« シャルル・ド・ゴール空港のトイレの謎 | トップページ | 暑いっ!けど、妄想は止められない? »

またまた。。。

放置プレイのブログ・・・今度は忙しいとか、疲れているとかじゃなくて、逆に少し時間ができて、ぼけーっとし過ぎ。
ここのところ、仕事も私生活もお陰様で、本当に忙しかった。で、また来週から、忙しくなります。ほんとにありがたや~なんです。

バレエレッスンは、来週からまた3レッスンになり、お陰様で、リフレクソロジーを教える方も忙しく、カルチャースクールも定員いっぱい。本当にありがたい。

あ、ただし、相変わらず、銀行預金は、人に言えない金額だけど・・・。

でも、ここ半年ぐらい本当にやりたいことしたいことがある時は必ずお金が入って来たり、誰かが協力してくれたりしてやることができたしすることができた。んんんんんん、この仕事を始めてからずっと「私には、必要なものが必要な時に必要なだけたっぷりと入ってきます!」と、瞑想の度に言っていてからなのかしらん?本当に振り返ってみればその通りになってきたし、この仕事をなんだかんだと言いながら13年も続けてこられたのだから、最初からそのとおりだったのかもしれないけど。

確かに仕事に対しても自分の人生に対しても経験を重ねてきたわけだから、前よりはずっと生きやすくなってきた、ということも事実なんだろうけどね。

ただ、最近本当に嬉しいな、と思ったことは、リフレクソロジーの講座でアシスタントも頼んだアロマの浅井さんが「本当にホームケアだろうがなんだろうが、手を抜かないですよね。」と言ってくれたこと。それと学校の先生をしているバレエの生徒さんが「先生のアドバイスは的確で、簡単な言葉なのによくわかります、だからお手本にしたいです。」と、言ってくれたこと。

前はやさしくて、いつも穏やかで、誰からも好かれて、人のお手本になるようなとか、いわゆる、「先生はこうあるべき」なあーんて思い込みがあったけど、ここ3年ぐらいは、セラピストとしても先生としても私は私でいいんだって、思えるようになった。大事なのは、何を教えるか、どう教えるかで、いつもにこやかでいるとか、いわゆる模範的な先生らしくいることでもない。

どこまでいっても私は私なのだ。他のものにはなりえない。そう思ってからのほうが、仕事もうまく行っている。恋愛もそう。いくつかを除けば、ほとんどがこの人と付き合うならこうあるべき、とか、こうしなくっちゃ、なあーーんていうのばっかり。今思えば、それは愛というより、単なる執着。ま、それがあったからこそ自分を知ることができたのだから無駄だとはこれっぽっちも思ってはいないけど、かなり無理してた。
で、こんなことはもうやめようと思ってから、間髪いれないぐらいの即効さで、単なるランゲージ・エクスチェンジだけのつもりのステファンとそれこそたくさんの話をするようになった。
で、彼はいつも私に言う「Be yourself.」(あなたらしく、いて)と。

はは、久しぶりに書いたら、いつものように最初の話題とかけ離れてきた。笑。
とにかく、最近はお陰様で、楽チンに生きてます。ありがとう。

|

« シャルル・ド・ゴール空港のトイレの謎 | トップページ | 暑いっ!けど、妄想は止められない? »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

mizuさんとは正反対かもしれない「見かけ安定,自由度なし」の生活をしている なも ですが,このところ少し仕事に余裕があって,却って落ち着きません。うーん,こんな気持ちは昔からあった。学生時代の前半,実は体育会系のクラブをしていて,毎週末や夏休みは合宿所へ行っていたのですが,その合い間にふっと時間ができると,結局何もしなかった。専門の勉強でもしようかと教科書を開くのだけれど,ものの20~30分で集中力が途切れてしまう。まあ,「何がやりたいか」が決まっていなかったとか,暇があったらぜひやりたい事がなかったとか,そういうことだったのだろうと思います。

それで,多分,あれからうん十年たった今も,あんまり変わっていない。するってぇと定年退職後(なも の世代は62~63歳に延びる予定のようですが…)の「自由時間」を持て余すのではないか。そして,ずっと単身赴任が多かったので,かみさんとずっと一緒の時間というのは,却って不慣れかもしれない(かみさんは なも より2年長く働くはずですが…)。これは,用心しないといけないかなあ?

「どこまでいっても私は私なのだ。」そうなのです。でも,「来し方」は変えられないし否定できないけれど,「行く末」を少し変えられないかなあと思ってしまう(と言って「行く末」はまだどうなるか分からないから,自分がそうなると思っている,少し不満のある「行く末」を少し変えたい,という少しややこしいことになるのだろうけど…)。この辺は,「どっちが正解?」みたいなことではなくて,どっかに「落としどころを見つける」というようなことなのかなあと思うのですが…

恋愛のこと。少し前に,長年積読になっていた,ルージュモン『愛について』(岩波書店・品切れ)という本を読み終えて,続けて,ヘンリー・ミラー『北回帰線』,スタンダール『恋愛論』と進むはずだったのですが,また頓挫しています。

最近,少し暇があるので,ときどき映画を見ています。少し前に「ブラックスワン」を観ました。なかなかすごい映画で気の弱い なも はどきどき・はらはらしてしまいました。主人公が「白鳥の湖」のオデット姫を踊るというお話なので,ご覧になったかもしれませんが…

というわけで,mizuさんの記事へのコメントの場所を借りて,自分のブログに書くべきようなことを長々と書いてしまいましたが,どうかご容赦ください。

投稿: なも | 2011年7月 3日 (日) 18時37分

なもさん、お久しぶりです。
うーーん、きっと、何かしていないと落ち着かない、けれど、何をするにも今一、というのは、勤勉であるべし、が染み込んでるんじゃないかしらん?日本人はそういう風に教育されますからね。私も以前はそうでしたよ。何もしていない自分は、これでいいのか?とか、後ろめたさで、落ち着かなかったり。本当は何もせずに過ごす才能持っているんですけどね。笑。だから今回の旅は、私らしいと言えば私らしい旅でしたよ。
ルーブルに入らなかったと聞いた友達の多くは、「えーーーもったいない!」と言いました。笑。

奥様とは逆に新鮮でいいじゃないですか?新たな恋愛期間が始まるということで、ロマンティックなこともたくさんしてくださいね。パリで、花売りから薔薇を一輪買ってみるとか。爆。

ブラックスワンは、帰りの飛行機のプログラムにあってのですが、ナタリーポートマンの眉間のたて皺に辛くなり、途中でやめました。字幕もなかったし。

投稿: mizu | 2011年7月 4日 (月) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/52069973

この記事へのトラックバック一覧です: またまた。。。:

« シャルル・ド・ゴール空港のトイレの謎 | トップページ | 暑いっ!けど、妄想は止められない? »