら違う人もいると思うけどね。)

ま、世間でよく言われるように、綺麗だとか、素敵とか、あまり日本人の男の人が口に出して言わないことも言ってくれる。これなんかは言われた方も悪い気はしないし、よく友達からも羨ましがられる。だけど、注意しなくてはいけないのは、こちらも同じように求められること。(日本語で言うと、こっぱずかしいけど、最初は、日本語があまり分からなかったので英語で言っていたから助かったじぇー。笑。)

確かに褒めてもらうのは(あちらの人は本当によく人を褒めるような気がする。)嬉しいが、悪い感情もすぐさまストレートに表現するから最初は本当にびっくりしたなあ。でも、慣れれば、「何考えているかわかんなーい。」状態がないので、相手のことを理解するのに、とても楽ちん。

わたしの数少ない(?)経験から言えば、男の人って感情や思いを隠しがち。いきなり、不機嫌になって、口きかない、なんてことも多いからこちら側としてはとても困る。それにこちらが何か感じて「どうしたの?」と聞いても、「別に・・・」なんて、返事もしばしば。

それに比べれば、感情を出し過ぎると言われる私にとっては、何かあったらすぐに言ってくれる方がありがたい。それが、怒りであったとしてもね。ステフの場合は、怒っていて感情的になっている時もどうして怒っているか、何が気に入らないとか、必ず言う、で、次の日冷静になったとき、また、そのことについてきちんと話し合おうとする。だから、私の気持ちも聞きたがる。
だから、ケンカをする度に相手のことがよくわかるようになるから、ケンカが収まってみれば、めでたし、めでたしと、なる。

あー、ただ、そうなると英語だからものすごく草臥れるんだけど・・・。英語力相変わらずだから・・・。

この間もステフがメッセージで自分の気持ちを素直に書いてくれたんだけど、さっと読んだ私は(さっと読んで英語が理解できる能力がないにもかかわらず。爆。)内容を思いっきり勘違いした。で、じぇんじぇん的はずれなことをスカイプで言って、自分の中ではその話は終わった、と思ったら、英文の意味が違うことに後で気がついた。
で、今度はメッセージで自分の気持ちを伝えたのだけど、その後また、ふとした時に、またもや、その英文の意味を勘違いしていることに気がついた。(ま、勘違いしながらもそこは何でも話すから、それなりにそのメッセージのことは解決していたんだけどね。)

その時は、私馬鹿よね~、お馬鹿さんよね~、なんて、自分の英語力のなさを嘆いたんだけど、後で思ったが、日本語でもこういうことってよくあるじゃないかって。日本語は、英語に比べると説明的ではない。だから、かなりの単語を省略して話したり、しゃべったりする。そこには、それこそ「推して知るべし」の日本の文化的背景があると思うのだが、これって、誤解のもとだよね。ある意味。
ちょっと、日本語が話せるようになったからって、時々勝手に言葉を省略して意味不明の日本語話すベルギー人もいるよー。笑。

|

« お陰様で | トップページ | リフレクソロジスト養成講座スカイプモニターコース »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/55162343

この記事へのトラックバック一覧です: 文化の違い:

« お陰様で | トップページ | リフレクソロジスト養成講座スカイプモニターコース »