« わーい♪ | トップページ | 何やってんだか »

近所のカレー屋さん

この間以前仕事で色々とお世話になった方と食事に出かけたのだけど(お久しぶりシリーズが不思議と続く)待ち合わせは東急ホテルのラウンジ(こんな場所に出かけるのも久しぶり)。
「何か飲みますか?」の言葉にメニューを開けてびっくり!
「た、高い・・・」
相手の方もビールを飲んでいらしたので、私も飲んだことのないギネスの樽生のハーフというのを頂いたのだけど、喫茶店のお水の入っているグラスぐらいの大きさでなんと、760円!(おいしかったけど、もう飲むこともないだろうな・・・自分では。)
だってね、ふと、思ったのだけど、これだけのお金があればうちの近所でおいしいカレーのランチが頂けて、その上おつりがくるもん。(本日のランチは700円。日本も格差社会なのね~。)

そして、次の日、このふと、思ったことがきっかけか、この近所のインドカレーが無性に食べたくなりお持ち帰りしに出かけた。
この近所のカレー屋さん店構えは以前のお店をそのままに使っているので内装は居酒屋さんなのだけど(思いっきりインドの飾りつけはしてあるのだが)カレーが私好み。
それと、お店の人が何ともいえず好きなのだ。

初めて入った時、まずは威勢のいい声で「はい、いらっしゃいませ~」「はい、いらっしゃいませ~」「はい、いらっしゃいませ~」の3連発。
思わず、ここはすし屋か?と思ったぐらい。
ランチカレーを頼むと、食後の飲み物は?と聞かれたけど、お断りした(百円なのだけど家が近いから)。
そして、しばらくすると何故か「サービスです♪」と、マンゴージュースが出てきた。
これがこのお店の七不思議。
その後も何回かこのお店に行ったけど、マンゴージュースが出てこなかったのは1回だけ、食後の飲み物100円はどうなっとるんじゃ?状態なのだ。

そして、必ずと言っていいほど、カレーを食べていいる最中に「おいしい?」と、聞かれる。そして、また、必ずと言っていいほど、会計の時に「このチラシ持ってくると次回は飲み物サービスになるから♪」と、チラシをくれる。
あげくに必ずスタンプカードをくれる。
お家にあるからと言っても(毎回忘れる)、「大丈夫、今度来た時合わせればいいから♪たまると500円分になるからね~。」と、インドなまりの不思議なイントネーションの日本語をしゃべりながら新しいのをくれるのだ。

カレーもおいしいのだけど、このおじさんがなんだか好きで出かけてしまうカレー屋さん。樽生ギネスもおいしかったけど、私はここの700円ランチのほうが好き。
おいしくって、おなかがいっぱいになって、そして少し笑えて、幸せな気分になれる。

アカース 中区千代田にあります。




|

« わーい♪ | トップページ | 何やってんだか »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/45857383

この記事へのトラックバック一覧です: 近所のカレー屋さん:

« わーい♪ | トップページ | 何やってんだか »