« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

いい気分

ここのところ、今イチのお天気(寒くて風が強い!)だけど、お日さまはやはり、初夏の兆し。そのせいか、頭の中では相変わらずMariachi's Serenadeが、ぐるぐるしてます。(笑)

夕べも仕事の帰り道、頭の中で(口ずさんでいたかも?)ぐるぐるしながら、いい気分。
そこでふと思った。
生きる目的って、いい気分になることなんじゃないか!?って。

その流れで、自転車こぎながら、いろいろと感じてみたら、以外にも私の中での人生の成功って、お金を稼ぐことだった。(自分でもびっくりした!)

やはり心の中には、仕事に成功する=お金を稼ぐが、根強くあるみたいで、昨日はそれがはっきりとわかった。

確かに、仕事がうまくいけば、お金も入ってくるわけで、仕事の成功=お金、ではあるのだけど、それとは別のお金を稼がなくてはいけない、という思い。
普段は、自分のことをだめだな、なんて思っている自覚はないのだけど。でも、どこかで感じている思い。

最近教えることのほうが多いのだけど、教えているときって、とっても楽しんだよね。

受講生さんが、リフレクソロジーを学んでいろいろと感じたことを伝えてくれたときとかも、ああ、この仕事をしていてよかったなと思う。そして、そういう時は講師料が安かろうが(爆)月末が近かろうが、今のような(Serenadeがぐるぐるしているときのような)いい気分なのだ。
なのに、どこかで感じているこのお金の基準が邪魔をして、時々、これでいいのか?という不安に襲われて、いい気分を台無しにする。(かといっても、お金の損得勘定でする仕事がうまくいったためしがないのだけど。笑。)

と、つらつら考えながらお家に着いたころには、「やっぱりいい気分で生きていきたい。
自分で自分のいい気分に水を差すようなことは、やめよう。だって、いい気分なんだもん、それで、いいじゃん。イィーーーんだよ~。」
となった。

それに、実は、今日でこの仕事の開業届から、満10年!
なんだかんだと、続けてこられたわけなんだもんね。

明日は恐怖(?)の月末だけど、いい気分で乗り越えるぞ!

・・・10周年のキャンペーンを予定しています。過去に定期的に通ってくださったお客様には、昨日ご案内のはがきを発送させていただきました。
転居されている方で、「私お身体改善コース受けていました。」「何度も通っていました。」という方は、ご連絡くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mariachi's Serenade

先日書いた「雲の中ので散歩」のセレナーデ

Mariachi's Serenade(映画のネタばれあります)

ネタばれしないほうは、こちらMariachi's Serenade

しばしロマンチックな気分にお浸りください・・・・。

(好みがあるけどね。)

ちょっと笑えるおじさまバージョンAmor, si me llamas amor
多分映画に合わせて歌っていると思います。
誰かのために練習しているのでしょうか・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲の中で散歩

かなーり前にも書いたことがあるけれど、好きな映画。
先日、思い出して、DVDを久しぶりに見た。この映画の好きな理由は観終わった後、いい気分になれるところ。
雲の中で散歩
キアヌ・リーブスが主人公。
簡単に言ってしまうと、戦後すぐのラブ・ストリー。舞台は、サンフランシスコ郊外のナパ・バレー(ワイン好きの方ならピンときた?)ナパのブドウ畑が素晴らしい。(雲の中で散歩というタイトルは、このナパのブドウ畑が『ラス・ヌベス』(雲という意味のスペイン語)と呼ばれているから。)

妊娠しているのに恋人に捨てられて途方に暮れている女性の結婚相手の振りをすることから始まる話なのだけど、この女性のお父さんの頑固親父ぶりが素晴らしい。
でも、もっと、素晴らしい(というか、私が好きなのは)のは、この女性のおじいさん。
イタリアの名優アンソニー・クインが演じているのだが、すっとぼけたようないい味を出している。

「道」の時のアンソニー・クインは、怪演(?)ながらも、濃すぎて私にはちょっと、無理です、状態だったけど(その分ジェルソミーナの無垢さが伝わってきたのだけどね。)この映画だと灰汁が抜けておいしく熟成しました、感があって、なんともいえない。
(ショーン・コネリーも、007の時は、「濃い!」って、感じで、ムンムン過ぎたけど、今はいい感じだしな~。)

話が思いっきり脱線。

夢見る乙女と言われても(どこが乙女じゃ!)しょうがないけれど、一番好きな場面は、窓の下で唄うセレナーデ(といっても、かなりやかましい)
メキシコのおじちゃんたちのギターの伴奏でキアヌが唄う。

♪アモ~~ル♪

この映画を観終わった後眠ると、頭の中でセレナーデがグルグルする。元乙女のおばちゃんは、この唄を自分のために唄ってくれていると脳内変換して、にやけながら、眠るのだ。(実はこれば一番好きかも?笑。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面白いな、と思ったこと

本当はいけないことなんだけど・・・。
2,3日前の朝、おばあちゃんのところに捨ててないゴミがあることに気がついた。
同じ通りに面していても、おばあちゃん側と私の家側とではゴミの収集時間が違う。私のところのほうが遅い。
なので、私のところで捨てればいいと思って帰ってくると、その日に限って、すでに終了していた。(12時近い時もあるのに。)

一緒にいた姉が、お向かいのマンションのゴミ捨て場に「ごめんなさいしてきたら」というので、悪いとは思いながら、捨てさせてもらうことに。と、同時に
「そこはだめだよ!」と、車から声がする。それも結構なお怒りの声で。
「ひぇーーー」と思いながら、「すいません!」と、拾い上げ、家に持ち帰った。

確かに、マンションは管理人さんがゴミ捨て場の清掃をしたり、分別していないゴミの後始末などをしているから、部外者が捨てるなんてよくないことなんだけどね。
でも、まあ、ちゃんとしたゴミなら、そう怒らなくてね~、と、思っていたら姉が
「おじさんは自分だけが完璧だと思っているのかしら?」と。

そこで、よくよく考えたら、そのおじさん、きっとそのマンションにお住まいの人だろうけど、車を止めていたのは、なんと歩道。
おじさんそれって・・・・おじさんもだめじゃん。

でも、私もこのおじさんと同じことをよくしているんだろうな、と思った。
自分のことを省みず、人に対して批判する。

久しぶりに思い出した
「罪なき者だけが、石を投げよ。」

思い出さしてくれたおじさん、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青の洞窟&ドラゴン・アンダギ

青の洞窟の写真が出来上がってきたので、人の迷惑かえりみず(むかーし流行ったな、こんな言い回し)UP。
Img003 青の洞窟内


Img007 青の洞窟入り口


Img005 沖縄真栄田岬の海


Img006 (私、姉、甥)水中メガネのせいか、目がつりあがっている怪しい一行

デジカメで撮るともっと青がきれいに映るらしいのだけど、これでも十分きれいです。でも、実際はもっときれい。

これから沖縄旅行を計画している方はぜひ、トライしてみてください。泳げなくても大丈夫だし、ビーチ(と言っても、崖下)が不安な方は少し高くなるけど、船から、というツアーもあるようですからね。

青の洞窟はこれぐらいにして・・・

先回の沖縄旅行で買ってきたらとてもおいしかったもの。
おんなの駅なかゆくい市場 の、ドラゴン・アンダギ(別にドラゴンの形をしているわけでもなく、ドラゴンの好物でもなく、ドラゴンフルーツの入ったサーターアンダーギー)

090421_121001 二つに割ったとこ。かすかに見える黒い粒粒がドラゴンフルーツの種で、レッドドラゴンを使っているから、ほのかなピンク色。わかるかな~?

市場の外にはサンターアンダーギーで有名な三ツ矢本舗 さん(こちらも揚げたてで、外はカリっと、中はしっとりでおいしいです。)もあるけれど、これは市場の中のお弁当や、お惣菜を売っているコーナーにあります。
きっと、(たぶん)ここだけで売っていると思うので、こちらもぜひどうぞ。
一袋10個入りで、550円でした。
ドラゴンの酸味がかすかにして、粒粒種がいいアクセントになっています。
姪は5個続けて食べてしまいました。(デブになる~と言いながら)

さて、さて、楽しかった旅行モードはお・わ・り。
今週からは仕事モードでがんばりますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふと、気がついたこと

今朝ふと気がついたこと。

私の周りはおばあちゃんに始まって働きものが多いせいか、自分のことを怠け者だな~、と感じることが多い。
今朝もおばあちゃんの所から帰ってきてから、玄関まわりの掃除(アイビーがこの暖かさで伸び放題なので)、庭の草取りをしたのだけど、ちゃっちゃとしたら、30分ほどで終わった、そして
「ああ、こんなにすぐ済んでしまうのに、今まで私は何をしていたのかしら?メールチェックのついでと言いながら、あれやこれやついついネットサーフィンしてしまっていたからなのね、だめじゃん、私って。」
て、思った。

そこで、ふと、思ったのだけど
自分のありのままを受け入れ、自分を肯定しようとしているつもりでいても、無意識のうちに何度自分を否定していることか。
ほんの些細なことなんだけど、こう一日に何度も感じてしまうと、強力。
ときどき思い出したように、「自分を受け入れます。」なんて、言ってみても、運動と同じ、日々が大事なのにね。

特に最近は、自分のことをダメじゃん、と思うことが多くなっている気がする。
念仏のように、唱えなくっちゃね。
「私はこれでいいの。大丈夫。ボケたんと過ごすのはいい気分。果報は寝て待て。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れ、晴れ、雨

沖縄から帰ってきました。
沖縄の天気は、タイトルどおり。
おかげさまでよい旅行となりました。

着いた日は、おばあちゃんのご希望どおり、ひめゆりの塔へ。
改めて、平和な時代に生まれたことを感謝した・・・。

090415_184001


携帯で撮ったので、イマイチだけど、ホテルのビーチからの夕日。

でも今回の旅で、一番良かったのは、青の洞窟へのシュノーケリング。青の洞窟「アイランド倶楽部」 ←ここでお世話になりました。

シュノーケルは人生2度目。最初はなんと、23年前のモルディブで。(案内の方に、シュノーケルの経験はありますか?と聞かれ、答えたとき、自分の歳を自覚した・・・)
モルディブは、すごーーーく遠浅のビーチでプカプカしていただけなので、今回のように水深10メートルぐらいの所を浮かんで行くのは初めて。青の洞窟よりも、その水深10メートルのところが一番感動した。

なんだかね、お空を飛んでいるような感じがしてね。ダイビングにはまる人の気持ちがよっく分かりました。(きっと私にはダイビングは無理だけど)

水中カメラを借りたので現像が終わったら(良い写真があればだけど)またUPしますね。(いらねーか)

最後の日は、雨だったけど、晴れているときに行きたい所は行ってしまった後だったので何の問題もなくてラッキー。だけどちょっと寒かったですよ~、沖縄でも。

で、最終日のお楽しみは先回行けなかった『パーラー千里』

ここはキングタコスというお店の一号店で、沖縄の金武町(きんちょう)にあります。
米軍のキャンプハンセンのゲート前にあって、周りは昭和を感じさせてくれる、ちょっと怪しい感じのお店がいっぱい。(お店の方御免なさい!)
と言っても、このお店が一番怪しいのだけどね。
(というのも、店内はスナックをそのまま使っているし、外からはお店の中が見えない。
知らなかったら、絶対入ろうとしないようなお店。)

あ、何のお店か書いてない!
ご存知の方もいるかもしれませんが、ここは『タコライス』発祥のお店。
1980年代の円高の時期に米軍の方たちのお客様が減ったので、もともと売っていたタコスを安くてボリュームあるものにしようと考えたのが、このタコライス。
タコスの皮(トルティーヤ)の代わりにご飯を使ってみたらおいしかった、ということらしい。

そしてボリュームが半端じゃない。
画像は姪が携帯で撮っただけなので、私は持っていないのだけど、こちらの方の写真を見るとよくわかると思う。(お店がいっぱいだったので、私たちもテイクアウトで食べた)タコライス、テイクアウトバージョン (これは、タコライスチーズ野菜)

これで、600円です。タコライスと、注文すると、ご飯の上にタコミートが乗っているだけだけど、400円。

このパック、夜店で焼きそばなんかを買うと入ってくるやつ。
このボリュームなので、食べるときは入れてくれたビニールの袋から出しては食べられない。それに、何といっても、お、重い!

5人で分けても大丈夫。結局買ったのは、これと、タコス(四個で、500円)こんな感じ
(一番下の右側。)それから、買う時に作っているのを見て思わず笑った、ジャンボチーズバーガー(勝手に人様のブログを載せますがこんな感じ ジャンボチーズバーガー (ブログの真ん中ぐらいに載っています。)これで、350円。実際に見てみるとほんとに笑える大きさ。
直径15センチはあるかな?厚みも作っているときは、レタスをこれでもか!と入れるため高さも(もう厚さと言うより、高さ)15センチぐらい。

このためテイクアウトの時は半分に切って、透明なビニール袋に入れてくれます。でもこの半分でもおなかが空いていないと完食は無理。だって、チーズがスライスじゃなくて、チェダーのクラッシュが、厚さ2センチぐらいはさまっているから。(普通に買ったらこのチーズ代だけで350円はかかりそう)

これから沖縄に行かれる方はぜひ一度立ち寄ってみてください。
このパーラー千里は金武町(キングターコスというお店もそばにあるけど、同じ経営者)なので、車がないと行くのは大変かもしれないけど、他にも店舗があるそうです。キングタコスで検索

間違っても、ジャンボチーズバーガーと、フライドポテトを一人で頼まないように。
ポテトだけでもかなりの量です。
あと、チキンバラバラをおいしいそうですよ、揚げたてで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日からお休みです

誠に、勝手ながら、明日から、3日間お休みをいただきます。
15日(水)16日(木)17日(金)

また、また、おばあちゃんを沖縄に連れて行くのだけど、今度は姉が一緒に行くので、先回よりは心強い。
だけど、この姉とその長女(私からいうと姪ですが)完璧な雨女。
雨雲が二人を追ってくる?というぐらい、豪雨にたたられます。(二人が外にいるときだけ雨が降ることもあるぐらい。)
ということで、2,3日前の週間予報では、見事に3日間とも雨マーク付き。
おばあちゃんは、少しお怒り気味になるぐらいの天気予報。

私とおばあちゃんはどちらかというと、晴れ女。
「二人の気合いで天気を変えてやるーーー!」と、叫んだところ、今日見事に3日間とも傘マーク消えました。(笑)

今朝は、一緒に行く姪が、時々視野が横ぶれするというので心配になり、名大の脳神経外科に行ってきた。(眼科は異状なしだったので)

午前中の診察も終わり近くだったので、先生も疲れていたのかもしれないし、私の受け止め方の問題かもしれないけど、診察の合間に時折入る笑い方が「あらあら、こんなことぐらいで、来ちゃったの?」ってな感じ。

簡単な問診と触診で、脳神経的に何らか問題がある可能性はとても低いということだったので、よかったのだけど、この笑い方が私の「むっ」のつぼに入った。

MRIを撮るかと聞かれても、先生の様子は、やはり、笑っている。(なんだか、しょうがないな~って、感じで。)
まあ、大事に至ることはないってことだからいいのだけど、こちらとしては心配だから来ているんだよ~。センセ。
安心のためにも診察を、っていうじゃないよ~。

診察後、姪にそのことを言うと
「ええ!私は気にならなかったよ。そんなこと、受け流さないと、自分が疲れるよ~」と、あっさりと言われてしまった・・・・。
叔母さん、ちょっと、しょぼ~ん。(姪のほうが大人じゃ)

ま、先生にしてみれば、何人もの患者さんを診るわけだから、しょうがないよね。患者さんの中にもいろいろな人がいるだろうしね。(前の患者さんが変な人だったかもしれないし。←チョー勝手な考え。)

一番良かったことは、様子見でいいと言われたとこなんだからさ。

よく考えれば、人にはわからない事情が、ある。
私でも時々変な電話がかかってきた後すぐにまた電話があると、声が不機嫌のままだったりする。それは、その人のせいじゃないのに、その人は自分が何かしたかしら?と思うかもしれない。
そういうことって、いっぱいあるのに、いざ自分の時となると、何か自分がしたかしら?と思ってしまう。まるで、世間の人たちの不機嫌はすべて自分の責任みたいに感じたり。(←すっごく大げさです。)
些細な関わりだけで、相手もすべてがわかるわけでもないからね。

名古屋大学、脳神経外科が、何か私のコンプレックス刺激したかしらん?
と、おこちゃまな叔母さんは、ちょっと、考えてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

What a wanderful day!

「あなたでも落ち込むことあるの?」と、言われたことのある私でも、やはり、落ち込むことはある。
久しぶりに昨日、落ち込んだ・・・orz
特別に何かあったわけではないけれど、年に何度かは、「これでいいのか?」の自分の問いに「いーんだよぉ~」じゃなく→「だめなんだよぉ~」になる。

ま、普段隠れている自分の心が、「こんにちは!」するだけなんだけどね。

落ち込みついでに、何年かぶりに宅配ピザを頼んで(8年ぶりぐらいかな?)やけピザ食い。

朝、まだ空かないおなかを抱え、おばあちゃんのところに出かけながら空を見て、風を感じたら、一気に

「落ち込んでいられるかっ!」

に、へーーんしん!

ほんと、こんないい日を楽しまなくっちゃね。
悩むのも、落ち込むのも、若者の特権。
悩んでも、落ち込んでも何も解決せず、素晴らし春の日を台無しにするだけ、と気がつくのには、若い時の悩みまくり、落ち込みまくりが必要だったけど、今は必要ない。
落ち込んでもサッサと立ち上がり、春の日差しを楽しむのは、おばはんの特権!とばかりに、今日を楽しもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンド・リフレクソロジーセルフケア講座

夏に向けて、毎朝おなかすっきり!ということで(冬もおなかすっきりに越したことはないですが。)ハンド・リフレクソロジーセルフケア講座を開きます。

日時:5月16日(土)10:00~12:30
参加費:5000円
定員:6名

自分でできるハンドリフレクソロジーは意外とすぐれもの。
リフレクソロジーは特に消化器系に働きかけることに効果を発揮します。
これを機会に、ぜひ、参加して下さいね。

*リフレクソロジーは全身に働きかけることで、いろいろな体の不調を整えるものです。
対症療法ではありませんので、便秘等以外のお体の調子を整えたい方でも、参加はもちろん、大歓迎です。

詳しくはこちら
ホームケア講座

その他、現在募集中の講座

養成講座4月

ベーシックコース4月

インド式ヘッドマッサージホームケア講座

ベビーマッサージ指導者講習&親子教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーゴッド(長編です。映画じゃなくて、私の文が)

昨日は、カルチャースクールで教えた生徒さんがトリートメントを受けに来てくれた。
嬉しいことに、ご家族の方やお友達にトリートメントを行って、とても喜んでもらっているらしい。

この仕事を始めて早10年。スクールを開いてから、5年。順調に、というよりは、なんとか、というほうがぴったりの状況だけど、おかげさまで続いている。

成功という定義をお金を稼ぐ、ということにした場合、まだまだ成功にはほど遠いけど、自分の好きなことをして、そして、昨日のような嬉しい話を聞かせてもらえる、ということだとしたら、大成功と言っていいと思う。

とか何とか書いているのだけど、実際にはやっぱり自立のためにはお金は欠かせないからね~、時々は、へこむ。

そいでもって、また、こういう嬉しくなるような話を聞かせてもらえると、ああ、幸せだな~、なんて、思うのだ。(単純なので。笑。)

まあ、そんなこんなで、昨日の夜は、なんだか嬉しい気分になり、おばあちゃんのところで、タケノコご飯とあなごのてんぷらを作って食べて、幸せ気分になって家へ帰ったら眠くてしょうがない。
だけど、まだ8時過ぎ、寝てはなるものかと、がんばって起きていたつもりだったのだが、いつの間にか眠ってしまっていた。(ホカホカカーペットの上で、丸くなっていた。猫のように・・・)

2時過ぎに起きてしまったので、映画でも見るかと見たのがオーゴッド (ニコニコに行きます。)

1977年の映画だから古い。今の映画と違って、テンポも悪くて、コメディと書いてある割には笑えない。

それでも、まあ、乗り掛かった船(引用を間違えている?)とばかりに最後まで見たのだが、これが実にいい映画だった。(この後ネタばれてんこ盛りです。毎度。)

その名の通り、神様が出てくるのだけど、その姿は小柄なおじちゃん。今から釣りに行く?ってな、格好の。その神様が、世界で一番目ではないけれど、善人な主人公の前に現われて自分のメッセージを伝える、という話。

映画の中で、神様がどうしてこの人を選んだかということがなんとなくわかるようなエピソードがあって、(もちろん、前振りにいかに、この人が如何にいい人か、という話も盛り込まれているのだけど)そこがよかった。

主人公が車の中で「あなたが神様だなんて信じられない。本当に神様なら、天気を変えてくれ。」、という場面がある。すると、神様は「おお、大スぺクタルか。雷とか地震とかがいいか?」と答える。「他の人に迷惑だから、雨でいい。」と、主人公が言うと、車の中だけ雨が降ってくる。「どうして車の中だけ?」と、聞くと、「他の人に迷惑がかかるから」と神様。そして、主人公もにっこり。(その後も車が壊れていないのも神様だから?)

この地味な善人さがいいな、と思った。誰に気が付かれるわけでもないのにね。

それと、この映画、『ブルース・オールマイティ』(ジム・キャリーのね)のような派手さはないのだけど、神様が語る言葉がなんと、『神との対話』(ニール・ドナルド・ウォルシュ著)そのもの。

ここに書くと大変な量になるので、細かくは書かないけれど、印象に残ったのは「もっと、森羅万象を楽しみなさい。」(うろ覚えだけど)と、「選ぶのは自分。必要な道具はすべて与えてあるから。」「私は信じて見守っているだけ。」「大丈夫、私はいつも見ている」

そして、アメリカ映画にしてはめずらしく、主人公は最後には職場を首になるのだけど、終わり方が逆にこの映画のメッセージをよく表しているいい場面だったと思う。

それとね。きっと、昔の映画の宣伝の仕方の一種だと思うのだけど、エンディングが、ユーミンの『やさしさに包まれたなら』だった。
(昔は、洋画でも映画とタイアップして、日本の曲がキャンペーンソングのように使われていたことがよくあった。)

そのユーミンの曲が映画とよく合っていて、エンディングにはとても合っていた。
不覚にもちょっぴり泣いてしまった。

ま、ついでに、UPすると

『やさしさに包まれたなら』

小さい頃は、神様がいて
不思議に夢をかなえてくれた
やさしい気持ちで目覚めた朝は
大人になっても奇跡は起こるよ

カーテンを開いて静かな木漏れ陽の
やさしさに包まれたなら きっと
目に映るすべてのことはメッセージ

小さい頃は神様がいて
毎日愛を届けてくれた
心の奥にしまい忘れた
大きな箱開くときは今

雨上がりの庭でくちなしの香りの
やさしさに包まれたならきっと
目に映るすべてのことはメッセージ

1974年 荒井由実

やさしさに包まれたなら

ついでにyoutubeも。

雨降りは、どうすんねん?

雪はどうすんねん?

という突っ込みは、なしということで。笑。

おまけ・・・昔、不二家のソフトエクレアのCMに使われてた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冷蔵庫

今週はゆっくりとできると思っていたら、おばあちゃんの家の冷蔵庫が、末期状態に。
先週あたりから、おかしいな(物が早く悪くなる&ビールがぬるい)という感じはしていたのだけど。

姉が忙しいので、私がおばあちゃんを連れて電気屋さんにGO。

今の冷蔵庫って、大きいのが多い。
私が子供のころは、今の冷蔵庫の半分ぐらいで、一家を賄っていたのにね。
まあ、そのころは、アイスもジュースも贅沢品だったけど。

おばあちゃんの家はそんなに大きいのはいらないし、瞬間冷凍もいらないので、普通の3ドアを購入。
それにしても、10年前よりも値段が安いってのはどういうわけじゃ?
デフレ?

ということで、今から配達されるので、お手伝いに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »