« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

いつも前向き?

フランス語の勉強は一向に進んでおらず、未だに、お腹が空いたとか、眠くて倒れそうとか、ちょっと覚えた言葉を馬鹿の一つ覚えみたいに、言っているだけ・・・。

でも、面白いことに、フランス語がじぇんじぇんわからないお陰で、自分の英語が素晴らしくできるような気がする。
(はい、気がするだけね。)

以前講座の生徒さんが、英語がうまくならない~、と、愚痴る私に「違う言葉を勉強すると、いいかもしれませんよ~。そうすると、英語の方が簡単じゃない!なんて、思えるかも?」と言っていたけど、そのとおり。

英語を一所懸命(?)勉強していた時は、日本語を見るとホッとしたけど、今は英語を見るとホッとする。(もちろん、日本語が一番なんだけど。)ありゃー結構スラスラ読めるじゃん!私って。(笑)
だから、なんだか、フランス語の勉強が変な風に作用して、英語の自信につながった。(あ~、自信とまではいかないか・・・)

明日、ステフが日本にやってくるので、フランス語の勉強をしなくちゃいけない状況になるから、少しぐらいは上達するかも?とは、思っているけど、これまた面白いことに、ステフの英語もかなりいい加減なので、昨日は英語も二人で勉強しようね、と約束した。(英語のネイティヴの人が聞いたら、きっと二人ともとんでもない英語を話しているんだろうね。でも、お互いそれなりに通じているからいいんだけど、さ。)

私よりも今回日本語をたくさん話さなくちゃいけないことになってしまった(私の家族やら友達やらに会うので。)ステフの方が今は大変なんだろうけど、フランス語に飢えたら、フランス人のギャルソンのいるビストロに連れて行ってあげよう。香港の英語漬け1週間は私にとってはきつかったからね。独り言だけが日本語って。ましてや、1カ月だもん。

と、なんだかんだいってフランス語は結局片言以前の問題なんだけど、前はバイリンガルの人が羨ましかったけど、片言トライリンガルなら、目指せるかも?と、また、一人ほくそ笑んでいる私なのだ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラネタリウム

名古屋に百万人の避難勧告が出ていたにもかかわらず(と言っても避難した人はそれほど多くなく、役所が「一応警告したからね、何かあっても自己責任で。」なんて、ことを後から言いたいだけかも?という避難勧告だったけど。)この機会を逃さぬ~という勢いで、名古屋市科学館プラネタリウムに行ってきた。

以前の台風のときにプラネタリウム見ることができました、というお客様の言葉を思い出し、ご飯を食べてからカッパ来て自転車でGO!いつもなら、平日でも科学館をぐるりと1周するほど並んでいる人もその日は、建物の中だけ。
11時10分からのチケットを買うとすぐに家に戻り、タクシーを呼んでおばあちゃんと二人で科学館へ。で、ちゃんと帰りのタクシーも予約しておいた。
(実はおばちゃんが行きたがってたんだよ。)

まあ、大きいのなんのって、広い!それに椅子がいい。隣の人と離れているし、リクライニングするだけじゃなくて、左右にも動く。

で、始まった後は、本当にお星様がきれい。そして限りなく本物に近い。何と言っても星が瞬くのだから。
寝ている時に連れてこられて、目を覚ましたら、本当の星空の下に連れてこられたと勘違いするに違いないと思うほど。

20年ぐらい前の学芸員の方で、とても心地いい声の方がいた。結構その世界では有名な人だったらしいのだが、もうすでに亡くなったよう。この人の声で聞きたかったな~、とちょっとだけ思った。
でも、いつも心地よ過ぎて寝ちゃってたんだけどね~上映中。笑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

言葉の壁

最近ブログの更新をあまりしていませんね~。と、他人事。笑。
ここのところお陰様で仕事も忙しく、以前の様にボーっとする時間が減ってます。ブログに書くことはそういうときに思い浮かぶので、ブログネタが最近少ない、ということもあるのですが。

この間、ステフとちょっと言い合いになった。ある意味ケンカだが、お互いの意見を激しく交換するという意味では、ケンカというよりも、議論と言うのかな?で、いつものように最初のうちはなんとか会話できるのだけど、だんだん相手は早口になっていく・・・
それに英語って代名詞が多用されるので、「それ」と言われても、どの「それ」かがわからなくなる。そうなると最悪で、何のことを言っているかはなんとなくわかるが、何がポイントになっているのかがわからなくて、何を答えればいいのかまったくわからなくなる。(早い話が何もわからん!)

何を言われているかどんどんわからなくなるし、彼は私にされて嫌なことについて言っているようなのだけど、それが何故だかがわからなくて、一方的に攻められているような気になってしまった。
(なんだかね、言葉で責められて思わず手が出る男の人の気持ちがわかったよ~。笑。)

普段日本語で話す時はおしゃべりな自分が、何も話せない。頭の中で日本語で自分の気持ちを考えて、そしてそれを英語に直している間に話がどんどん進んで行く・・・そして、爆発、じゃなかった、泣いちゃった。

自分でも最悪~、と思いながらも、最近は自分の英語力の発展のなさに少しうんざりし、ましてやフランス語は会話と言うには程遠い状態(まあ、当たり前だが)で、ちょっと、気分的に不安になっていたこともあったから。(はい、いい訳です。。。)

かといって、そんな私の涙にひるむような奴ではないので、突然やさしくなるということはなく、まだまだ言いたいことはたくさんありまっせ、状態。なので、話は終わらなかったが、洪水のような英語だけは、治まった。笑。

まあその後は、なんとか自分の気持ちを伝えることができたり、彼が言いたかったことがやっとわかったりしたので、何とか、笑顔で別れることができたけど(随分時間はかかったけどね。)、それから、ズーーーんと落ち込んだ。

言葉の壁ってこういうことなのかしらん?
ものすごく頑張って相手の言葉を聞いたり、一生懸命自分の気持ちを話しても何かしら誤解があったり、上手に相手に伝える語学力がなかったり。本当にこれからやっていけるのかと、真剣に不安になってしまった。
で、昨日は、久しぶりに、どうせ私の英語なんかここまでよ、とか、フランス語だって会話するなんて私には無理!とか、ベルギー人と付き合うなんて所詮は無理だわ、とか、思いっきり、ネガティブ思考。
何年振りかで、落ち込んで早く寝た。(昔から落ち込むと眠りに逃げる癖があった。あ、眠れないよりいいか!と、突然ポジティブ思考!)

今朝もなんとなくすっきりしなくて、また懲りもせずつらつらとそのことを考えていた時ふと、思った。
ああ、伝えることは難しいけれど、少なくとも彼は話をしようといつもしてくれているんだな、と。(あ、それが機関銃の様な英語でもね、笑。)そして、ゆっくりでも、私が話せば聞いてくれるし(その3倍ぐらい返ってくることも多いけど、笑。)。
お互いの気持ちを隠すことなく相手に伝えあうことができるなんて実は、今の状況は悪くないんじゃないかと。ただ伝える手段である言葉がつたないだけで、会話する気持ちは十分にあるのだから。

日本人どうしでも、会話する、自分の気持ちを伝える、という機会が少ない人は少なくないんじゃないかと思う。言わなくてもわかるだろう、とか、会話は苦手、とか、理由はいろいろあるだろうけど。でも、会話しなくては、相手に何かを伝えなくては、お互いの気持ちはわからないから、やっぱり、相手の話を聞こうとすること、自分の気持ちを伝えようとすることは、必要だと思う。だから、私は恵まれているんだなっと。

結局ノロケ話しの様になってしまったけど、懲りもせず、これからも英語の勉強とフランス語の勉強は続けようと思う。自己嫌悪なしにね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

語学勉強法ー私の場合

お陰様で、ぐだぐだではありますが、続いています、フランス語。(というかやめられない状況・・・)

英語の時もそうだったけど、フランス語もいわゆる独学。英語の時とちょっと違うのは、文法の本や単語の本を買ったことぐらい。英語に比べれて、フランス語はベースがないからね。

で、まあ、どうやっていつも勉強しているかというと、英語の時と同じように、聞く、口に出して言う(話す段階まで来てない・・・)読む、書く。で、そこにフランス語だと、基本的な文法の勉強が加わる。

朝は、NHKのニュースをまず英語で聞き(というか聞きながすだけ。でも、単語の復習と、聞く練習になる。)、それから、今度はフランス語で聞く。ニュースは難しい言葉を使うから最初は難しいという人もいるけれど、基本的に日本のニュースを英語、フランス語で話しているだけなので、なんとなく内容がわかるから、それほど難しくないし、日本語でもそうだけど、ニュースってニュースと言いながら、意外と何日も同じような内容を話しているので、毎日聞いていると同じ単語がよく出てくる。それに習うより慣れろ!というのは意外に名言。特にフランス語の独特の抑揚に慣れることは大事。

それと、外国の人は意外と日本のニュースを知っていて、それについて聞かれることが多いので、そういうときにニュースは役立つのだ。自分だけで勉強していたら、きっと覚えないであろう単語も覚えられるからね。(あ、もちろんフランス語ではこの段階にはまだなってませんよ。)

あとは、facebookも、今はフランス語にして、それを意味がわからなくても読む。曜日とか、月とかは、これで覚えられるし(面白いのは、日本の曜日と一緒で、月、火、水、木、金、土は、フランス語も、惑星の名前からきている、だから、ちょっとだけ覚えやすい。)単語も毎日同じものを目にすることで、覚えることができる。

書くことは、お陰様でこうるさい?親切な先生がいるので、メールで毎日挨拶だけでもフランス語書くようにしているし、どういうわけだか、食べることや、昼寝のことに関しては、フランス語で言えることがあるので、それを毎日繰り返し書いている。ちなみに、 J'ai faim. お腹すいた。Je vais faire la sieste. 今から昼寝する。

フランス語は英語よりも書くことが大事かも。スペルを知らないと、リエゾンやエリジオンがあるので発音の時に困ることがある。I have は、J'ai となるけど、これは、Je ai のエリジオン。How are you? は、comment allez vous? コモンタレヴゥ?というけど、これは、t は、実は読まないのだけど、その後の母音のa のために、ta と読むようになるリエゾン。

それと、それと、最大の難関は、発音だけど、これもちょーうるさい先生がいるので、何とかなりそう・・・と、思いたい。

真剣にやる(といってもぐだぐだにね)と決めてから、丁度、1カ月ぐらいだけど、今まではニュースを聞いても単なる音でしかなかったフランス語が言葉として聞こえるようになってきたからちょっと嬉しい。英語の時もそうだったけど自分の知っている単語は聞き取れるようになるんだよね。
だから、ところどころ聞き取れて意味がわかるところがでてきた。今日は、「今日はいいお天気です。」がわかって嬉しかったな~。あ、ちなみに Il fait beau.

フランス語は、単語が英語とほとんど同じで、読みが違うとか、似ているとかも多いので(ステフいわく英語がフランス語に似ているんだと)、単語に関しては少し楽ができるというか、それがどうした?ぐらいなんだけど、まったく違う言語を覚えるわけではないので、思っていたよりは、何とかなりそうな気がする、うん、気がするだけ・・・。
あーあ、フランス語も今の英語ぐらいになれるといいんだけどな・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

広島、宮島、錦帯橋~

5月頃から、少し足が痛いといっていたおばあちゃん。「今年はもう旅行はいかない。足が痛いもん。」なーんて言っていたのだが、夏が近づくにしたがって、調子がよくなってきたのか、「秋にはどこかに行きたいな~。」と、言いだした。
でも、実は、10月には、ステフが一カ月私のところに滞在予定。私がおばあちゃんを連れてどこかに行くから、どこか一人で行ってきて、と言っても彼は何も言わないだろうと思ったが、はるばるベルギーから来るのだから、ほったらかす、というのもいかがなもんか、と思っていた時ひらめいた!「3人で行けばいいんじゃないか?」と。笑。

実は私だけでおばあちゃんを連れて行くのは、ちょっとしんどい(去年の沖縄しんどかったです、正直。)、だからステフも一緒に行けば丁度いい、なんて、思っては見たものの、無謀か?この案?だった。

ステフは、広島には行きたいから、私が一緒に行けないならひとりで行ってくる、と言っていたので、おばあちゃんに「広島行きたい?」と、聞いたら、「大昔に行ったけど、見て回らなかったよ、だから行きたいな~。」って。

で、行先は広島でよくなったが、果たしてステフは何といいうのか?「はあ~?」なんて言うかもしれないけど、もしかしたらステフのことだから、「いいよ~。」っていうかも?なんて、淡い期待を抱きながら、「おばあちゃんも広島行きたいって・・・」と言ってみた。そしたら、「じゃ、3人で行けばいいじゃん!」(意訳ね。笑。)と、一緒に行ってもいい?と聞く暇もなく、即答。

「でも、お部屋も同じだよ。」と言うと、「おばあちゃんの世話しなきゃいけないでしょ?もちろん大丈夫。みんなには、おばあちゃんのカバン持ちにベルギーから呼ばれたんだ~、って言うよ。」って。手前味噌だけど、何ていいやつなんだ~、と思ったよ。泣。

ということで、結局広島で原爆ドームを見て、それから、宮島に渡ってお泊り、翌日は、錦帯橋を見てから帰る予定を立てた。出掛けるのは来月だけど、おばあちゃんとベルギー人と私、3人の珍道中、どうなることやら、自分で考えておいて、ちょっと、不安。でも、おばあちゃん、人生初の外国人との旅行に少しワクワク気味。それに、まあ、ステフの日本語も結構いけるようになってきたから、なんとかなるよね、きっと・・・たぶん・・・


おまけ

おばあちゃんに、「今度は広島だけどやっぱり、沖縄もよかったね。」と言うと、「また行けばいいじゃない?」って。おばあちゃん、94歳になったけど、すごすぎるわ~。そうね、人生まだまだこれからね、おばあちゃん。いつも学ばせてもらってます。ありがとう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

睡眠不足

Bonjour! (Hello!)
Vous allez vien? (How are you?)

お陰様で、ここのところ忙しくて、久しぶりに3連休と思いきや、なんだか夜よく眠れずに、ちょっと睡眠不足。
で、昨日もお昼寝で補おうとしたら、台風の雨と風が耳について眠れず、なんだか久しぶりにイライラしてきた。

3カ月に一度ぐらい、現れるこの症状。突然心の中で「あー、時間がほしい!」と叫んでしまう。しっかりと自分の時間もあり、別に時間に追われている生活をしているわけじゃないのに。

どうしても行かなきゃいけないわけじゃないけれど、毎日おばあちゃんのところに朝ご飯を作りに行くことなんかも、いやーーーーーー、と思ってしまったりね。

ま、自分のストレスに気がつかずに人生を送るよりも気がつく人生のほうが、いいとは思うけど、一瞬はひるむな~。私どうしちゃったの?って、で、そのあと気がつくんだけど。

昨夜もちょっと眠くてまだイライラしてるなあ、と思いながらも、ステフとスカイプで話していたんだけど、どうしても欠伸が出る。その上、心はちょっと上の空。で、こういう時お互い正直なので、「眠いから寝てもいい?」と、聞けるのがいいところ。で、相手も別に嫌な顔も見せず、「どうぞ。」と言ってくれるので、楽チンだ。

といって、昨夜は寝たのが9時半。途中台風の風と音で何度も目が覚めたけど、それでも、起きたのは、朝の6時。ああ、よく眠ったわ~。お蔭さまで気分はすっきり。やっぱり早寝はいいわ。成長ホルモンが分泌されて、脂肪の分解は促進されるし、お肌にもいい、リンパ球は増えるし、NKも活発になるしね。IGFは、人をいい気分にする作用もあるとか。去年から夜遅い仕事が増えて、ちょっと夜型になっていたのもイライラの原因かもね。
やっぱり、11時にはベッドに行かなきゃ。少し夜の仕事が減ったので、これからは以前の生活のリズムを取り戻そう。

ああ、それにしても台風の風まだすごいですよ、名古屋は。

<ヒト成長ホルモン>
主に午後11時ごろから午前2時ぐらいに間の睡眠時に分泌されるホルモンの一種。眠っていないと分泌は低下する。IGF(インスリン様成長因子)を刺激することにより、筋肉、骨の成長を促進し、脂肪の分解も促進する。コラーゲン合成も促進する。また、リンパ球HK細胞も活性化し、免疫能も強化する。
簡単に言うと、太りにくくなり、お肌をきれいにして、免疫を上げてくれるありがたいホルモンです。特に成長期の子供には大事なホルモン。子供は早く寝かしつけましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »