« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ブログを書くということ

昨夜は早く寝たので、今朝は早起き。

自分のHPを作った時は、まだブログはなくて、日記だったけど、どうして書き始めたかというと、自分のことを知ってもらうため。私のHPに興味を持って頂いた方に私という人間がどういうものなのか知ってもらうには、私の書いたものを読んでもらうのが一番だと思ったから。私も他のセラピストさんのことを知りたいと思った時、HPに日記やら書き物があれば、必ず目を通していたから。なので、最初は日記を書くのも仕事のうち~、なんて思っていたけれど、今はどちらかというと、自分のため。笑。その時自分が何を考えていたか、何を思ったか、とか、自分の考えや感じたことを言葉にすることによって、自分の気持ちを整理したり、自分に言い聞かせたり。
で、何気なく去年の今頃私は何を考えていたのだろう?と、ふと、思い、去年のブログを読み返してみた。

まだ去年は英語も勉強を始めて3カ月ぐらいの時で、英語のこともああでもない、こうでもない、と、いろいろと書いている。それと、その頃FBで色々な人と知り合ったんだよなあって。読んでいてなんだか懐かしかった~。

で、何を考えていたかというと、はは、今とたいして変わらない。笑。
毎回毎回自分に言い聞かせるように同じようなことを書いている。自分の可能性を信じる、とか、妄想が現実を生むとか。笑。

だけど、自分の可能性を信じる、ということは、言い聞かせだけじゃなくて、実現しつつあるよう。自分がやりたいと思ったことの中には、自分さえその気になれば、実現できるものがたくさんある、ということは1年後の今、よくわかる。

あの頃は、これからはたくさんの人と会って、旅行にもたくさん出かけよう、と思っていたけど、FBで、知り合った人たちとは何人かと実際に会ったし、去年の秋から旅行続き。ソウル、香港、そしてパリ。どれも、お金もあるし時間もあるし、じゃ、行こうか、で、決まった話ではなくて、その機会が向こうからやってきたものばかり。その上、今までの自分だったら、行かなかっただろう状況の時ばかりチャンスが巡ってきた。

ただ、今までの自分と違うのは、行くか行かないか決める時、お金のことや時間のことで決めるんじゃなくて、自分は行きたいのか?行きたくないのか?で、決めたこと。
すると不思議なことに、周りの協力のお陰で、お金の問題も時間の問題も全てうまく運んで行けるようになった。もちろん、その実現のために、ただじっと、待っていたわけじゃないけどね。

書いていて、今気がついたけど、私この1年がんばってきたんだと思う、いい意味で。やりたい事が見つかり、それを続けることができていて、そのお陰で素敵な人たちと出会え、で、毎日が楽しい。だから、周りも協力してくれているんじゃないかなって。

はは、毎度のこと話しがだんだんずれてきた。
何がブログの話じゃー、になってきているね。笑。

ま、とにかく、去年の自分より少しは、なりたい自分に近づいているようで、自分に言い聞かせることも無駄じゃないないんだね。
(と、無理やり、終わらせてみる・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW

世間はGW突入ですね。私は仕事します!(きっぱり!笑)
今年はなかなか暖かくならないせいか、気分の盛り上がりはいま一つだけど、でも、日本で一番いい季節には変わりない。仕事の合間に楽しまなきゃ。

私事だけど、パリに出かけるまで一カ月を切ったので、ちょっと気分が高揚。昨日はパリオペラ座ガルニエのチケットをネットで手配した。ああ、今はなんて便利な世の中、パリのバレエ公演のチケットが家に居ながら取れるなんて!その上チケットは、自分のプリンターで、印刷できるんだよ!それと、本場は安い!オペラ座の公演なんて名古屋で見たら3万5千円ぐらいするけど、一番いい席が89ユーロ日本円で1万円強。ソワレは完売だったので(といっても日本の業者のところにはまだあったけど、手配料の高いこと!)マチネ(あ、昼の公演のことです。)にしたけど、あの豪華なガルニエでバレエが見られるのなら、昼だろうが夜中だろうが、関係ない!それにできれば、古典を見たかったけど私が行くときのプログラムは、コンテンポラリー、だけど、オペラ座では、初めてのプログラムだそうだから、それはそれで楽しみ。

もう10年ほど前だけど、ニューヨークにバレエを見に行った時も感動したな、当日券でいい席が取れて2回も見たし、やっぱり安い。それと幕間の時間にちょっと贅沢して飲むシャンパンが最高だった。あの時は一人で寂しく飲みながら、こんな旅行に付き合ってくれるパートナーがいたらいいなあ、と、思ったけど、ちょっと形は違うが、今回実現した。なんでも願ってみるのだわさ。笑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

