« パンスト | トップページ | 連休中は »

相手を慮ること

よく、相手にしてほしいことは自分から相手に行うとよい、と言われるけど、その通りだなと、思う。
ただ、問題は、自分が相手にそうしているつもりになっていること。
実際はつもりだけで、何にもしていなかったりするのに。
その上、無意識に相手に要求をしていることすらある。
「私はこれこれしてあげているのに」なんて。(あくまでも無意識の中で)

この間、そういうつもりになって(相手を思いやっているつもりになって)いたのだが、ふと気がついたら相手に要求してばかりいる自分に気がついたのだ。
「私を慮る気持ちはないのか?」なんて思っていたけど、実は私のほうが相手を慮っていなかった事に気がついたのである。
きっかけは、相手に対して感謝の気持ちが足らないなあ、なんて感じた時。
感謝の気持ちよりも要求を満たしてくれないことばかりに気を取られていたことにはっと、した。いかに自分は傲慢だったのか。

自分の要求を満たしてくれたから、感謝する、というのではなくて、感謝の気持ちがあれば、相手が差し出してくれたものを、ただ、ありがたく受け取れるのではないだろうか。(自分でも書いていてよくわからんが。笑。)

相手にしてほしいということを自分も相手に行うというよりも、相手に対する不満は実は自分の相手に対しての足らないところなんだな、と、思った。

相手のことを慮り、感謝することは、実は自分がいい気分になれる近道なんだよね。きっと。
気がついてからは、いい気分♪だから。

|

« パンスト | トップページ | 連休中は »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/46249457

この記事へのトラックバック一覧です: 相手を慮ること:

« パンスト | トップページ | 連休中は »