« 5月以降の養成講座について&お休みのお知らせ | トップページ | 占い~ »

ほんとの自分

この間書いたソウルメイトの話じゃないけれど、本当の自分を知るとき、鏡となる相手が必要な時がある。言いかえれば、相手との関係性の中で本当の自分が見えてくる。
例えば、自分の身体の一部は自分で見ることができるけれど、自分の表情は鏡か写真を通してじゃなければ、見ることができないように。

最近、え、私ってこんなこと気にしているんだ?ということがあったけど、それは人と話していた時だった。
自分が、オバサンであることを気にしているということ。(顔は皺だらけで、皮膚にも張りがなく、もう若くないんだーーー!なんてね。)
それと、自分に対して自信がなく、心の底でいやらしい嫉妬心が渦巻いていること。(火曜サスペンス劇場かいな?笑。)

皺は、笑ってきた証拠とか、歳をとってきた代わりに、色々なことを学んで楽になってきたし、自分の今までの人生それほど捨てたもんじゃないわよ~、なんて思っていたのにね。
実は女として自信がないんだ私ってね。まだまだ。笑。

こんな自分の気持ちは、自分だけでは、なかなか気がつかない。相手にブツブツ文句を言ってみたり、相手の気持ちを疑ってみたり、そういう自分の言動や行動を通して初めて気がつく。

どうしてこんなことを書いているかというと、ぶっちゃけ、今恋愛もどき中なのだが、この間、顔のしわが多いの、男は二枚舌(どんな恋愛してきたんだよ、私?)だの、更年期で髪の毛が減ってきただの(おでこがとっーーーても広い相手に向かって。)とブツブツ言って、揚げ句、外国人相手に「日本では畳と女房は新しい方がいい、っていう言葉があるのよ。」なんて言い出す始末。(アホです・・・)
西欧人は、自己否定を嫌う傾向にあるから、こんな私の言動は、もちろん、呆れられ、その上今は怒っている・・・。

ちょっと、いい訳だけど、日本では本当に歳を気にする。相手を見ると、いくつですか?とか、若く見えるとか。縦社会だからなんだろうか?それと、女性の歳には男性は本当に敏感。恋愛に関しても、はっきり言って、人として見るよりもまずは年齢から、っていう人多いんじゃないかしら?そういう社会に長くいると、歳をとる=女性としての価値が低い、っていう刷り込みがされるのかしら?(と、ちょっと自分のコンプレックスを社会のせいにしてみる。笑。)

こんな正真正銘メイド・イン・ジャパンの私は、外国人との恋愛は向いていないのかと思ったけど、そういう自分だからこそ本当に自分を知り、自分のコンプレックスを克服するには、ぴったりなのかもしれないけどね。(相手のお怒りは治まるのだろうか・・・?)

|

« 5月以降の養成講座について&お休みのお知らせ | トップページ | 占い~ »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/51501122

この記事へのトラックバック一覧です: ほんとの自分:

« 5月以降の養成講座について&お休みのお知らせ | トップページ | 占い~ »