« 叔母さんの密かな喜び | トップページ | インド式ヘッドマッサージホームケア講座 »

料理は愛情と言うけれど

おばあちゃんのところに毎朝行くようになってもうすぐ3年。
「おばあちゃんを大事にしてあげてるね。」とか、「毎日えらいね。」とか、お褒めに預かっているのも事実だけど、やっぱり私も人の子、時々辛くなることがある。

最近の仕事のパターンは、講座や予約に忙しい週と、予約の合間を縫って、ダラダラ過ごしながらも事務仕事なんかを済ませている週と、かわりばんこになっている。
忙しい週は夜遅くなることが多いのでほとんど帰宅は10時ごろ。したがって眠るのも遅くなる。(時間に余裕のある週はほとんど寝ている時間だーー。)
なので、朝もう少し・・・眠っていたい・・と、思うときがあるのだが、習慣で、起きてしまう。
まあ、そういう時はお昼寝で挽回!するのだが、この間はお昼寝できずに久しぶりに夕方、おばあちゃんのところにご飯を作りに出かけた。

実は最近ゆっくりと夜ご飯を食べていなかったのである。
忙しい週は帰ってからが遅いのでほとんど食べないのだが、時には自分の食べたいものを作ってゆっくり食べたい。
その日は久しぶりに自分のために(ふだんはもっぱらおばあちゃんのためになっている)買い物に出かけ、料理をしたのだが、夜はおばあちゃんのところでも作らなければいけない。
まあ、私は軽く済ませて、あとでゆっくりと大好きなグリーンピースのフランス風煮込みを食べながら、ワインでも~と思っていた。

果たしておばあちゃんのところに行ってみると、ご飯を炊いていない。(ご飯を炊くのはおばあちゃんの担当)いつもなら、じゃ、今から炊くか、となるのだが、その時の私は「今から炊いたら遅くなるじゃん!」と、少し切れ気味。「じゃ、おうどんにしようか?」と聞くと、「いやだ。」の返事。ここでも、ちょっと、プン!となる私。(おいおい子供かよ~)
ほんとにかるーくお茶碗いっぱいおばあちゃんの分だけ欲しいだけだから、その後姉のところからもらってきたのだけどね。
(ほんとは、かなりプリプリしながらもらいに行ったのだけど)

ちょっと言葉尻にプリプリ感を漂わせなが料理を作ったのだけど、それがまずくはないけどイマイチの出来で(八宝菜の餡がゆるすぎた)、やっぱり料理は愛情だなー。と思った。
おばあちゃんに愛情がない訳ではないけれど、愛情込めて、というのがなかった。

私もめったにおばあちゃんにプリプリしたり(それもご飯の炊き忘れぐらいで)することもないのだけどこの日はなんだかな~、だったので、おばあちゃんも「歯が痛い」と言い出して、ほとんど食べなかった。結局。(気にしたんだよね、ご飯の炊き忘れ)

プリプリした自分に自分が嫌気がさして(ご飯の炊き忘れぐらいでね)その上イマイチの出来上がりの料理にも嫌気がさして、その後自分のための料理も楽しめなかった・・・。

料理って、愛情込めて作って、愛情を持って食べないとだめだね。

それには、自分のストレス具合にも、もうちょっと目を向けてあげなくっちゃね。
しんどいときは、人頼み。
いい子にならなくてもいいんだからね。

|

« 叔母さんの密かな喜び | トップページ | インド式ヘッドマッサージホームケア講座 »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/44377602

この記事へのトラックバック一覧です: 料理は愛情と言うけれど:

« 叔母さんの密かな喜び | トップページ | インド式ヘッドマッサージホームケア講座 »