« 解剖生理学講座「免疫について」 | トップページ | めんどくさい »

教えること

スクールで教えるたびに思うこと。特にワンデイや、ベーシックで思うことなんだけど。教えていると、とどまることがなくなるので、できれば養成講座に来て~、と思う。
自分の知っていること、経験したことを全て伝えたくなるので、時間が足りない。
もちろん、頂いている受講料も違うので、同じようには教えるわけにはいかないのだけどね。養成講座の受講生の方に失礼になるから。
あーー、でも、あれもこれも、と思ってしまうのは事実。トリートメントに関すること以外でも、なんだかんだと、話してしまう。先日の講座でも、瞑想の仕方とか、いろいろ。
トリートメントする側もリラックスしていないと、良い施術はできないので、その方法を教えることは大事なんだけど、ベーシックだと時間が足りない。養成講座は、呼吸法クラスがあるけど。
自慢じゃないけど、補完療法としてのリフレクソロジーを始めて早12年目。
その間に蓄積した経験は、できれば多くの人に伝えたい。
ま、私もまだまだ学ぶ余地はたくさんあるんだけどね。
明日も、講座頑張ります!

|

« 解剖生理学講座「免疫について」 | トップページ | めんどくさい »

「リフレクソロジーについて」カテゴリの記事

コメント

弟子じゃないけど 小数精鋭で若い方々をがっちり育て上げるのは? 2人育てれば2倍拡がるさhappy01
お金じゃなく お役目shine

投稿: もんた | 2010年4月24日 (土) 17時14分

うちのスクールの生徒さんは、ありがたいことに、がっちりと育ってくれていますよ。もちろん、弱小スクールですから、そういう意味でも少数精鋭?。笑。あ、でも、少人数制なのは、きっちりと教えることができるからです。
教えていて嬉しいのは、リフレクソロジーの種を沢山まけることです。

投稿: miz | 2010年4月24日 (土) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/48164967

この記事へのトラックバック一覧です: 教えること:

« 解剖生理学講座「免疫について」 | トップページ | めんどくさい »