« 花粉症対策 | トップページ | アロマ講座 »

意外と人知れずに

以前にも書いたと思うけれど、私の好きなエッセイスト(?)ロバートフルガム氏が著書の中に書いていた、ある人が神様に願い事を聞いてもらったときに答えた願いの話。
(内容はまたうろ覚え)
神様がある善人に願いを一つだけかなえてやると聞くとその善人はこう答えた。
「人に知られずに人が喜ぶことをしたい」
それを聞いた神様がそれはいい考えだーと思い、それからすべての人にその願いをかなえることにした。

久しぶりにこの話を思い出したのは、昨日の朝の新聞で読んだ記事のせい。

私は名前ぐらいしか知らないのだけど、亡くなった中島らもさんが生前本か何かに書いた事が載っていた。

中島さんは亡くなる前もアルコール性の肝炎か何かでかなり身体を壊していたらしいのだがそれで毎日心も身体もかなり辛かったそうだ。
そんなある日窓の外から「焼き芋~♪」とう焼き芋屋さんの声が聞こえてきたとき、人がこんな思いをしているときに何が焼き芋だ!と思いながらもなんだかフッとおかしくなったそうなのだ。そして、焼き芋屋さんの声に救われたらしい。(詳細うろ覚え)

そんな話を読んでいるとき、思い出したのだ。
そういえば私だって名も知らぬ人の言葉や何気ないしぐさに励まされたことは多い。
その多くは面と向かって言われたことではなくて、どこからともなく聞こえてきた(この焼き芋屋さんのように)声だったりする。(あの、ポルターガイストとかそういう声じゃないですよ~)

いつだったかも、ある朝裏の工事現場から聞こえてきた「今日もがんばろう!」という(多分工事現場の監督さんの声だと思うのだけど)声が自分への応援のような気がして、ちょっぴり落ち込んでいた心の中で「そうだ!がんばろう!」と何度も呟いた。

その人の名前も顔も知らないし、ましてやその人は私に向かって言ったわけでもないのにね。

人生の中で時々自分がとてもちっぽけで、なあーんにも人の役に立ってないんじゃないかって思ってしまうことがあるけれど、この話を思い出すと自分の気がついていないところで(人に気付かれずじゃなくて自分も気がつかずにってお願いしたんじゃないかな)人のためになっていることがたくさんあるんじゃないかなっと思う。
わざわざ「ありがとう」と言ってもらえない場合でも。
私だって感謝している人すべてにありがとうと言えるわけじゃないから。

その中でたまたま、ありがとうを言ってもらえる場合があるんじゃないかな。

まあ、そう思うと自分も自分が思っているほど、そうまずい人間でもないんじゃないか、と思える。

とか何とか言って実は人知れず、人の邪魔ばかりしていたりして、ね。
(もしそういう人がいたら、ごめんなさい。)

あ、石焼き芋屋さんの声が聞こえてきた~。

|

« 花粉症対策 | トップページ | アロマ講座 »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/44241596

この記事へのトラックバック一覧です: 意外と人知れずに:

« 花粉症対策 | トップページ | アロマ講座 »