« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

はあ~

30センチは、きつかった・・・・。
それと、西洋人の方は、筋肉が日本人と違うのか、その人に限ってか、わからないけど、固かった。ま、たったひとりだけの経験で何事も語れないけど。

最初は用意しておいたノートを見ながら、過去の病歴や、怪我、手術の有無、慢性疾患や血圧、などの質問をして(途中読めない単語があり、見せてみて、と、言われる場面あり。だめじゃん・・・。)施術に。

ながーーーいのなんのって、脊椎の反射区が。もちろん、指も長い・・・。なんかこういう足を間近で見ると、オリンピックなんかで、がんばっている日本人の選手の方は、すごいな、と感じてしまう。肉体のハンディキャップを乗り越えて頑張って、そしてメダルとったりするんだから、影の努力のすごさを思い知らされる。

あ、話ずれた。

時間はかかったけど(ほぼ一時間)、とりあえず、無事に終了。感想はと言うと、「リラックスするには、とてもよいもの。」だそうです。

欧米式のリフレクソロジーの圧が弱いのは(台湾式に比べて)西洋人は痛みに弱いから、と言う話を聞くけど、台湾式だって、考案した方は、西洋人。だから、不思議だな、と思っていたけど、実際に西洋の方の足の施術を行うと、男性なんかは台湾式のほうが好まれるかもしれないな、と思った。
だって、いつもよりはかなり強めに押していたにもかかわらず、施術途中「more power」と言われたもんね。
(いや、これでもかなり頑張っているんですけど。なんていう英語力は、なかった。なので、これで充分なので。と返しておいた。まあ、その通りなんだけどね、実際。)

好転反応の説明もそれなりに無事に終わり、「ああ、これで、100歳まで生きられるね。(ニコ!)」と言われた時は、それは無理!と思いつつも、ちょっと、ホッとした。
本当は、後何回か受けてくれるといいのだけど。2回目3回目になると反応が変わってくるからね。

(実は好転反応の説明は、オランダ在住のリフレクソロジストmitcyさんに、アドバイスしてもらったの。mitcyさん、ありがとー。)

でもね、何度か会っている人だから、それほど緊張しなかったけど、これが初めての人だったら、緊張するだろうなあ。
ああ、world wideになるには、まだ、道は遠いわ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

念願の?

自慢じゃないけれど、リフレクソロジストとしては、結構いろいろな方に施術してきたほうだと思う。病院にもボランティアで通っていたし、身障者の施設でも、リフレクソロジストとして、働いていたし、それに、お年寄りは任せとけ!ってな感じ。(おばあちゃん、もう、93だもんね。)

でも、いまだに経験がないのが、外国人。(以前イギリスのリチャード君に施術予定だったけど、リチャード君の都合により、中止になってしまったので。)
で、以前モデルをお願いしていたけど、仕事の関係でいったん日本を離れていたのでそのままになっていたニュージーランドの方が、約束を果たすために施術を受けてくれるのだ。(おおおお、嬉しいぞーーーー!!!)

外国の方といえども、施術前のカウンセリングは欠かせない。細かいことは無理でも、過去の病歴や、現在慢性疾患等を抱えているか、ぐらいは、尋ねないと。
ということで、昨日から、英語でも聞けるように調べてます。(果たして通じるかは別。笑。)
既往歴はまだいいけど、好転反応どうする?というほど、調べてもよくわからない。こっちのほうが大事なのに、ちょっと焦っている。まあ、何かあったら、連絡してくれ、と伝えればいいと思うけど、大きな好転反応が出ないことを祈るばかり。

それにしても、足のサイズは、30センチぐらいらしい・・・・。
今までの経験では、28センチ止まり。
1時間はかかるのかな?
リチャード君は、小柄で、足のサイズも靴を見た限りでは、日本人とほぼ同じだったけど、この方は、なるほど、靴はいている足で蹴られたら、死ぬわ!ってな感じだもんねー。
どうなることやら・・・。
でも、楽しみ♪

施術の報告は、また後日~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妄想は現実に?

というほど大げさなものではないけれど、でも、自分が思っている通りになっているのは、事実。(おお、ということは、大金持ちも近いか?爆。)
最近なんとなく、ふと考えたことなんかが現実に起こるようになってきた。
妄想が現実を創っているのか、予感が強くなったのかは不明だけど、本当にふっと、頭をよぎったことが起こるから不思議。

あとは、一見あまりよくない出来事のように思えても、その後サプライズがあったりで、神様が全てはうまく行っているって、これで信じるか?って、言っているかのように。ことが上手に運ぶ。

ただ、自分の妄想といっても、相手があるものには、相手をコントロールするような妄想はうまくいかないかな?と思う。相手がある場合は、相手の選択を尊重したうえで、自分はどうしたいか?だけを考えると、結果として、それなりになる場合が多いと思う。

本当に妄想が現実を創っているのかは不明だけど、心配ごとばかりして、暗い顔をしているよりも、妄想しながら、ほくそ笑んでる自分のほうが好き。ただ、電車の中なんかでやると、気味悪がられるけどね。はは。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

恋ばな~

先日、ゲイの友達と4人で恋ばなで、盛り上がり、あっという間に時間が過ぎた。男といっても、心は乙女、ガールズ・トーク炸裂してました。笑。
と、これが本題ではなくて・・・。

先日受けたヒプノからのお話。
まあ、この歳まで、独身でいるわけなので、それなりに恋もしてきた。その中でも、やはり忘れがたい人はいるわけで、付き合っている時でも会わなければ一日が始まらない、ぐらいに思った人がいる。だから自分の中ではこれが本当の恋なんだ~、なんて思っていたけど、この間ヒプノを受けて、ちょっと考えが変わった。

この間のセッションでは、夫だった人をとても深く愛しているにもかかわらず、一緒にいる時が少なかった。旅をする人で、ほとんど家にいない。でも、彼が旅をすることを望んでいるなら、そうして欲しい、離れて暮らしても、心が離れていないなら、それで充分だから、と、そういう暮らしを受け入れていた。そういうことを思い出しているうちに、激しい感情はないけれど、穏やかな愛を感じていた自分に気がついて、なんて心が平和なんだろう、と、思った。色々な愛の形があるから、どれがよくて、どれが悪い、ということではないのだけど、今までの私は、激しく感情を掻き立てられることがその人に対する愛情の強さだと思っていたから、初めての感覚だったのだ。激しくないけど、深い愛。(←自分で書いていて、赤面するわ~。爆。)穏やかだけど、深い。

激しい恋は、感情を強く揺さぶられるけど、ある意味、エゴの強さなんだろうね。相手に執着する気持ちが強いというか。今回思い出したのは、相手に対して執着はなくて、ただ相手を受け入れている。だから心がすごく安定していた。一緒に人生を送るなら、そう感じられる人と送りたい、って思うほど。

あーー、こんなことに今更気がついたから、この歳まで、独身なんだ~、と、みょーに納得してしまった。はは。

ヒプノを受けると、セッションの後も、色々と思い出すことが多い。その時の感情やら、なんやらを。今回は、死に別れたのが本当につらかったのか、最後に会った時の顔を思い出すと、今の人生で起こったことのように、涙が出てくる。今世のその人は、殺しても、死なんだろう。ぐらいにぴんぴんしているのにね。不思議。(あ、今世では、ただの友達です。念のため。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々のヒプノセラピー

今日は久々にヒプノセラピーを受けてきた。(と言っても、いつのも長野さんですが。)
15年ほど前から、何度も受けているので、今回もきっと思い出せると思っていたけど、はあ~、初めて泣いた。(前世で夫だった人が旅先で死んだことを聞いて泣いたことを思い出したから。)前世の記憶は、感情レベルで記憶しているらしく、毎回怒ったり、悲しくなったりするのだけどね。前世のこととはいえ、泣くのは、ちょっと恥ずかしかったけど、どうしようもないぐらいに感情が揺さぶられるから仕方ない。

よく、前世を思い出すと、今抱えている問題が霧が消えてなくなるがごとくに思っている人がいるようだけど、そういうことが起こるというより、今抱えている感情の源がわかって納得する、と言ったほうがいいかもしれない。そして、原因がわかることで、その時の前世で抱えこんだ問題の解決の糸口(今の問題の多くは、今世に原因があることもあるけど、前世にあることが多い。)が、見えてくる、と言っていいと思う。
なので、飽くまでもその感情をどう扱うか?今抱えている問題をどう解決するか?は、やはり自分が決めることなので、前世を思い出したからといっても、どうするかは自分次第なのだ。

長野さんの場合、フォーカスしやすいように、誰か特定の人との前世を思い出させてくれることが多いので、今回もある人との前世を思い出したのだけど、今回は相手の人と何も約束をせずにきたので、これからその人との関係をどうするかは、今の自分次第、ということになると思う。前世がどうであれ、自分の人生を創るのはやっぱり自分だからね。

今回一番感じたことは、相手に自分の思いをきちんと伝えること、だった。それは、相手に何かしてほしいということを伝えるのではなくて、自分の思いをきちんと伝えて、そして、そのうえで相手がどうするかは、やはり相手の自由であるということを受け入れる、ということ。前世では、自分の感情を出さずに相手の好きなようにさせ過ぎていたみたいだから。あ、でも、決して、がまんしていたわけじゃなくてね。
日本人って(特に私の場合)、自分の思いを伝えるのが下手で、結構がまんして、爆発ーーー!というのが多いと思う。私はこんなに我慢しているのにーーーーー!とか、少々恩着せがましいというか。笑。だから、どうして今日本人に生まれたのかがよくわかるような気がする。苦手を克服するには、これくらいのハンデがあったほうがいいのだ。
うーーーん、最近外国の人と関わることが多くなったのは、そういうこと学ぶためかもしれない。(じゅっぱひとからげ←変換できない・・・orzには、いかないけど、外国の人は、単純に自分の思いを伝えることが上手な人が多いと思う。)

自分の要求を伝える、というのじゃなくて、自分の思いをただ伝える、が、いまからのミッションみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お陰様で

顔の怪我もあっという間に目立たなくなり、順調に回復しております。
不思議なことに、かさぶたなんかは、ほんとにすぐはがれて、土曜日に会った人に、月曜も会う機会があって、驚かれました。根性の回復なのか?はたまた、普段使っているクリームのせいか?どちらにしても、早くよくなってよかった。因みにクリームは手作り。アロエべラジェル、シアバター、オレンジバター(今お気に入りの香り~♪)ホホバオイル、ローマンカモミール配合です。

先回も書いたとおり、最近は、落ち込んだり、イライラしたりすることがもったいなくて、できなくなっている。かと言って、決して無理をしているわけではなく、そういう自分に気がつくと、アホくさ~、と思ってしまう。どう過ごそうが、時間は同じ、悩むことは、若者の特権。おばさんは、ひたすら残された時間を楽しむことにしているのだ。(もちろん、どっぷりと落ち込むという時間も楽しんでますよー。)

最近は、私どうしちゃったんだろう?というぐらいに、幸せで、もうすぐ死んじゃうんじゃないかと思うぐらい。爆。
ただ、この間、びっくりしたのが、己の身体。(そこかよ!)冬の間にまたしても、たるんたるん、ぶっくぶっく。いま南の島に誘われても、絶対行かない!2週間待ってもらう。(←かなり本気)
ということで、今週から、夏に向けて身体改造計画進行中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪我の功名?

ひどい顔ながら、無事に免疫学講座も終了。
楽しかったですとか、ここが一番いい講座をすると思いますとか、色々とお褒めの言葉を頂き、ひどい顔も忘れ、ニコニコ君。
それとなんとってもおもしろかったのが、炎症の4徴候の説明の時に、実際の私の顔の傷で説明したら、「先生の傷のお陰で、よくわかりました!」と言われたこと。
んーーー、人生無駄なことは何もないね。

今日は、養成講座、がんばってきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっちまった~orz

随分とご無沙汰しておりました。

あーーー、夕べ、十何年ぶり?というぐらいに酔っ払って、周りが止めるのも聞かず、自転車で帰って、見事にこけました・・・。
で、顔面強打、して、目の周りにあざができ、眼鏡も壊れた。
明日の免疫学講座は、ひどい顔で、がんばります!

最近これからの自分の人生を考えるときに、かなり妄想がひどくて(爆)自分でも笑えます。
例えば、どこかの外国に住んで、講座の時だけ名古屋に帰ってくるとか、マカオのお友達のところに行ったらついでにカジノに行って、そこでスロットで大当たりをして、家を建てる、とか。
急に思い立ってハンガリーに行ったり、誰か友達がバカンスしているところへ、出かけたりする、とか。もう、あほうの領域ですわ。笑。
ま、妄想するのはタダだから、これからもきっと続くのだろうね、私の妄想癖。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »