« 個人事業主 | トップページ | 二人の自分 »

日本語の先生

日本語を勉強している外国人の方は意外と多い。日本人としては、嬉しい限りだけど、日本語なんて世界から見たら、小さな小さな国だけで使われている言語なのにね。

facebookでも、何人か日本語を勉強している人たちと知り合ったけど、理由が結構おもしろい。アメリカの大学生は、日本語の音が好きらしいし、今時々話をするベルギーの人は、日本人から「日本語は簡単だよ。」と、言われ(嘘をつけと言いたくなるが。笑。)勉強し始め、漢字を最初に見た時アートの様だと思ったらしい。(あ、ちなみに今では本人も嘘をつかれたと思っているらしい。爆。)

日本関連のグループでも最近はパソコンがあるからか、外国の人も漢字で書いている人が多いけど、面白いことに、日本人の人が、その漢字を読めず(または、その言葉の意味を知らなくて)間違いだと指摘している時が時々ある。そりゃーさ、今時「草臥れた」なんて、あまり使わないし、漢字だって読めなかったみたいだけど、恥ずかしいぞー日本人、外国人に間違って教えるなよ~、と言いたい。(後でメッセージを送って、訂正しておいたけどさ!)

で、その間違ったことを教えられたベルギーの人に頼まれ、時々スカイプで、日本語の質問を受けている。それと、私と同じで、やはり話す機会がないから話すことが苦手だと言っていたから、日本語で話す相手がほしいみたいで。
と、言いながら、会話はほとんど英語なので、あんまり日本語の勉強になっていない気もするのだが、時々急に日本語になるので、びっくりする時がある。笑
それと、母語はフランス語なので、英語がフランス語なまり。Hを発音しないので、聞き取りにくい時が多々ある。(それだけが理由じゃないけどね、もちろん。)
hungry が ungry になるので、  お腹が空いているんじゃなくて、怒っているのかと思う時がある。(な、わけないけど。笑) でも、聞き取りにくいことは確か。それに私の名前も mizuhoだから、mizuoになってしまうので、ミゾって、聞こえるしね。

私も英語を習ってよかった、と思うことは、本当に今までだったら考えられなかった人たちとお友達になることができて、その上その国の事も知ることもできたこと。
今までなら、ベルギービールがそんなに有名だって知らなかったし、飲むこともなかったけど、「ベルギービールを知らないなんて、あなたはなんて不幸なんでしょう。」と、言われれば、飲むしかないだろう、と思っちゃう。(はい確かにおいしかったですよ~)

先日スカイプでお別れする時に、そのベルギーの人が、「日本語を勉強していてよかった、そうでなければ、あなたとこうして話をすることもなかったからね。」と言ってくれたのだけど、私も本当にそう思う。外国語は難しいけど、片言でも話せば、その国の人に喜んでもらえるから、少しでも知っていると喜びが増えると思う。
英語がもう少しうまくなったら、フランス語も習ってみたい、な、と言ったら、「フランス語はすごーーーーーく難しいよ。」と言われたけど、stefan は、ちょっと嬉しそうだったし。
で、おばちゃんは、またまた、フランス語を話す自分を想像して、妄想癖に拍車をかけたのだー。爆。

そのベルギーの方は、去年の秋に日本に来て、それがすごく良かったらしく、今度は花見に来るらしい。なので、4月に名古屋でベルギービールを飲みに行く約束をした。すごく楽しみ~。飲み過ぎないようにしなくちゃね。

|

« 個人事業主 | トップページ | 二人の自分 »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/50860924

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の先生:

« 個人事業主 | トップページ | 二人の自分 »