« 時々 | トップページ | リフレクソロジー週1コース »

関係から学ぶもの

親兄弟、パートナーとは関係が深いため、その関わりの中から色々と学ぶことが多いというけれど、ほんとだな、と思う。

私の場合今までは、まあ、独身ということもあってか、親からかなりのことを学ばせてもらった、つもり。笑。
だってね、こういうことだったんだなあ~って思っても、誰かが 「ピンポーン!正解!」って、言ってくれるわけじゃないからさ。だから、私の場合、どう考えれば、どう思えば、自分の心が楽チンになるのかが、ポイントなんだけどね。それと、起こったことや何かを心がすんなりと受け入れられるようになるか、どうか。

例えば、以前は、母と買い物に行って何かを買ってもらうと、自分が自立していないようで何か後ろめたかった、こんな歳をして親に買ってもらうのか?と。でも、今は、「はいよ、ありがとう。ラッキー。」ぐらいにしか思わない。だって、親子だもん。それでいいじゃん!って。親の愛情を素直に受け取ればいいだけだから。

ベルギーに移住すると決めた時も似たようなことなんだけど、ああ、私ってよっぽど自立にこだわっているのか、人を信用できないのか?な、と思った。

ご存知のように(?)貯金はなし(自慢か?)で、英語ペラペラじゃありません、フランス語?ま、あいさつ程度。ブリュッセル弁(というのがあるらしい、オランダ語にとっても似ているフラマン語とフランス語のミックスみたいなものらしい。)わけわかりません。なので、あっちに行ってから、じゃ、仕事しよ!っていうわけにはいかない。だから、どうしても経済的にステフに頼らざるを得ない。

でも、それを考えた時、急に怖くなってしまった。そいでもって、どういうわけか、とっても人のいいステフが鬼のように思えてきた。(いや本人は何も変わってないし、そのことも含めて大丈夫だよと言ってくれているのだけど、私の頭の中だけね。)なんか、今度はケンカでもしたら、道端に放り出されるんじゃないか?とか、何でもステフのいいなりにならないといけないじゃないか?とか。

ひぃー、今まで結婚できなかった理由の一つでもあるんじゃないか?それ?って思ったよ。(いや、それだじゃないと思うけど・・・)

働いていない私は、価値がない。(と言っても、専業主婦の人を軽んじているわけじゃありませんよ。あくまでも自分の場合だけ。)って、思い込んでるんだろうな、私。そして、そんな自分は、意見を持っちゃだめなんじゃないかってね。

仕事をする=自立ではないのにね。

ふだん、専業主婦してみたいとか、家賃払ってくれる旦那が欲しいとか、そんなことばっかり言っているくせに、いざとなったら足がすくんでしまった・・・

ま、今はその自分の気持ちに気がついたおかげで、ステフの顔も普通の顔に戻ったけど、いやー、この歳になっても知らない自分がわんさかいるのね~。びっくらこいたわ。

|

« 時々 | トップページ | リフレクソロジー週1コース »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/53945558

この記事へのトラックバック一覧です: 関係から学ぶもの:

« 時々 | トップページ | リフレクソロジー週1コース »