« 手紙 | トップページ | つぼと反射区は違うもの »

地に足をつける

相も変わらず、仕事の合間にやれ本だ、映画だと現実逃避のような生活を送っておりますが、あーなんだか飽きてきた。(←勝手だー。)
まあ、現実逃避といっても、見た映画や読んだ本には今の自分の人生に必要なメッセージが含まれていることが多くて、見てよかった、読んでよかった、ということのほうが多いのだが。
(というよりも、理屈抜きに読みたい、見たい、というのもからメッセージをもらうことがある、と言い換えたほうがぴったりとくるかも。映画も本も人と同じく出会いだから。)

私の場合はこういう風に、現実逃避としっかりとした現実の中で生きていく、という時期が交互に来て(期間はばらばらだけど)現実逃避と言いながら、その逃避が現実の中に活かされることが多い。(現実というか、生活かな?)

本当はそういったことは、普段から適当にミックスされているほうがいいかもしれないけれど、私の場合不器用なのか、時期がはっきりと分かれる。

現実逃避していていいのか?と時々不安になるけれど、そういうときに仕事や生活のことをじっくりとは考えられないのだ。それにそういう時はそれらのことはうまくいかない。

本能のままに生きていると言えば聞こえは悪いかもしれないけれど、「せねばならぬ」「するべき」と考えている時よりも、心のままに従うほうがうまくいっていないと思っていても結果良い方向に向かっていることのほうが断然多いから。

それでもって、最近ガツガツと本や映画を読み、見、していたけど、冒頭に書いたように飽きてきた。
そう思いながら、昨日の朝庭を見ると台風で少し荒れている、それを見た時、「あー庭仕事したい!」と、思った。
庭仕事は地に足をつけるのにはよい。今日はお天気も良いし、暑くもない。庭仕事にはいい日和。
そろそろ現実逃避から目覚めて、地に足をつける時期が来たようだ。

それに、妊娠力UPのための症例もまとめなきゃ。
お陰様でよい結果となりました。
また新たに募集中です。興味のある方はこちら。
妊娠力UPのためのモニター募集

|

« 手紙 | トップページ | つぼと反射区は違うもの »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/46436993

この記事へのトラックバック一覧です: 地に足をつける:

« 手紙 | トップページ | つぼと反射区は違うもの »