« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

Best wishes a happy new year.

あっという間に大晦日~。
年々時間が過ぎるのが早くなって、何か思い出す時も、去年だったのか、一昨年だったのか、よーわからんようになってしまった・・・。だってね、英語の勉強だって、始めて早2年!ほんとに?って言いたい。2年もたつのにペラペラどころか、覚えた端から忘れていく・・・始末。とほほのほ。

なぜだか、年末になると色々と考える。まあ、確かに今年一年を振り返ったりとか、来年はどんな年にしたいかとか、考えるからね。

去年もそうだったけど、今年一年は本当に色々とあった年で、自分でも驚いている。勝手な思い込みなんだろうけれど、歳を取ればそんなに人生に変化はないだろうと心のどこかで思っていたのに、まさか、ベルギーの人と付き合うことになり、フランス語の勉強まで始め、そして、遅くても2年後には、ベルギーに移り住む、という計画まで立ててしまった。
で、ちょっと前までは、そのことに対する不安がいっぱいで、いつもの自分じゃないみたいに弱気になっていた。

だけど、この間なぜだか突然母の言葉を思い出し、すっかりいつもの自分に戻ることができた。
「あなたはやるって決めたら、何が何でもやるからね。」って。
母にしてみれば、好き勝手に生きた父と似ている私に対して、皮肉のように言ったと思うのだが、短所と長所は紙一重、すっかり弱気になっていた私には、励みの言葉になった。

で、ついでに父の言葉も思い出した。「お前は意思が強いから。小鼻が張っているのはその証拠。」と、これまた、人の気にしている鼻の形を持ち出してくるもんだから、言われた時には、「勝手に言っておれ、このくそジジイ!」ぐらいにしか思っていなかったのだが、「そうか!じゃ私は大丈夫!」と、今の私には、またまた励みの言葉になったのだ。

去年も書いたけど、若い頃は、この父と母の間に生まれたのが嫌で、もっと穏やかな家庭に生まれたかった、と、何度も思った。だけど、今の私は幸せで、そして、この親だったからこそ、今の私がある、と、本当にそう思う。
ちょっとぐらい人と違う生き方をしても、ま、いいか、と開き直れるのも、この両親のお陰。
だから今は本当に感謝している。(といいながら、父が生きていたら、相変わらずケンカしているのだろうな、と思うけど。笑。)

今年一年も、色々な方にお世話になったり、迷惑をかけたりしてるうちに、あっという間に終わってしまったけれど、来年は、この歳になっても新しい世界はちゃんと待っていてくれているようなので、その新しい世界に向けて準備をしていきたいと思う。


いつもお世話になっている皆さま、感謝しています!今年一年、本当にありがとうございました!

よいお年をお迎えくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もりもりのクリスマス

今年のクリスマスは、盛り沢山。
まずは先週、ステフがクリスマス休暇で名古屋に来てくれた。
で、その日は仲のいい友達とウェルカムパーティー。(なぜだか、その時名古屋コーチンでローストチキン焼く羽目に。どんだけ高いの名古屋コーチン!)

クリスマスイブは、おばさんのマンションから名古屋港の花火が見えるので、友達とステフと三人でお邪魔して、その後、たこやきパーティー。それが終ってからは、時々行くスペイン料理屋さんで、2次会(?)。

そこでは何と、朝まで飲み、久しぶりに不良の仲間入り。笑。でも、12時を過ぎたらステフが、フランス式に(と言っても、彼はフランス人じゃないけれど) 「Joyeux Noel !」 (フランス語で、メリークリスマス)と、言って、ビズ。(あの、顔の両頬にチュ、チュッとするやつ)

そして昨日は、ステフの大好物のブランケット・ド・ヴォー(仔牛のクリーム煮)を作って、またまたクリスマスパーティー。友達がケーキも買ってきてくれて、誕生日じゃないけれどろうそくに灯をともして、新月だったから、みんなでお願いごとをして、火を吹き消した。

なんだか久しぶりにクリスマスらしい時間を過ごして、楽しかった!
自分の大事な人たちに囲まれて、美味しいものを食べて、おしゃべりしたり、笑ったり。

ついでに、雪も降ってきて、クリスマス気分も最高潮。

ステフいわく、さっき神様に電話しといたから、だって。爆。

私も後で、お礼の電話しとかなきゃ、素敵な時間をありがとうって。

好きな仕事を与えてもらって、大事な人に囲まれて過ごす時間も頂いて、本当に感謝しています。神様ありがとう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ありのまま~

よく自分の思いが現実を作るとか言うけれど(あ、最近同じ書き出しをした覚えが・・・)、この2,3日で感じたのは、大事なのは、今のありのままの自分をそのまま受け入れることなんだろうな、ということ。
ジャッジせずに、今はすべて私のために起こっていることなんだ、ということを、ほんまにかいな?と思いながらも、受け入れてみる。
それが一見、最悪のことに感じても。

おばちゃんの今までの経験からいえば、大抵の最悪なことは、それはどうしても必要な出来事だった、と後になってからわかる。一番大事なのは、そうなってしまったのは、自分のせいだとか、誰誰のせいだとか、決めつけずにいることなんじゃないかと思う。自分のせいだ、誰誰のせいだ、と思うのは、心が辛くなるからね。(と言いながら、いっつも最初は、それで苦しむが、笑。)

いいことにしろ、悪いことにしろ、起こる出来事は自分の本当の心を教えてくれるから。

それに、ハイヤーセルフ(うーーーーん、久しぶりだなこの言葉。)全て自分のするべきことがわかっているらしいから、自分が頑張らなくても、今の自分を、今の状況を肯定的に受け入れていれば、きっと、行くべきところに連れて行ってくれるはず。

自分を、そして、自分以上に本当の自分を知っている存在を信じようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のお気に入り

最近毎日引いているカード
深いですよ~。

青い鳥の本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I made up my mind.

最近なんだか落ち着かなかった。なぜなら、私の場合、いったん目標が定まると後先考えずにそれに向かってまっしぐらーーーーー、なタイプ。この仕事を始めた時も、スクールを開いた時も、ほとんど悩まずに、やりたーい、始めたーい、で、始めたのだ。笑。
なのに、最近はその目標を定めることができなかった。

いつもは、お気軽妄想族なので、こうしたら、こうなって、ああなってと、限りなく妄想出来るのだけれど、今回だけはいつもと勝手が違う、なんといっても、日本からは直行便が出ていないとおーい国に引っ越すかもしれないのだから。それに今回は、自分だけの問題ではなくて、相手がいる。私がこうしたい、ああしたいと思っても、勝手に色々とするわけにはいかない。今までは自分のことだけを考えていればよかったのだけどね。

でも仕事のことはやはり自分で決めること。これからどうするか?そればかり考えていた。引っ越すことも具体的に決まったわけじゃない。大体1年先ぐらいに、というだけ。だから、仕事のことを決めるにしても、どうしたらいいのかなんだかじぇんじぇんわからなかった。

それに1年先のことなんて誰にわかる?生きているか死んでいるかもわからないのに、なんて、考えてきて生きてきたから、どうもピンとこない。だから、どうしていいか自分でもわからず、目標を定めることができなかったのだ。
この1年の間に、私かステフの気が変わったらどうする?とか、実は悪徳外人でだまされているかもしれないとか(だます理由は何もないが、お金もないし。爆。)そんなことも頭をよぎるしね。

でも、今日ふと、自分で決めればいいのだ、と、急に思った。というか、自分が決めるのだと。1年ぐらいで、というのなら、1年後ぐらいには行けるようにしておけばいいのだ、自分は行きたいのだから、と。
で、やっと目標が定まり、決心することができた。

自分で言うのもなんだけれど、本当に私のスクールは、ピカ一だと思う。こんなにいいリフレクソロジースクールは、他にないと思う。補完療法としてのリフレクソロジーを学べる学校としては、本当にいい学校だと思う。だから、ベルギー行っても続けたいと思ったけど、今のところやはり難しいと思う。もしかしたら何かうまくいく方法があるかもしれないけど、今のところは潔くベルギーに行ったらこちらのスクールはやめようと思う。(妄想では、ベルギーで教えているはず。笑。)でもね、本当にすごく勇気がいったのよ、この決断。

で、結局、養成講座は1年かかるから、来年の4月を最後に募集を止めることにした。ベーシックは相変わらず毎月募集するけれどね、2ヶ月で、終わるから。

もし、養成講座を検討している方がいるなら、ぜひ4月コースまでに参加してくださいね。(日本で一番いい学校だと思うよ!本当に!←ちょっと、言いすぎ?)

リフレクソロジー養成講座

あと、前からやりたかった講座「タッチケアとしてのリフレクソロジー」を1月に開講します。
これは、リフレクソロジーというよりも相手に触れる、ということを目的にしていて、両足で15~20分ぐらいの施術になります。だから、家族間や、お友達の間のスキンシップや、ボランティアとして活用したい方には、本当に手軽に学んでいただける講座です。
二人一組での参加になりますが、モニター価格となっていますから、気軽に参加してくださいね。

タッチケアとしてのリフレクソロジー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思い込み

最近自分の思い込みとか、本当の気持ちとか、ふだん自分が思ってもみなかったような感情やら、なんやらがひょこひょこ出てきて、びっくりしている。
特に笑えたのは、私には思い込みなんて、もうない!って思いこみ。爆。

私の仕事の場合、普通ではないので、土日に働いたり、夜の仕事が続いたり。特に講座は朝から晩まで話しっぱなしだし、本当にエネルギーを使うから、週休4日ぐらいがちょうどいいのよ~、なんて、思っていた。(とはいっても本当は、週休1日なんだけど。笑。)
だけど、最近自分のことを思い返すと、やっぱり「私って、他の人に比べたら、仕事してなさすぎ~。」なんて思っていたのよね。皆は、毎日働いているのに、私は、夜ちょこちょっこっと仕事してお昼まはボーっとしている、とか。

だから、誰かに「いや、大変な仕事だし、よく働いていますよ。」なんて言われると実はホッとしていた。そういう風に言われてホッとするということは、毎日朝から晩まで働いていない自分に対して実は後ろめたさがあるということなんだよね。(だから人に認めてもらえると安心。)

思いっきり後ろめたさを感じていたり、不安がばーーーーんと、目の前にあれば、嫌でも気がつくのだろうけど、毎日、変にだいじょうーーーぶ!なんて、言い聞かせていたから、気がつかなかった。
で、よくよく考えてみれば、何かにつけ、自分に言い訳していたんだよね、「だって、夜遅く帰ってくるし」とか、「教えるって意外と大変なのよ~。」とか、「いや、毎日おばあちゃんのところにも行くしさ~。」とか。
誰に言うわけでもなく、自分に対してね。(というか誰も気にしていないと思うんだけど。)

で、何が「あちゃー」と思ったことかというと、人と比べている自分がいるということ。人はこうなのに、自分はこうだ、って、それに、たくさん働くかなきゃ、っていう思い込み。

ここのところ久しぶりにのんびりすることが多いから、そういう思い込みのせいで、久しぶりに不安になった、だけど、そのお陰で、まだまだ自分の中にある不安や思い込みに気がつくことができた。やっぱり、追われる生活ばかりじゃ駄目だね。
それと、逆に、今までそうとう忙しく、つかれていたことにも気がついた。実は夏ぐらいから肩と首と肘の痛みがとれなかったのだが(リフレクソロジー受けようがなにしようが)、今は何ともない。ステフに「how about your neckpain?」と聞かれて、「はあ?なんじゃ?」と思ったぐらい。
それにバレエのレッスンも3時間は実は老体に(?)そうとうこたえていたようで、今月から2時間になってから帰ってきてからとっても楽~。今までは月曜の夜はぐったりだったからね。
別に年齢に忠実に生きるつもりはないけれど、身体の変化にはちゃんと気がついてあげないとだめだわ。もう30代じゃないのよね、私。

やっぱり、心の深いところにまだ、「私はたくさん働かなければ、価値がない。」っていう思い込みがあるんだよね。自分自身への評価の低さ。そして、人からどう思われているか?ってこと。気にしていないようで気にしている。でも、それに気がついたことは大きな前進だ!気がつかなきゃいけないことは、繰り返し繰り返し、自分の前に現れるというけれど、本当だね。自分に思い込みはないという思い込みは、この際捨てよう!

他にもいろいろ出てきたけど、それはまた今度~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日書いたものを読み返してみて

なんだか意味不明だ~。
でも、今日思ったのは、私って単純にの~んびりするのが好きなだけかもしれない・・・爆
ま、一番大事なことは、仕事だろうが、私生活だろうが、今自分が一番幸せ~と感じることを思うこと、することなんだろうね。同じ時間過ごすなら、そのほうがいい、悩んで解決することなら悩めばいいが、そんなことはほとんどない。幸せは幸せを呼ぶから、幸せなことを感じよう。人生はあっという間だから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

潜在意識

潜在意識はその名の通り、潜在しているので(当たり前だけど)自分には意識できない意識。
で、その潜在意識が自分の現実を創るとよく言われる。
だから、もし自分の思い通りに行かないことがあれば、実はそれは潜在意識の中にそうさせる何かがあるということになる。

潜在意識を思い込みという言葉に言いかえれば、その現実は自分の思い込みが反映されているということになる。だから、起こった現実を見てみれば自分の思い込みや、潜在意識がわかるということになる。(はず・・・)

で、それが本当かどうかは確かめようはないのだけど、もしそうであれば、今起こっている現実を良く眺めれば自分の本当の思いが見えてくるということ。

何て事をつらつら考えながら、朝洗濯をしていた。で、その時思ったんだけど、じゃ、時々自分の本当の気持ちがわからなければ、どんな出来事が起こるか眺めてみればいいんじゃないかな。
最近の私は、バリバリ仕事しなければ、と思っているにもかかわらず、思いに反してのんびりさせてもらっている。だから、身体や心を休める必要がある時期なんだ、と勝手に都合に良いように解釈している。でも、本当のことを言うと最初は、遊んでばっかりいたから、罰があたったんじゃないかとか、いろいろとネガティブ思考になったけど、よく考えてみれば、前にも身体の半分にアトピーが出た時、忙しい日々が続いて「忙しい私って最高!」なんて、アホなことを言っていた矢先だった。

表面にある思いは、世間からの刷り込みや、世間体等が作っている場合が多いと思う。
人は働いてなんぼ、とか、忙しいことはいいことだ、とか、入ってきた仕事は、断るな、とか、仕事より、遊びを優先させるなんて、どういうこと!とか、いろいろ。

でも実は、意外と潜在意識の方が自分のことを大事に思っていて、いやーそろそろ休まないと、また、身体おかしくなっちゃうよ、とか、これから、また忙しくなるから、今のうちに体調整えておきなよーとか言っている、気がする。

なーんか最初と話がずいぶんずれた気がするけど、起こることはすべて、やっぱり自分のために起こることなんだろうな、と思った朝だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に、いざ自分のことになると・・・

実は、2週間ほど前から、ちょっとお昼寝~、と、横になると、目が覚めるのはその4時間後、という日が続いた。まあ、眠れないよりは眠れた方がいいのだが、なじぇに、そんなに眠れるの?と、自分でも不思議だった。
で、先週久しぶりに足モデルになり、次の日以前の受講生さんのロミロミのモデルになった。
まあ、そしたら次の日、またまたちょっとお昼寝~、なんて横になり目を覚ますと、4時間半後。お腹が空いていたので、少し食べたらまた眠い。どうやらお昼ご飯を食べずに寝たのでお腹が空いて目が覚めたみたい。(子供かい!)
その後また眠くなり、明日は講座だから、体力温存、なんて思いながら横になって目を覚ますと、なんと!夜の10時過ぎ!ひぃーーーー、と思いながらも、まだ眠い。で、またまた今度もお腹だけは空いているので(笑)、少し食べ、で、朝までまた寝た。爆

なんかね、この間から、落ち込んでいるだの、やる気がないだの、寂しいだの、いろいろと書いているが、本当の理由は、ただ単に疲れていただけみたい。その証拠に、次の日から心と身体が軽い、軽い。
毎度おなじみの根拠のないチョーポジティブ思考はカムバックし、急に花が植えたくなってビオラを植えた。

まあ、思い返せば、春ぐらいから公私ともに忙しかった。9月にはそれがピークに達し、講座も同じ日に10時間ぐらい続けてやったり、夜遅い仕事が3日も4日も続いたり。10月は、遊んでばかりいたようだけど、日帰り旅行の後に夜の仕事を10時過ぎまでしたりしてたしなあ~。

ほりゃ、疲れてるはずだわ。

人のことはよくわかるが、本当に自分のことは、心、身体ともにちゃんと見てあげないとわからない。心の声には耳を傾けるようにしていたけど、今度からは身体の声にもちゃんと耳を傾けなきゃね。大事な大事な自分の身体からね。

さあー、今日も講座だ、頑張るぞ!おう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »