« 久々に | トップページ | 解剖生理学講座「免疫について」 »

リフレクソロジーに関する記事

facebookのお陰で、自分の仕事の関する情報も得られるようになったということは前にも書いたけど、やっぱりそのFBつながりの方で、Mitchyさんとい方がいる。ご自分のブログに海外の文献の邦訳なども載せてくれているので、とても役に立つ。今回、リンクの承諾を頂いたので、ぜひ読んでみてくださいね。
CLINICAL REFLEXOLOGISTへのSTEPS!

まあ私なんかも、個人的には症例なんかをとっているわけだけど、日本では発表の場もなく、私のHPを見てくださった方ぐらいにしか目が届かないのが現状。それに、まだ日本では、単なるリラクゼーションか、悪ければクイックマッサージの部類に入ってしまっている。正しく行えばかなりの効果を上げることができるのに、それを知らずに行っているリフレクソロジストの方も多いのではないかと思う。また、リフレクソロジーもどきのフットマッサージを受けて、はははん、リフレクソロジーって、大したことないね、なーんて思った方も多いはず。(アメリカでも、フットマッサージと、リフレクソロジーを混同されているらしいけど。この間掲示板で、話題になっていました。)

とてもいいものなので、微力ながら、少しでも多くの人にそのよさや、色々な人が研究していることを知ってもらうのは、やはりリフレクソロジストの役目。英語の文献を訳して公開してくれているというのは、とてもありがたいことです。(私では、自分が読む分には、かなりわかるようになったけど←ほんまかいな?人様に訳してあげるには、まだほど遠いので。)

資格を取ったらそれでおしまい、というのではなくて、それからが本当の勉強の始まり。そのために少しは役立つことを願っています。

|

« 久々に | トップページ | 解剖生理学講座「免疫について」 »

「リフレクソロジーについて」カテゴリの記事

コメント

わし蕎麦屋だけど 調理師免許 営業許可 保健所の表彰状etc. 役に立たない

経験とやる気かな、毎日毎日 汁も蕎麦も出来は違います 気候や材料や気持ちなど 様々な要素で違います。

一応 全国組織の蕎麦組合はありまして勉強は出来ますが 30代以下の方々は組合を嫌う傾向が 利用すれば情報の宝庫なのですが。

ちなみに 家は三輪車操業 自転車より懸命に漕がないと にっちもさっちもですm(__)m

投稿: もんた | 2010年4月21日 (水) 17時19分

もんたさん、蕎麦屋さんなんですね。気候とか、季節によって、かなり違うんですね。
よく、勘が頼りとテレビなんかで見ますが、やっぱり経験が必要なんですね。
私も目指せ、職人ですから、形は違っても、同じ道を歩んでいるん様な気がします。

三輪車ですか?自転車はこぐのやめると、倒れるんですよ。笑。

投稿: miz | 2010年4月24日 (土) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/48134958

この記事へのトラックバック一覧です: リフレクソロジーに関する記事:

« 久々に | トップページ | 解剖生理学講座「免疫について」 »