« ゆったりとした時間 | トップページ | 足浴たらい »

ムッシュ・カステラの恋

ここのところ、映画熱が再燃している。映画館にも出かけているし、レンタルのゲオが100円レンタルしていることもあって、ほとんど毎日何か見ている。
(でも何故か、ゲオは韓流が沢山あって、そのせいか洋画が少なくなった気がする。)
まあ、100円なので今まで見損ねていた映画や何度か見た映画なんかを見ているのだが、とっても見たくなった『ムッシュ・カステラの恋』がなんと、なかったのだ!
えーーー!前、確かあったのに。
あー、見たいと思ったら、どうしても見たい!だって好きな映画なんだもん。
ということで、アマゾンでお買い上げしてしまった。(好きなら最初から買えよ~。)

この映画、フランス映画なのでところどころ意味不明の場面もあるのだが(フランス映画お約束)全体的にはとってもいい映画。
ただし、お子ちゃまには向かないかも?大人の映画だから。
それなりに歳をとっているからこそ、この映画のよさがわかると思う。

あらすじはそのまんま、カステラ氏の恋の話。
だけど、その恋をする過程でカステラ氏の人生が変わっていくのがとってもいい、こんな歳になってからでも変われるのだ、ということを教えてくれる。

それと、セザール賞の脚本賞を取っただけあって、セリフもシャレている。
例えば、ムッシュ・カステラがけがをするのだが手当てをしてもらっている時、「痛む?」と聞かれて「全然」と、答えるのだが、手当てをしている女の人は失恋したことを知っていて、「まだ、痛む?」と、傷を拭きながらまた聞くと、「ああ」と答える。(心の傷のことを言っているのがよくわかる)
その絶妙な間がとってもよい。

ムッシュ・カステラの初々しい恋と並行して、もうひとつの恋も語られるだけど、こちらは本当のおとなの恋という感じで、二つの恋の対比がこれまたいいのだ。

その他、人は内面は見かけだけでは分からないもの、ということも色々と教えてくれる映画。人は人のことを分かっているようでわかっていない、いかに人は思い込みだけで人と接しているのかも教えてくれる。

丁度『アメリ』が公開されたときぐらいの映画なので少し前の映画だけど、もし機会があれば、見てみてくださいね。

ムッシュ・カステラの恋

あー、最近セラピストネタ書いてません・・・orz

|

« ゆったりとした時間 | トップページ | 足浴たらい »

「好きな映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/46371272

この記事へのトラックバック一覧です: ムッシュ・カステラの恋:

« ゆったりとした時間 | トップページ | 足浴たらい »