« 光陰矢のごとし | トップページ | 亀?の歩み? »

タッチケアとしてのリフレクソロジー

タッチケアとしてのリフレクソロジー講座を初めて開いたのだが、なかなかいい感じ。
これは、人に触れる、ということを目的にしているので、リフレクソロジー本来の全反射区の刺激を与える、というものではないのだが、意外と効果的かも?と、思った。

このトリートメント方法は、リフレクソロジーというよりも、ゾーンセラピーをもとにしたと言ったほうがいいかもしれない手順なのだけれど、その理論通り、全ゾーンは、網羅している。だから、タッチケアとしてだけではなくて、セルフケアにもいいかもしれない。

本当に簡単にできるように手順を組んであるので、お友達どうしや、親子で参加、何ていうのがいいと思うな。

うーーーん、いい感じなので、これから毎月やろうかしらん?本当にいいのよね、反射区のチョイスが。(と自画自賛。笑。)
たくさんの人に本来のリフレクソロジーのよさを知ってもらうには、こういう手軽な講座も開いていかねば。

気軽に習える、という講座なので、理論なんかは本当に大事なことだけ教えるのだけど、「いやー、先生すごい知識力ですね。」と、褒められて、久しぶりに半分木に登っちゃいそうだったわ~。爆。この方が養成講座に来てくれてら、どんなに褒めてくれるのやら。(←アホ)

相変わらず小さいスクールだけど、心意気だけは大きく強く、これからも色々な方にリフレクソロジーのよさを知ってもらうために頑張らねば。

|

« 光陰矢のごとし | トップページ | 亀?の歩み? »

「リフレクソロジーについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/53751590

この記事へのトラックバック一覧です: タッチケアとしてのリフレクソロジー:

« 光陰矢のごとし | トップページ | 亀?の歩み? »