占い~

お友達rioさんのブログで見つけた占いサイト。気持ち悪いほど当たっていて、その上元気をもらえる西洋占星術です。あ、一見殺風景ですが・・・筋トレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんとの自分

この間書いたソウルメイトの話じゃないけれど、本当の自分を知るとき、鏡となる相手が必要な時がある。言いかえれば、相手との関係性の中で本当の自分が見えてくる。
例えば、自分の身体の一部は自分で見ることができるけれど、自分の表情は鏡か写真を通してじゃなければ、見ることができないように。

最近、え、私ってこんなこと気にしているんだ?ということがあったけど、それは人と話していた時だった。
自分が、オバサンであることを気にしているということ。(顔は皺だらけで、皮膚にも張りがなく、もう若くないんだーーー!なんてね。)
それと、自分に対して自信がなく、心の底でいやらしい嫉妬心が渦巻いていること。(火曜サスペンス劇場かいな?笑。)

皺は、笑ってきた証拠とか、歳をとってきた代わりに、色々なことを学んで楽になってきたし、自分の今までの人生それほど捨てたもんじゃないわよ~、なんて思っていたのにね。
実は女として自信がないんだ私ってね。まだまだ。笑。

こんな自分の気持ちは、自分だけでは、なかなか気がつかない。相手にブツブツ文句を言ってみたり、相手の気持ちを疑ってみたり、そういう自分の言動や行動を通して初めて気がつく。

どうしてこんなことを書いているかというと、ぶっちゃけ、今恋愛もどき中なのだが、この間、顔のしわが多いの、男は二枚舌(どんな恋愛してきたんだよ、私?)だの、更年期で髪の毛が減ってきただの(おでこがとっーーーても広い相手に向かって。)とブツブツ言って、揚げ句、外国人相手に「日本では畳と女房は新しい方がいい、っていう言葉があるのよ。」なんて言い出す始末。(アホです・・・)
西欧人は、自己否定を嫌う傾向にあるから、こんな私の言動は、もちろん、呆れられ、その上今は怒っている・・・。

ちょっと、いい訳だけど、日本では本当に歳を気にする。相手を見ると、いくつですか?とか、若く見えるとか。縦社会だからなんだろうか?それと、女性の歳には男性は本当に敏感。恋愛に関しても、はっきり言って、人として見るよりもまずは年齢から、っていう人多いんじゃないかしら?そういう社会に長くいると、歳をとる=女性としての価値が低い、っていう刷り込みがされるのかしら?(と、ちょっと自分のコンプレックスを社会のせいにしてみる。笑。)

こんな正真正銘メイド・イン・ジャパンの私は、外国人との恋愛は向いていないのかと思ったけど、そういう自分だからこそ本当に自分を知り、自分のコンプレックスを克服するには、ぴったりなのかもしれないけどね。(相手のお怒りは治まるのだろうか・・・?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月以降の養成講座について&お休みのお知らせ

ありがたいことに最近スクールはベーシックよりも最初から養成講座に申し込んでいただく方が多い。養成講座の方がじっくりと教えられるし、私の全てを教えられる、ということで、本当に喜ばしいことなんだけど・・・

でも実は、厄介なこともある。それは、1年かけて学んでいただくので、ベーシック以降の日程はその後相談しながら決める、ということになっていること。
大抵の方は、土日休みの方なので、養成講座のほとんどは土日の開講になる。で、今、同時進行で教えている方が何人かいるので、一か月の土日がすべて埋まってしまっている。(あ、ベーシックの日程を除いてね。)ということは、これ以上受講生さんを増やせないということなる。

ということで、誠に勝手ではありますが、5月コース以降の養成講座の開講は、秋となります。たぶん、10月には再会できると思います。6月コース予定していた方がいらっしゃいましたら、この場を借りてお詫びします。申し訳ございません。
ただし、平日の開講は可能ですので、もし、平日開講ご希望の方がいらっしゃいましたら、お問い合わせくださいね。

と、もうひとつ、お知らせすることがあります。

5月27日から、6月4日まで、またまた、勝手ながら、お休みをいただいて、ちょっと、お友達に会いにパリまで出かけてきます。
どうしてパリにまで出かけていくことになったかは、今度書きますね。(あ、知りたくない?笑。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足首

久々にカテゴリーが「リフレクソロジーについて」。

実は先週の土曜日スクールからの帰り、タクシーと出会いがしらに自転車でぶつかりそうになった。お陰様でぶつかりはしなかったものの、急ブレーキをかけたせいで、自転車でこけてしまった。その時左の足首が自転車の下敷きになり、結構強くアスファルトで打ってしまったのだ。自転車に乗れないほどの痛みでもなかったのでそのまま帰って来たのだけど、あくる朝歩くと少し足を引きずる。足を内反させた時にも、激痛が走ってびっくりして、「おいおい、月曜のバレエレッスン大丈夫かよ~。」と少し不安になった。

で、その日も受講生さんの足モデルをしたのだが、お陰様でエクササイズ以外は問題なく行えて、無事終了。その後受講生さんが帰ってから気がついた。足を引きづっていないことに。
「おお!!!!!!!!これはリフレクソロジーの効果か!」と久しぶりに感動。
そう言えば、最近は、時々うちのスクールにあるトリートメントルームでアロマをしている浅井さんからリフレクソロジーを受けているし、土曜日も足モデルになったしなあ。

で、その夜、最近寝不足も続いていたせいかご飯を食べたら眠くてしょうがない。だるいよ~、眠いよ~、と言いながら、10時近くまではがんばって起きていて(早く寝ると夜中に根が覚めるのだ、おばちゃんだから。笑)寝た。
次の朝、目覚ましが鳴るまで寝ていたにもかかわらず、起きた後も眠くてしょうがない。おばあちゃんのところから帰ってきてから寝たのだけど、起きたのが昼の3時過ぎ!
え?4時間も?寝た?と、思ったけどまだ眠い。
ま、その後は仕方なく(?)バレエクラスに出かけたけど、足が昨日よりもまた一段と軽くなっていてバレエクラスも無事に終了。

そして昨日の朝は久しぶりにすがすがしい目覚め。足もほとんど痛まない。
身体も軽けりゃ(あ、きっと体重は変わってない・・・)内臓も軽い。
久しぶりにリフレクソロジーの効果を実感した。

リフレクソロジーのよさは、ふだん体に不調がない時でも受けていると、何かあった時でも回復力が早いこと。今回はまさにこれ。身体に痛みがあったり、動かせない部分があったりすると不快だし不便。今回もリフレクソロジーのお陰で助かったわ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開業まるっと12年と、なぜかソウルメイトの話

先日の養成講座で、受講生さんと話していて思った、なんだか、スクールを始めた頃の気分にもどったなあ、って。で、なんとなくこの仕事を始めて何年になるかなと考えてみたら、今月でまるっと12年、お陰様で、なんとか続いてきたんだ。

好きな仕事をしているといっても、正直マンネリな気分になることはある、だけど、何か理由があったわけじゃないけど、この間は、久しぶりにこの仕事を始めた頃の様な情熱を感じた。干支ではないけど、一巡してまた元に戻ったのかしら?

まあ、もとに戻ると言っても、12年前とは違う自分がいるわけで、仕事も12年の間には色々と経験させて頂いて、また、プライベートの自分も随分と変わった気がする。(全然変わってないじゃん!という人もいるかもしれないけどね。笑。)
おばさんの開き直りか、心配するということが格段に減ったし、これはきっと、おばさんの開き直りに違いないとは思うのだけど、人がどう思おうがどうでもよくなった。何事も、まず、自分はどうしたいのか?ということを一番に優先するようになったからね。

それと、これはおばさんになったからか、歳を重ねてきた(?)からか、今までの人生で出会った人たちみんな、私にとっては大事な人たちで、必要な人たちだった、っていうことをしみじみと感じるようになった。ひどいことをされた人も(それ以上に私がひどいことをしたかも?笑)悲しい別れになった人も、もちろん、私の事を大事にしてくれた人も、どんな人もいなくてはならなかった人で、魂のレベルではきっと仲がいい人たちに違いない、と感じる。

ソウルメイトと出会える本、なんてものがあるけど(あ、もちろん恋人という意味で。)きっと、恋人だけじゃないと思うんだよね、ソウルメイトって。
それに、ソウルメイトだからこそ、色んな意味で影響を与えてくれるのだと思う。
一見悪い影響であってもね、それは私が本当の自分を見つけるために、どうしてもなくてはならない影響なんだと思う。その時は辛くてもね。

そういった人たちにも、今までは頭では感謝していたけど、最近は心から感謝できるようになった。ということは、今、私は幸せなんだね、ありがたい。

そう言えば、今読んでいる本(まだ、「食べて、祈って、恋をして」の原書読んでます・・・)にもあったな、ソウルメイトの話

” People think s soul mate is your perfect fit, and that's what everyone wants. But a true soul mate is a mirror, the person who shows you everything that's holding you back, the person who brings you to your own attention so you can change your life. A true soul mate is probably the most important person you'll ever meet, because they tear down your walls and smack you awake. But to live with a soul mate forever? Nah. Too painful.
Soul mates, they come into your life just to reveal  another layer of yourself to you, and then they leave. ”   Elizabeth Gilbert 「EAT PRAY LOVE」

ものすごく、意訳すると(というかそういう風にしか読めない?読まない?笑。)

『人々はソウルメイトは自分にとって完璧な人だと思っている、そして、それを求めている。でも、本当のソウルメイトはあなたの抱えているものを見せてくれる、そして、あなたにもっと自分自身に注意を向けるようにしてくれる鏡だ。だから、あなたはあなたの人生を変えることができる。本当のソウルメイトはたぶん間違いなくあなたが出会った中で一番重要な人だ。なぜなら、彼らは、あなたを目覚めさせるためにあなたの心の壁を取り壊して打つから。だけど、永遠にソウルメイトといられるか?いや、辛すぎる。ソウルメイトはただ、あなた自身の隠された別の姿を見せるためにあなたの人生に現れて、そして去っていく。』

これだと、恋人っていう意味みたいだけど、出会う全ての人に当てはまると思うのだよね。最近は。

はー、開業12年の話から大幅にずれました。(ま、いつもの事だ。爆。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手さえあれば

今朝被災地のニュースを見ていてふと、思い出した、なぜリフレクソロジーを習ったかということを。
誰かが本当に辛い時、言葉で慰めるんじゃなくて、何かほかの手はないかと感じていた時、リフレクソロジーの存在を知ったんだった。道具も必要なく、相手も服を脱ぐような面倒なことはしなくていいもの。これだ!って。

実際に被災地に出かけて、ボランティアをすることはできないけれど、こういう時リフレクソロジーって役に立つだろうな、って、思う。かける言葉はないけれど、手から伝わる言葉。
何もなくても、手さえあればいい。やっぱり、リフレクソロジーって、いいな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丘の上

自分では、何も変わっていないと思っていたけれど、最近少し小高い丘の上から自分の歩いて来た道を振り返っているような気分になった。
登り道があまりにも緩やかで自分では登っているという気が全然しなかったけど、振り返ってみたら、結構登ってきていて、そして、今までの自分の歩いてきた道が一望にできる丘にいるような気分。
急激な変化はなかったけれど、自分の思っている以上に自分は変わってきていて、そして少しずつだけど成長している自分を見つけた気がする。

確かに意識して今までの自分を振り返ってみるとこの2年間ほど仕事よりも(あ、もちろん仕事もだけど)自分の今までの人生に起こって来たことをもう一度考えなおす機会が多かった。何年振りかに会う友人や、大昔の婚約者との再会や、自分の慣れ親しんだパターンを見直さざるを得ないような出来事など、色々なことがこの2年の間に一気にやってきたしね。

自分の人生これでいいのか?と思うこともたくさん今まであったけど、ま、今のところ、まあまあかな?笑。
so far so good.
comme si comme ca.






| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣いた。ありがとう。感謝します。

Rise again Japan

感謝します。I appreciate it! I am deeply grateful...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会話の大切さ

好きな本に「気がついた時には、火のついたベッドに寝ていた」というのがあるけど、その中の話の一つに再婚同士の結婚の話がある。
再婚同士の結婚の場合、結婚式よりも、お互いの意見を交換する時間の大事さを知っているという話。そして、おとぎ話の様な結婚はなく、カエルの王子様はいつまでたってもカエルのままだということも知っている、という話。
最近いろいろな人と会話することが増えて、別に結婚するわけではないけど(もちろん同性のお友達も含めてなので。)会話する大事さを感じている。
相手の思いを聞くこと、自分の思いを伝えること。
慌ただしい日常の中で忘れがちだけど、よく知っているつもりになっている相手でも、よく知らない相手でも、相手を理解しようと思えばやはり会話は必要。
新しい言葉を学ぶようになって、感じること・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

le poisson d'avril

エイプリル・フールですね。le poisson d'avril =4月の魚 フランスでは、こう言うそうです。魚の絵を描いた紙を人の背中にこっそり貼って、からかうらしいですよ。そういう悪戯が、イギリスにわたってエイプリル・フールになったとか・・・。

P1010519

で、これは別に悪戯じゃないんですが、なんと、我が家の庭につくしが生えた!10本ぐらい!
確かにスギナがたくさん生えているけれど、つくしまで生えるなんて、びっくり!都会の真ん中でこんな風に春を感じられるのは、贅沢なこと。来年あたりは卵とじ出来るぐらい生えるかな?ふふ、楽しみ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »