« 前世は宇宙人 | トップページ | ケーススタディで »

褒められた

褒められた、といっても、びみょーーーな気分(いい意味なんだけど)
というのは、自分の身体で一番嫌いというか、変えてほしいところを褒められたから。
実は、二の腕から、わきの下にかけてどうやっても取れない「たぷたぷ」がある。
バレエを必死にやっていた体脂肪16%ぐらいの時ですら、他の部分に比べるとたぷたぷしていた。(泣)それに、腋窩というぐらいなのに、私のわきの下は、くぼまない・・・。(号泣)
でもこの間、「きれいですよねー。わきの下。」って。バレエの生徒さんに。
確かに肩のラインは、自慢じゃないけど一応、バレエか何かやってます?って、感じなんだけど。

うーーーん、自分のウィークポイントも人から見れば、素敵に見えるのね。ちょっぴり、自分のわきの下を見直そう。

それに、たぷたぷだろうが、くぼんでなかろうが、大事な自分の身体。
なきゃ、困るし、ありがたいことに、仕事だけは一人前にしてくれる。

心の癖には寛大になろうと常日頃から思っているけれど、身体にも寛大にならねば。ウィークポイント(それも自分が嫌だと思い込んでいる)も大事な個性だからね。

それに触る分には、気持ちいいし。(笑)

|

« 前世は宇宙人 | トップページ | ケーススタディで »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

>それに触る分には、気持ちいいし。(笑)
その通り! 私は人から「あんた触ると小骨が刺さる」とよく言われてました。トホホ・・・

投稿: コッチ | 2009年7月12日 (日) 19時47分

こっちさん、小骨!ちょっと笑える。(ごめんね)筋肉質でいい身体していると思いますよ~。

投稿: mizu | 2009年7月13日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/45563312

この記事へのトラックバック一覧です: 褒められた:

« 前世は宇宙人 | トップページ | ケーススタディで »