« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

明日から

しばらくベルギーに出かけてきます。メールはチェックできるので、御用の方は、anahata@nifty.comまで、ご連絡くださいね。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

今回は、2週間ほど行ってくるだけなのに、おばあちゃんが、心配して「本当に帰ってくるんだろうね?」と、2回も聞くので、「仕事があるから、もちろん帰ってくるからね。」と、何度か言って安心させた。

まだ、いつとは決まっていないし、早くても来年の夏ぐらい(だと思う)にしか行かないと思うのだが、最近私の中では、引っ越すということが少しずつ現実味を帯びてきて、今まで考えてもみなかったことが、頭の中をぐるぐるし出した。

あっちに行ってしまったら、おばあちゃんに何かあっても、母に何かあっても、すぐには帰ってこられないよなあ、とか・・・

で、ちょっとセンチメンタルになってしまったり・・・

覚悟して行けよ、って、思った。一昔前の洋行って感じ。

だから、今のうちにたくさん親孝行しておかなければ、とか、大事な人にたくさん恩返ししておかなきゃ、とか、ありがとう、をいつも忘れずにとかね。

今回は、気付かせてもらったことがたくさんある。自分が如何に人の目を気にしているかとか(ええ歳こいたおばちゃんが、外人と付き合って有頂天になって、お金もあらへんのに、しげしげ通っていきよるでー、みたいな。爆)、如何にたくさんの人から大事に思われているとか、自分にとって、如何に家族や友人が大事か、如何に自分は仕事のことが好きか、とかね。

今時、そう珍しくない海外旅行だけど、私にとっては、大きな意味のある出来事みたい。

まだまだ他にも意味があるのかもしれないけれど、取りあえずは、おばあちゃんを安心させるために、無事に帰ってきます。

ベルギーからも更新するかも?乞う、ご期待!(してないか・・・)

では、行ってきます~♪


| | コメント (4) | トラックバック (0)

手紙

おととしの夏あたりから、いらないものは何でも捨てよう!という気分になっていて、いきなり捨てたい病が始まる。今朝がそうで、主に紙などを入れている引き出しを開けていらないもを捨てると決意!で、結果、「はあ~、あなたはおバカさんですか~?どんだけ仕舞い込んでいたんだよ!」・・・であった。

年賀状なんかもあまりにも古いものは、ごめんなさい!と、処分して、映画のパンフレットや(高額なのもあるらしいが、私のところにはきっとない。笑)お芝居のもの、コンサート(20年ぐらい前のシンディ・ローパーが出てきた。)のもの、見ていて懐かしかったけど、ここは思い切って、だってね、あることすら忘れていたものだから、きっと必要ないものだからね。

ただ、手紙なんかは懐かしかったな。以前は返事をもらいたいばかりに手紙ばっかり書いていたし、今のようにメールがあるわけじゃないから、今に比べると手紙を書いてた。

で、友達の一人や二人にはやっぱり筆まめな友がいて、せっせと手紙を書いてくれた。

今回のヘルシンキ一泊事件(?)で、久しぶりに連絡を取った友達がそうで、こんなに書いてくれてたんだ~、と、思うほど沢山出てきた。中にはフィンランドからのハガキなんかもあったりして、懐かしく、当時のことも思い出した。だから、すでに、今回のヘルシンキのお泊りも意味があったんだろうね。きっと。

で、久しぶりにいろいろな人からの手紙を読んだのだけど、こんな私に相談してくれている友人やら、その当時の私に色々と親身になってアドバイスをしてくれている友人、特に用事もないのに、私のことを思い出したからと、季節のことを感じたまま書いた手紙、なんだか、たくさんの人にこれだけ色々と思われていたんだ、ということを改めて感じた。

ゴミを捨てようと思って、自分だけのお宝を発見した気分。

また、手紙か書こうかな?久しぶりに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リフレクソロジー週1コース

この間から考えていた新しいコース始めることにしました。

リフレクソロジー・ベーシック週一回コース

丸一日時間が取りにくい、という方のためのコース。取り合えず平日コースからスタートです。

ご希望の曜日がございましたご連絡くださいね。ご希望に添える場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関係から学ぶもの

親兄弟、パートナーとは関係が深いため、その関わりの中から色々と学ぶことが多いというけれど、ほんとだな、と思う。

私の場合今までは、まあ、独身ということもあってか、親からかなりのことを学ばせてもらった、つもり。笑。
だってね、こういうことだったんだなあ~って思っても、誰かが 「ピンポーン!正解!」って、言ってくれるわけじゃないからさ。だから、私の場合、どう考えれば、どう思えば、自分の心が楽チンになるのかが、ポイントなんだけどね。それと、起こったことや何かを心がすんなりと受け入れられるようになるか、どうか。

例えば、以前は、母と買い物に行って何かを買ってもらうと、自分が自立していないようで何か後ろめたかった、こんな歳をして親に買ってもらうのか?と。でも、今は、「はいよ、ありがとう。ラッキー。」ぐらいにしか思わない。だって、親子だもん。それでいいじゃん!って。親の愛情を素直に受け取ればいいだけだから。

ベルギーに移住すると決めた時も似たようなことなんだけど、ああ、私ってよっぽど自立にこだわっているのか、人を信用できないのか?な、と思った。

ご存知のように(?)貯金はなし(自慢か?)で、英語ペラペラじゃありません、フランス語?ま、あいさつ程度。ブリュッセル弁(というのがあるらしい、オランダ語にとっても似ているフラマン語とフランス語のミックスみたいなものらしい。)わけわかりません。なので、あっちに行ってから、じゃ、仕事しよ!っていうわけにはいかない。だから、どうしても経済的にステフに頼らざるを得ない。

でも、それを考えた時、急に怖くなってしまった。そいでもって、どういうわけか、とっても人のいいステフが鬼のように思えてきた。(いや本人は何も変わってないし、そのことも含めて大丈夫だよと言ってくれているのだけど、私の頭の中だけね。)なんか、今度はケンカでもしたら、道端に放り出されるんじゃないか?とか、何でもステフのいいなりにならないといけないじゃないか?とか。

ひぃー、今まで結婚できなかった理由の一つでもあるんじゃないか?それ?って思ったよ。(いや、それだじゃないと思うけど・・・)

働いていない私は、価値がない。(と言っても、専業主婦の人を軽んじているわけじゃありませんよ。あくまでも自分の場合だけ。)って、思い込んでるんだろうな、私。そして、そんな自分は、意見を持っちゃだめなんじゃないかってね。

仕事をする=自立ではないのにね。

ふだん、専業主婦してみたいとか、家賃払ってくれる旦那が欲しいとか、そんなことばっかり言っているくせに、いざとなったら足がすくんでしまった・・・

ま、今はその自分の気持ちに気がついたおかげで、ステフの顔も普通の顔に戻ったけど、いやー、この歳になっても知らない自分がわんさかいるのね~。びっくらこいたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時々

感謝の気持より、不安や不満が多くなる時がある。

不満は、明日につながる可能性(じゃ、こうしようとか)もあるが、不安は、実態のないものに対するもの。
まだ起こっていないことに対して感じるもの。

不安を感じて、明日がよくなるのであれば、不安にどっぷり浸かるのもいいけど、時々は自分が今まで生きてきたことを思い出して、不安なんて思いすごしだったと思うのもいいものだと思う。

不安を感じるぐらいなら、今のこの瞬間、惰眠をむさぼっていようが、あほみたいに酒飲んだり、食い過ぎたりしていようが、ニコニコしているなら、そのほうがいいな、と、思う。

不安は、明日も同じような一日が始まると信じている証拠だからね。

思いっきり前向きな気持ち、ある意味。

私も書きたいことが意味不明・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お休みのお知らせ

2月21日(火)~3月6日(火)まで、ベルギーに行ってきます。なので、その間は誠に勝手ながらお休みをいただきます。メールのチェックは、ベルギーからでも可能なので、その間にお問い合わせなどございましたら、お手数ですがメールにてお願いいたします。また、何かご質問などがありましたら、2月20日までは、お電話の対応も可能なので、電話でのお問い合わせご希望の方はお早目にお問い合わせくださいね。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

はあー、今回も2月にベルギーに行けるかどうかこの間までわからず、結局何とか行けることになったものの、相変わらずの格安チケット。なのに(前にも書いたけど)、アホなことに帰りにヘルシンキに一泊しなければならないフライトスケジュールで、何のために格安チケットを買ったのやら、という次第。

だけれども悪運が強いのか、泊まる日は日曜日。だから空港となりのヒルトンに通常より安い価格で予約ができた。よかったよ~。到着が夜の11時だからね。それに、今日のヘルシンキの気温-27℃って?なんですか~?それ?の世界。2週間後には、ヨーロッパの寒気が少しでも弱くなっていることを祈る!
ま、ベルギーの気温も-13℃位らしいから、ヘルシンキはそうれぐらいでもおかしくないか・・・。

でも、今回のヘルシンキ、最初は自分の間違いに気がついた時、血の気がさーーーーーーーっと引く音が聞こえたぐらい焦ったけど、どうせなら半日ぐらい観光するかと(氷点下20℃位でもか?)友達に聞いたり調べたりしていたのだけど、それほど心ひかれるところがなかった。でもあの『かもめ食堂』のモデルになったカフェが以外と評判良くて安くておいしいらしいので行ってこようと思った次の日、なんとNHKで、放送したのだ。その上、バレエの生徒さんがこの映画のファンらしくて、特典付きDVD(なんと3枚組!)を貸してくれた。もう行くしかないよね。かもめ食堂。(本当の名前は、カフェ・スオミ)

何かが私をヘルシンキで待っているのかしら?これはやっぱり行く運命だったんだわ!と、たかがかもめ食堂ぐらいで運命を感じてみた。笑。
まあ、それほど大した運命でもないかもしれないが、お陰で、ムーミンフリークの友達とは久しぶりに話したし、お金に変えられないものってやっぱりあるんだろうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベーシックの新しいコース

昨日から、新しいベーシックのコースを始めた。まだ、実験(?)段階なので、いい感じで進めば、次回5月ぐらいから開講しようと思う。

新しいコースは、平日の昼間10:00~15:00までの講座を週1で6週続けるというもの。一日4時間の講座だとまだ自分でもちょっと時間配分とかが読めないから今回はよく知っている方に協力してもらって始めてみたのだ。

遠方から参加される(なぜか我がスクールは県外からの参加者が多い。)方は、今の日程の方が都合がいいと思うけど、小さなお子さんを抱えている方や介護するご家族がいらっしゃる方なんかは、こちらの方が参加しやすいと思って。

今のように名古屋でリフレクソロジーを教えるのも長くて2年、そう思ったら、余計にリフレクソロジーに対する情熱が湧いてきた。その間に色々なことが起こって教えることを続けることができるようになるかもしれないけど、今のところは本当に後2年。自分の持っているものすべてを少しでも多くの人に伝えたいな、と思う。

だから、解剖生理学と病理だけの講座も開く予定。他でリフレクソロジーを学んだ方や、自分の身体に興味があって、知りたい!という人向けに開きたいな、と思ってる。

何かご意見、ご要望がありましたら遠慮なくご連絡くださいね。こんなのあればいいな~とか。こんなのやってほしいな~とか。出来る限り頑張りますからね。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »