« 仕事モード | トップページ | 「女性の身体」講座のお知らせ »

オー・マイ・ガーット

Oh! My God!
やっちまったというか、やっぱり、なのだけど、太りましたー!
旅行すると、太る人は多いかと思うけど、私の場合、旅行に加えて、外国人にこれを食べさせてあげたい、なんて、思って同じように食べていたら、お腹がえらいことになっちゃった。昨日の講座中も今までなかったところにお肉があるものだから、お腹のあたりで手を動かす時に、突然障害物に突き当たる感じ・・・。あ~あ。

特に最後の1週間はラストスパートの様に、日本の料理と言えばこれでしょう?というメニューばかり。
先週の金曜を皮切りに、しゃぶしゃぶ、うなぎ、手巻きずし、(途中、ちょっとフレンチのお昼御飯)、飲んだ後の〆のラーメン(マイナーだけど、これも日本的、でしょ?)、味噌煮込みに、味噌おでん、最後は、なんと、名古屋コーチンと牛肉のスキヤキ!これだけ続けて食べたら、太るわな・・・。無理もねえ・・・。

なのに、痩せていくベルギー人って、なじぇ?とんかつを毎日食べ続けたアメリカ人が1年で15キロぐらい痩せて国に帰ったという話は聞いたことがあったけど、ほんとの話なんだね~。ステフいわく、日本のご飯は野菜が豊富で、少しずつ食べるから、それがまたいいらしい。

はー、いろいろなことろに出かけ、色々なものを食べて、仕事はかなりセーブした1カ月、今までの私なら、こんなことをしていたら、これから仕事がなくなっちゃうかも?なんて、心配しただろうなあ、と思うのだけど、今回は、大丈夫だった。自分の大事な人との時間を楽しめるからこそ、自分の仕事も頑張れる。

前にも書いたと思うけど、今までの私は、仕事に集中していなければ仕事がうまくいかないと思い込んでいた。まあ、確かにその時は集中するべき時だったのだろうけど、でも、その思い込みの方が強かった。全てを仕事のために費やさなければ、うまくいかない、って。確かにその時はそれが喜びでもあったのだけどね。

でも、この歳になって初めて、家庭を持っている男の人が「家族のために仕事を頑張ろうと思う。」とか、「家族がいるからこそ、仕事への意欲もわいてくる。」と言う気持ちがわかったような気がする。

恥ずかしい話だけど、今までの私だと、恋をすると地に足がつかなくなる状態となることが多かったし、それが恋と言うものさ、なんて、思っていたから。

英語には、日本語のように、恋と愛を区別する言葉がない。I like you. と、I love you. の違いはあっても。(私の知っている範囲ではね。)
でも、どうして日本語には恋と愛があるのか?最近それがよーくわかった気がするよ、40半ば過ぎて、遅まきながら。


今回のタイトルは、ステフがバカ受けした志村けんのコントから。
志村けんの英語クラス
英語の日本的発音にバカ受け。これを見てからは、しばらくは、笑い転げていた。で、誰が付けたかは知らないけれど、なんとフランス語の字幕入り。

|

« 仕事モード | トップページ | 「女性の身体」講座のお知らせ »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした、でもとっても充実した一ヶ月だったんじゃないかなと私は思います。 幸せな人を見ているのもいいもんですね。 感謝です。

投稿: コッチ | 2011年10月30日 (日) 18時09分

あらあら・・・heart02happy01

お疲れさまでした(笑)。
満腹だったのですね。。。
だから体重増えちゃった。ざま~み~ろ(笑)。

投稿: 島村崇子 | 2011年10月31日 (月) 09時33分

コッチさん、ありがとうございます。お陰様で、よい1ヶ月を過ごせました。幸せそうですか?嬉しいな♪

投稿: mizu | 2011年10月31日 (月) 09時56分

ひーーー、本当に太ったんですよ!今週末で少し落としましたけど。ステフから見たら大したことないらしく、「ちょっとふとったけど、だいじょ~ぶ!」ニコ!っとされて、いい気になっちゃった。

投稿: mizu | 2011年10月31日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/53116686

この記事へのトラックバック一覧です: オー・マイ・ガーット:

« 仕事モード | トップページ | 「女性の身体」講座のお知らせ »