« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

未知の世界

もちろんこの歳になってもまだ見ていないもの、まだ経験していないものはたくさんあるけど、最近感じるのは、新しい感情と言うか、気持ちと言うか、今まで感じたことのない気持ちを感じることがある。(ありゃ?日本語変?)
人に対する感情でも、この歳になると、今までこうだったから、ああだったからと思うことが多いのだけど、今まで経験したことのない感情もあるんだなあ、と。
ここにも何回も書いているけれど、「毎日が未知の世界だからね。」と、ある日お客様が言った言葉、毎日が未知の世界、毎日が違う自分と出会う旅、だと、本当に思う。
知っているようで知らない自分。新しい発見。
生きているとますます、自分の人生に興味がわいてくる。
明日はどんな自分と出会うのだろう?
楽しみ~♪
取り合えず今日は、女の子(?)だけの新年会に行ってきますー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

褒められた~

いつもレッスンを受けている英会話の先生に、ゆっくりだけど上達しているわよ、と言われ、去年の4月に会ったイギリス人のリチャード君には、会った時よりもずっとあなたの英語がよくわかるよ~、香港の1週間はいい練習になったね!cool!と言われ、ちょっと嬉しい。
あー、私も生徒さん、もっと褒めよう。笑。

英語の勉強を始めてほぼ一年。去年の今頃に自分を思うと上達したとは思うけど、もっと話せるようになっている、と思っていたのも事実。あー、いつになったら、言いたいことをもう少しさらりと話せるようになるのかな?道は遠いけど、やるしかないもんねー。記憶力衰える一方だしね。
とにかく頑張る!
来年の今頃はきっと・・・・きっと・・・・きっとーーーーーー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた、痛いやつ

ソウルに引き続いて、香港でも受けてきました、台湾式リフレクソロジー。

食に関心のない香港在住の友達にはうまい香港は期待せず、自力でうまいものを食いに行くぞと、決心し、夜景を見た次の日は、一人街に繰り出した。朝遅めにホテルを出発して、お昼御飯に牛脛肉麺を食べて、プリンスエドワードロード沿いのエッグタルトを食べ、モンコックに下り、有名な女人街を冷やかし、その後晩ご飯を食べるためにテンプルストリートへ。だけど、まだ、5時過ぎ、シーフードのお店は、6時過ぎから開くらしく、まだ、空いてない。足は痛くなってきているし、どうやって6時まで過ごそうかと思案していると、神様はいつも私の隣にいる?ふと、横を見ると「フットマッサージ・・・50分105HK$」と書いてある看板が~。
安いうえに、時間もいい感じ、ソウルで懲りたとはいえ、やっぱり何回か受けてみないとわからないものよね~、それにこれも勉強よ~、と、ドアをグイっと押した。

おー。適度に混んでいていい感じ、それに地元率100%じゃあーりませんか。
受付のお姉さんが、まずは、内容と時間と金額を確認してくれて(すぐ日本人ってわかったみたいです。)オットマン付きのリクライニングチェアに案内されました。で、しばらくすると、人のよさそうなお兄ちゃんがやってきて、足浴の用意をしてくれた。(あーソウルではなかったな~足浴。)歩き疲れた旅行者の足に足浴は天国気分~。あー、極楽じゃ、と、心の中でつぶやいた。

その後は、丁寧に施術。やっぱり、排泄に関するところは、何度も何度も繰り返し行うのだけど、これがまた、痛い。先回のソウルでは、友達と貸し切り状態だったのと、かなり施術自体がラフだったから、我慢できずに「いたいーーー。」と叫んでいたけど、今回は施術は丁寧なので、叫ぶほどの痛さでもなく、それに、すぐ隣の香港のお兄ちゃん(推定年齢40歳ぐらい)が、ずっと、広東語で電話をかけていたし、その隣で「痛いよ~」と、叫ぶわけにもいかず・・・。

で、気がついたのだけど、私のところの施術と違って、何度も同じところを繰り返すのと、ふくらはぎの施術まで含めるので、50分と言っても、フルコースじゃない。特に私が一番大事だと思っている指の施術はほとんどなし。ただ、これから、うまいもの食べ、ビールを飲んでやろうと思っている旅行者には丁度いいかも。
案の定、施術が終わってビールを飲んでも施術後に飲むビールの回りの早さはなかった。
それに帰りのエアポートエクスプレスの中でも居眠りすることもなかったしね。ちゃんとした施術ならビールを飲んで電車に乗るなんて、チャレンジャーのすることになるからね。

あー、やっぱり、指にある脳の反射区は大事だね。それと、施術後の感じが全然違う。台湾式って、どうしても筋肉ほぐしてます、って感じしかしない。(今までの経験だけでの判断です、あしからず。)欧米式の様な、身体の中に響いてくるような感じはしなんだな~、何故か。

ま、でも蔭さまで、足の疲れもいくぶん楽になり、その後のご飯のおいしかったこと。ホタテのガーリック蒸しに、でっかいシャコの炒め物。青菜炒めに、ビール~♪で、もっと食べたいけど、お腹が無理~、ということで、明日も来るぞー、と、心に決めて、ルンルン気分でホテルに帰った。

心に誓ったはいいけど、次の日の朝、「今日はどこ行くの?何時に帰ってくるの?」と聞かれ、「たぶん昨日と同じ8時過ぎ。」と言うと、「そんなに遅くなるの?(しょぼーーーん)」だったので、かわいそうになり(最後の夜だったので)「じゃ、夕ご飯一緒に食べようか?」と言うと、「じゃ、早く帰ってくるんだね~♪6時ぐらい?」だったので、シーフードは諦めた・・・。でもいや~な予感がしたので、夕方まで晩ご飯のことは考えずに食べまくり(牛ばら肉麺美味しかった~)、帰ると、「何が食べたい?」と聞かれたはずなのに、「カツカレーか、かつ丼食べたい!」って、のたまう友人J。こころの中で、「一回死んでくれ~」と思った。香港で何が悲しいかな、カツカレー喰わなあかんのじゃ!何がかつ丼だ!朝私は「why dont you have a dinner together?」と、聞いただろうが!!!!!DINNER!DINNER ! DINNER!
dinnerだからって、特別の意味はないけれど、さ!

で、実はお腹が空いていない私は、じゃ、そうしよか、と、出掛けて行って、選択の余地なしで、親子丼を食べた、福神漬け付きの。(せめて、紅ショウガがよかったな~)で、やっぱり、半分残した。(もったいない神様御免なさい・・・)あー最後にもう一回牛脛肉麺食べといてよかった・・・。

リフレクソロジーの事だけを書くつもりだったのに、ついつい怒りのあまり、香港最後の晩餐親子丼のことも書いちゃった。ま、友達はカツカレー食べてとっても嬉しそうだったので、ま、いっか、なんだけどね、引っ越ししたばかりで、いつも一人でご飯食べていると思うから。ご飯は誰かと食べるほうが楽しいもんね。(と、言いつつ、一人で食べたホタテが一番おいしかったよ~。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

I 'm home!

水曜の夜遅く帰ってきました。
久しぶりののんびり旅行。以前は自分のご褒美に、普通なら、3泊4日ぐらいのところに1週間でかけていくことが多かったのにね。ほんと、久しぶり。

泊まっていたホテルが空港隣接だったので、まるで空港の中に住んでいるような1週間。(空港とホテルが渡り廊下でつながってるんです。)
朝は、空港の中のおかゆ屋さんで、congee(中華がゆのこと)を食べ、セブンイレブンで、水を買い、スターバックスでコーヒーを買って部屋に帰るのが日課。こう言う旅行が好き。慌ただしくなくてね。

で、congeeをこよなく愛しているので、久しぶりのcongee三昧嬉しかった。朝、早くに食べて、街に出かけて、また食べて、朝は2食たべてたな~。笑。何回か友達が自分のホテルの朝食券を譲ってくれたのだけど、断りたかった。(あー、でもそこは日本人、好意を無にできず、仕方なくどこでも食べられるような朝ごはんも食べました・・・)
それに友達はあまり中華料理は好きではないらしく、一緒に食べたご飯はすべて、中華料理以外。ま、友達にとっては、日常の食事なので、無理もないんでしょうけど、おい!バーガーキングに誘うのだけはやめてくれーーーー。彼のいい訳「名古屋にないでしょ?」

観光はほとんど一人したのだけど、日曜日は、これぞ、香港観光黄金ルートのようなところに連れて行ってもらった。

チムサッチョイから、歩いて海側に。そこで、アベニュー・オブ・スターズという香港の俳優さんたちの手形なんかがあるところに行き、(ブルース・リーのブロンズ像があります。)そこからスターフェリーに乗って、香港島へ。で、世界で一番長いエスカレーター(といっても、たくさんのエスカレーターが次々にあるだけ。)に乗り、そこから、香港動植物園の中を通り、山頂に登るトラム乗り場へ。
その後は、山頂で日が暮れるのを待って、100万ドルの夜景を眺め、帰りは暗い中スリル満点のダブルデッカーで、下山。(あー、これお薦め。トラムは乗るのに1時間ぐらい待たされそうな感じだったし、2階に乗るとほんとに、ちょっと怖いぐらいのスリル味わえます。)
夜景を一人で見るというさみしーーーい経験はしなくて済んだけど・・・でもさ、山頂で、2回もホットドック食べるのやめようよ。私は違うもの食べたけどさ。

観光としては楽しかったし、美味しいものも食べたし、安かったし(おかゆや麺類なら、今のレートでだいたい300円から400円で食べられます。)大満足なんだけど・・・・

あーーーーーーーーーーーーー私の英語って、じぇんじぇん上達してないじゃん!
これ正直言って、落ち込みました。
帰ってきてからも、そのことを考えると、ドーーーンと、落ち込む。
半年ぶりに会った友達ももう少しうまくなっていると思ったことでしょう・・・でも、「こいつじぇんじぇんだめじゃん」ぐらい思われていると思うわ・・・。
お前だって、「土産」のことを「ミヤギ。ミヤギ。」と連発していたじゃないか、と言っても、悲しいだけ・・・。
ま、友達もがんばって私の言葉を理解してあげようとか、がんばって話をしてあげようとか、そういうことを考えるタイプじゃないしなあ。

ということで、英会話に対しては、自信喪失。昨日なんかは、英会話の先生と話していても泣きそうになるぐらい情けなかった。
いつも私に怒られている生徒さん達、英会話と言うものが、代わりに復讐してくれていますからね、安心(?)してください。笑




| | コメント (2) | トラックバック (0)

誠に勝手ながら・・・

1週間ほどお休みを頂いて(またかよ!)旅行に出かけてきます。

メールのチェックはたぶんできると思うので、即答は無理でもお返事書けると思います。ただ、私の電話は海外はつながらないので、電話での対応は無理になりますので、ご了承ください。

こんなことを書くと優雅な生活を送っているように見えますが、実は格安航空券&お友達のところに泊るので、宿泊費0円の貧乏旅行。(ある意味お金のこと以外は、優雅な生活と言えるかも?笑)
友達からお誘いがかかったので、スケジュールを確認したところ、ぽっかりと空いている1週間があったので、ええい、ままよ!と、ばかりに、航空券を調達。相変わらず行き当たりばったりの人生です。(その1週間のスケジュールの航空券が一番安かった。底値だったもんね、これは行けってことだわさ!)
それに、若い時は、いつまでも今が続くと思っていたから、いつでも行けるわ~、なんて思っていたけど、最近は「機会を逃すな!」が、モットー。チャンスは前髪しかないと言うではないか。

ただちょっと気になっているのが英語。友達日本語喋れません。「こんにちは。」「ありがとう」「暇?」ぐらい。ということは、1週間英語漬け。これが吉と出るのか、凶と出るのかは、神のみぞ知る。

今日は英会話の先生に「落ち着いて話せば大丈夫。あなたの頭には色々な種類の英語が詰まっているからね。」と、ちょっと勇気を頂いたけど、先生~、ふだん話している内容って、かなり簡単な英語だからさー、込み入った話する時はどうするさ~?と、聞きたかった。笑。外国の人って、いろんなこと聞いてくるから、結構大変なんだよね。
前も、「尊敬する人っている?」とか、「日本が発祥のものって何?」とか、普段の会話に出てこないようなことを聞いてくるから大変なのだ。

はー、楽しみやら、気が重いやら、勢いで行くって決めたけど、英語に関してはちょっと不安。ま、でも、何とかなるか!
英会話の合宿だと思ってがんばってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

ちょいと、遅くなりましたが、
明けまして、おめでとうございます!
今年もこんな私ですが、お付き合いくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »