« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

お怒り!

どうして、命がけで原発で頑張っている方が、東電の支給だけのビスケット30枚と野菜ジュースの朝ご飯?誰が朝からビスケット30枚食いたいか!
被災者を除けば、この人たちこそ、体力つけて、気持ちも元気にしてあげてほしいのに。
最前線でがんばってくれている人たちに、せめて一万円以下で買える折りたたみ式ベッドと菅さんが作ったおみそ汁を与えてあげたい。
ヒキコモルぐらいなら、水道水がぶ飲みしてみて、みんなの前で!貝われじゃ、許さん!自分を奮い立たせてくれよ、一国の首相なんだからさ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

解剖生理学講座『女性の身体』

久しぶりに講座のご案内です。

      

      「女性の身体・ダイジェスト版」
      
      5月20日(金)10:00~13:00
      
      受講料 6、000円
      定員 6名(定員になり次第締め切り)
      
      
初潮から、不妊、妊娠、出産、閉経後、尿失禁等、
      女性の身体について、学びます。

ただ暗記するだけの内容ではなく、なぜそうなのか?ということを
      中心に学びますので、仕事の現場に行かせる知識となります。
      
      もちろん、リフレクソロジスト以外一般の方の参加も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面白い

以前の受講生さんにも言われたけど、「先生、おもしろい。」って。(それが、彼女が私のスクールに決めた理由だったらしい・・・んん、複雑な気分・・・。笑。)
で、今回の受講生さんにも、「こんなに楽しいとは思ってもみなかったです。」と、言われた。
んんんんん?私っておもしろいのかしらん?それとも、顔とのギャップがすごいとか?(昔、とっつきにくそうと、よく言われた。)
ま、つまらん!と言われるよりは、断然いいのだけどね。

人によく、ほんとによくしゃべるね、と言われる。たまには黙っていたら?とか、黙っていれば、おしとやかに見えるのに、とか。
そう言われると、今はこう言い返す、英語だと無口になるよ~、って。笑。
早く英語でも あなたって、よくしゃべるわね!って言われたい。で、面白い人って、言われたいよ~。道は遠いけどね。何て事を言いながら、最近はフランス語もちょっと、勉強したいな、なんて思っている、向う見ずな野郎?なんだけど。爆
bonne junee  bonjour bonne nuit toujours merci  merci beaucoup  言葉を知っていないと読めない・・・簡単な挨拶なのにね。へこむ・・・

ボンジュネ、ボンジュール、ボンニュイ、トージュールメルシー、メルシーボクー
わけわからん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リフレクソロジー

時々自分もお客になって、リフレクソロジーを受けている。
最近は夜の仕事が多くて、眠るのが遅くなる日が多いので、仕事がそれほど忙しくなくても、身体が疲れるし、精神的にも疲れるから。
やっぱりそれがよかったのか、今までなら、仕事のない夜でも友達と出かけるよりも家でゆっくりしていたい!なんて思っていたけど、先週は出掛ける元気が出て、何度か出掛けた。
人はやっぱり、身体が疲れている時は、ぐっすり眠れば回復するけど、心が疲れていると、眠っても元気にならない。トリートメントと友達とのお出かけ&おしゃべりが効いたのか、少々睡眠不足気味の上に今週末は講座が入っていたけど、お陰さまで元気で、昨日もぐっすり眠れた。

外も暖かくなってきたし、身体も元気なので、今朝は朝からお洗濯三昧。世間は地震やら原発の問題で暗い話題が多いけど、こういう時こそ、元気で行こう!

この間、母から届く生ごみを庭に埋めようとして、何気なく穴を掘ったら、雪でだめになっていたと思っていたジャガイモができていて、土の中から出てきた。金銀財宝ではないけれど、思いがけない収穫に嬉しくなって、patata!と、何故かスペイン語で叫んでた。笑。

ちょっと、どころかすごい話し
タイのスラム街で、日本向けの募金を行ったら、一日で90万円集まったらしい。
タイの、スラム街にも関わらず・・・。
ありがとう、タイの人たち。感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英単語

新しい出来事が起こったり、新しい本を読んだり、新しい友達ができる度に、新しい言葉や言い回しを覚えたりして、嬉しくなるのだが、今回は、あんまり嬉しくない。

地震、津波、原発、爆発、被災者、被災地、心配してくれて、ありがとうございます。などなど。
earthquake, tsunami, nuclear power plants, explosion, sufferer(victim), afflicted area, Thank you for your concern. and so forth.

普段なら、会話に出てきそうもない言葉ばかり。
あ、心配してくれて、ありがとう、は、別だけど。
ただ、苦手だった感謝(appreciate)と、言う言葉を何度も何度も書いたので、覚えてしまった。
それぐらい多くの外国の人たちが日本の事を心配してくれている。
秋に名古屋に来たハンガリーの友達は、ハンガリーのレスキューが日本に行く時についていくから、と、言ってくれたし。(もう涙するしかない。)

管さんは、いかがなものかな、と思うけど、今必死になって現場で実際に動いてくれている方たちの事を思うと、日本は大丈夫、乗り越えられるし、原発もきっとうまくいく、そう信じられる。

そう信じて、今まで通りの普通の生活を丁寧に生きるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震

今朝も揺れで目が覚めた。朝の4時、テレビをつけると長野、新潟でも地震が・・・。
その後眠れず、フェイスブックを開くと世界中から、大丈夫のメッセージが届いていた。

一人ひとりにお礼の返事を書いている間もまたメッセージが届く。「世界中が、日本に向けて救援や援助を送るはずだから、がんばって、日本中の人たちの無事を祈る。」って、言ってくれたカナダの友達や、原発の心配をしてくれるエジプトの友達、自分に起こったことのように泣いてくれるハンガリーの友達、日本の人の無事を祈っているというカードを送ってくれたベルギーの友達に、メッセージをくれたマカオの友達、返事を書くたびに嬉しいやらテレビで見る被害のひどさやらで、涙が出てきた。
名古屋はお陰様で何事もなかったけど、岩手、仙台などの状況はほとんど悪夢。

被災地で、少しでも多くの方が無事でいることを祈るばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英語の先生

私が受けているスカイプの英語のレッスンは、きっと日本で一番安いのではないかと、言うぐらい安い。先生たちには悪いけど、やっぱり簡単な研修だけを受けて先生になっている人もいるので、?という先生が多いのも確か。その中でもお気に入りの先生が2人いるのだけど、一人の先生とは週に3度以上は話すので、もうほとんどお友達感覚。
始めた頃は、もう少ししたら、少し高くてもいいから、もう少し先生の質のいいところに変わろうかと思っていたけど、この先生と話すのが楽しくって、結局そのまま続けている。

早いもので、気がついたら始めてからほぼ半年、その割には、ペラペラのぺの半分ぐらいなんだけどね。笑。
ただ最初に比べればやっぱり多少は上達しているようで、先生とも「本日の話題」(その日のテーマを決めてそれについて話をするというレッスンのやり方なのです。)から話がそれて、結構個人的な話とかすることも多くて、年齢も同じ40代ということもあり、お子さんがいるらしいけど今はシングルのようなので、ガールズトークが炸裂することも時々ある。笑。

きっと書き出すと相当ひどい英語でしゃべっているんだろうな、と思うのだけど、会話というものは面白いもので、ちょっとぐらいひどくても相手の言うことが理解できて、気が合えばどんどん弾む。(あー、時々私の、well~で、止まることもあるけどね。)

確かに正しい文法できれいな英語を話したいのは山々なんだけど、きちんとした英語を話せるまで、なあーーーんてことを言っていたら、いつになっても人と話せない。言葉は飽くまでもコミュニケーションの手段なので、人と関わらなければ本末転倒。
それに、相手があって初めて、ああ言いたい、これを伝えたい、これを聞きたい、と思うからこそ、話したいという欲求が生まれて、モチベーションが上がるというもの。

お陰様で、怪しいながらも英語でガールズトークができるようになったのは、ほんとに嬉しい。それにこの先生は人としても大好きで、時々かけてくれる言葉に感動することがある。

When one door closes another door opens.

まあ、直訳すれば、「一つの扉が閉まれば、別の扉が開く」・・・・そのまんま、笑。
なのだが、「過去を手放せば、新しい未来がやってくる。」 ということなんだろうね。
この言葉を言われた時、ちょうど別れと出会いがあって、嬉しくも悲しい時だった。
それに出会いと別れがすれ違った?ぐらいのタイミングだったので、この言葉の意味がその時の私にぴったりだったのだ。(英会話の勉強しながら涙ぐんでいるのは私ぐらいじゃないか?笑)

ちょっと前だったら、英語がちょっとは話せるようになって、今まで想像もつかなった人たちとお友達になれてよかった、と思っていたけど、外国人でも人とのつながりはやっぱりご縁。今はこの人たちとご縁を頂くために私は英語の勉強を始めたんじゃないかと思うようになった。それほど、素敵な人たちと出会えたの。(←乙女?爆)

まだまだ言いたいことも聞きたいことも相手の好意に甘えなくてはうまくできないけど、まあ、人と人として関わりを持てるぐらいは英語ができるようになったということなのかもしれないけどね。たまには自分を褒めようか・・・私、がんばった!えらいぞ、自分!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

お陰様で

去年の暮れあたりから、本当に色々な人に助けられて生きているんだな、と実感することが増えた。自分が思っているよりも、人に大事に思われているということも感じることが多くなったし。なので、お陰様で、という言葉もよく使うようになった。「お陰様で、元気です。」「お陰様で仕事も順調です。」「お陰様で、楽しくやってます。」など、 など。

で、先日もスカイプでベルギーのお友達に、「元気ですか?」と聞かれ(あ、彼は、日本語の勉強をしているので、日本語を時々使います。)、「お陰様で元気ですよ。」と、答えると、「お陰様で、って何ですか?それにひらがなで書いてください。」と、言われた。それで、「日本では・・・・」と、説明をしたら、「おお、それこそ私が知りたい日本の文化です!(ここは英語で、笑)」と、感激された。そして、その上、「あなたはいい先生です!」と、褒められた。(ちょっと嬉しかった。笑。)

今まで、外国に出ると日本のよいところがよくわかると、聞いたことがあったけど、確かに英語の勉強をしたり、外国の友達と話していると、日本のよさを再考させられることが多い。日本では当たり前だと思っていたことが、相手を感動させたりね。今回は「お陰様で」だったのだけど。

じゅっぱひとからげ(毎度変換できません・・・)には、できないけれど、日本人の持つ謙虚さや繊細さ、あいまいさなんかは、時として日本人の悪いところ、と、言われることもあるけれど、外国の人と付き合ってみると、それこそが日本人のよいところなんだな、と、思う。

そして、言葉と言うものは文化なんだな、とも思う。
これからは、もう少しきれいな日本語使うように心がけよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

好青年

昨日はマカオの友達とデートheart
彼は名古屋に7年もいたので日本語は何不自由なく話せるので楽ちん。
面白いのが、2週間近く名古屋に滞在予定だったので、ウィークリーマンションを借りたらしいのだが、それが、なんと、私の家から徒歩1分。別に私の家を知っていたわけでもなく、以前も泊まってよかったから今回も泊まることにしたとのこと。面白いね。

で、昨日は、昼間はお買い物に付き合い、夜はうなぎを食べに行くことになっていたのだが(うなぎの肝がたくさん食べたいらしい)、行きたいうなぎ屋さんが水曜定休と言うことが判明。で、他に食べたいものない?と聞くと、「エビのおどりのにぎり」と、これまた、ピンポイントなご希望。寿司屋だからと言って、必ずエビの踊りがあるわけでもなく、取り合えずネットで調べてエビの踊りが食べられるお店を見つけ、念のために友達に手頃なお寿司屋さんを聞いてから出かけた。で、エビの踊りを食べたのはいいけど、その店ではほかに食べたいものがあまりない、偶然にも聞いていたお寿司屋さんがすぐ近くだったので、それからお寿司屋さんに移動。で、行ってみると、何と水槽があってエビが泳いでる~。
で、念願のエビの踊りの握りをお願いして、二人とも満足。よかったー。

知り合ってほぼ一年、最近はスカイプでよく話をしていたとはいえ、実際に会って、一緒にロフトに行ったり、お寿司屋さんに行ったりするのは不思議な気分。何のご縁かわからんが、マカオと名古屋にいる人間が知り合うなんてほんとにおもしろい。

実のところ彼はまだ28歳。おばさんから見るとほとんど息子。笑。でもその辺のおっさんよりは随分と大人で、物知りでもある。話していても飽きることなく、楽しい時間が過ごせるのだ。あーーーーー、おばさんがもう少し若ければーーー、と、何度も思った。爆。

残念ながら明日帰国してしまうけど、近いからまた遊びに行けるし、遊びにも来てくれるだう。日本と違って今回も有給休暇で2週間の休みなのだからね。うらやましいーー。

思いやりがあり、礼儀正しくて、自分の考えもしっかりと持っている好青年。
だれかマカオにお嫁に行きませんか?公務員でっせ。笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »