« スカイプ | トップページ | 宮崎 »

運命の出会い

(はは、タイトルのように運命的な出会いがあったわけではないけれど・・・残念!)

ここのところ英語の勉強をしていて思うこと。それは、半年前の私には想像もできなかった人々との出会いが沢山あったということ。
確かに今までも素敵な出会いを沢山経験してきたけど、でも、こんなに世界が広がるとは、思いもしなかった。
ハンガリーのお友達とは、ネット上とはいえ、好きな曲を披露し合ったり。(またハンガリーの人は、日本の歌が好き。この間はなんと、『帰ってきた酔っ払い』が、アップしてあったよー。)
私も好きな歌とかをアップするんだけど、色々な国の人がそれに対してlikeボタンを押してくれる。(facebookにはそういう機能が付いているんです。)
ホンジュラスの人とは、ゲームのプレゼントのやり取りをしたり。(お互いカタコト英語で)
イタリアで育ったアメリカ人の方には、英語の勉強をしていると言うと、「私もアメリカに帰った時大変だったけど、勉強というものは一生ついて回るもの、がんばってね。」と、励まされり。あと、時々、日本語でチャットしながら、他の人と同時に英語でチャットしたり。

ああ、人生はわからないね。

それで、ふと思ったのだけど、こうやって自分の世界が広がったのも、お正月にニュージーランドの人と出会ったのがきっかけ。なのに、誘ってくれたとき「どうして今日誘ってくれたの?」と聞いたら、「英語が話せると世界が広がるよ。あなたの仕事の可能性も広がるし。」と言われ、その時は、心の中で感謝するどころか、「一晩でしゃべれるようになったら、苦労せんわい!」ぐらいに思っていた、恩知らずな私。足向けて眠れません。今度感謝のメールを送っておくわ~。(あー、また英作文じゃ・・・)

まあ、その時彼は、それほど深い意味もなく言ったのだろうけど(本気だったら、メールか何かで英語を教えてあげよう、ぐらいは言ったはず。)今はその言葉には本当に感謝している。本人は自分が人の人生を変えた(大げさか?)なんて、きっと思っていないだろうけど、人ってあんがいそういうもんじゃないのかな、と、思う。
自分が知らないうちに人の人生に影響を与えている。改めて言葉にして感謝してもらうことは少ないかもしれないけど、誰にでもあることだと思う。

大昔も書いたと思うけど、映画の『すばらしき哉人生』でも、そういうことが描かれている。(主人公が自殺しようとしていた時に神様がもし、その人がいなかったら他の人の人生がどうなっていたか、ということを見せてくれる。で、最後はめでたし、めでたしの映画。モノクロね。)

運命の出会いって言うのは、映画の中の主人公に起こるような出会いじゃなくて、あんがい地味~な出会いなのかもしれない。

|

« スカイプ | トップページ | 宮崎 »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

英語が理解できると世界が広がるというのは、激しく同感です。

視野が広がる、という意味での世界が広がることもありますが、考え方も変わります(私の場合)。

別に英語でなくてもいいのですが、新しい第一歩を踏み出すと人生の可能性が広がって楽しいものですよね♪

投稿: mitchy | 2010年5月11日 (火) 22時44分

神さんの計らい

誰一人欠けてもこの世界は無いかと

全てが影響しあい 今がある 感謝でござる happy01

投稿: もんた | 2010年5月12日 (水) 00時13分

お返事遅れました。
mitchyさん、確かに。英語が特別という意味ではなくて、やはり自分の可能性を限定しない(?)ということなのだと思います。
この歳になって、自分の将来にワクワクしています。

投稿: miz | 2010年5月14日 (金) 14時53分

はーい、もんたさん、その通りですよね。みんな自分の存在価値を考え過ぎているんじゃないでしょうか。生まれてきただけでも、奇跡なのにね。(←わかったような口をきいてます。笑。)

投稿: miz | 2010年5月14日 (金) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/48332393

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の出会い:

« スカイプ | トップページ | 宮崎 »