« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

とりあえず

朝起きて、寝室(というほど大それた部屋ではないけれど)のカーテンを開けると、裏の公園の桜が見える。引っ越してきたばかりの時は(かれこれ10年以上になる)まだ小さい木で、花見、というにはちょっとさみしい木だったけれど、今では立派に花見ができる木になった。

以前なら(若い時なら?)花見といえば、お弁当作って、ワイワイ人と会って、お酒飲んで~、なんて、イベントのひとつとして楽しんだのだけれども(もちろん春も感じていたけど)ここのところ、毎朝この桜の木を眺めるという地味な花見がお気に入り。

花見ではないけれど、幸福感、を感じる時も若い時に比べると、地味(?)になった感じがする。
若い時は、幸せな出来事、に対して、幸福感を感じることが多かった。
けど、最近はこの花見のように、いつもと変わりなくそこにある日常というものに幸福感を感じることが多い。

ということで、最近人様にわざわざ報告するような幸せ話はないけれど(結婚!とか、出産!とか。笑。)毎日「とりあえずは幸せだな~」なんて、思いながら過ごしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の心理?ゴミ当番からの考察

今日はゴミ当番の日。
世帯数が少ないせいか、3カ月に一度順番が回ってくる。
やることは、朝、資源ゴミがきちんと分類されているかを確かめること。
施行された時期に比べるとひどい分類の仕方は減ったけど、まだまだあるのも事実。
今朝は、燃えないものテキトーに放り込みました。というのが2個。(無理やり資源ごみにしなくても、不燃ごみに出せばいいのね。だって、お風呂のイス、トイレブラシなどなど、もう一つは、靴下や下着まで入っていた。orz.)

面白いのは、そういう人に限って、必ず、と言っていいほど、ビニールの口元をこれでもか!というぐらい何重にも縛ってある。
「封印!」ってな感じにしておけば、誰にも中身を見られないとも思うのかしら。
仕分けする身としては、ゆるゆるでお願いします。というところなんだが。
(ゴム手袋をしたままで、開封するのは忍耐がいるのじゃ)

漁っているわけじゃないけれど、人様のゴミを仕分けしていると、生活が見えてくる。
プライバシーを守りたければ、ゴミの仕分けは、しっかりと。

3ヶ月後のゴミ当番。
夏場は辛いのじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひぇーーーーな出来事(重要なお知らせ)

今朝何気なく予定表を見ていたら・・・・

「ひぇーーーーー」
となった。

ヘッドマッサージホームケア講座とリフレクソロジーの講座の日程が重なっている。

いわゆるダブルブッキングという奴です。

幸いなことに、リフレクソロジー講座はお問い合わせはいろいろと頂いているけれど(ベーシックか、養成か、悩まれている方が多い)まだ、正式なお申し込みはない。でも、ヘッドのほうはすでにお申し込みがある・・・・。

ということで、リフレクソロジー講座を変更しました。
リフレクソロジーベーシック
養成講座
朝っぱらからお問い合わせ頂いた方には連絡をして、今これを書いています。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

ご検討中の皆様、誠に申し訳ございません。

最近たるんでいるのやら、忙しすぎるのやら、どちらにしても気をつけます。
(きっと神様はこの日程のほうがいいと思って、私にこのようなちょんぼをさせたんだ・・・きっと。と、思い込め、自分。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド式ヘッドマッサージ講座修了(ホームケアのほうじゃないよ)

今日はインド式ヘッドマッサージ講座最終日。
前のブログにも書いたけど、今年は鳴りを潜めていた花粉症が日によって出る。原因は眠る時間が遅くなるのが3日続くとだめなようで、今週もバレエクラス、 カルチャースクール講座と帰宅が10時ぐらいなのが続いたので、スクール到着時は(だって、白川公園白く霞んでたよ~。黄砂?)目の痒み、鼻水、くしゃみ の三つ巴。

ということで、実際に私も手技確認のためにモデルになるのだが、この状態の私、心密かにヘッドで症状が改善されるのを期待して受けていた。

本日の受講生さん、とっても素質があるのだが、やっぱりいろいろと、思い込みになっているところがある。
(誰でもそうなのだけど、講座が終わってからのほうがいろいろと疑問がわいてきたり、このような思い込みが出てくるので、リフレクソロジーの場合も講座の間にケーススタディ期間を設けるのは技術習得にはとても効果的なのだ。)

簡単なアドバイスで思い込みもすんなりと改善され、なかなかよい感じ。私はいつしかお客様感覚に。(おい!仕事しろ!ってな状態。)

極楽♪気分で一通り終了。
すると、おおーーーーーーー!目のかゆみも鼻水もくしゃみも止まってる!

受講生さんに「ほら、いいかんじよ~」というと、「本当だーーー!すごい!」(あなたが止めてくれたようなものなんだけどね。)

リフレクソロジーもそうだけど、効果を目の当たりにするとやるほうもとっても嬉しいし、俄然やる気が出てくる。

おお!私のこの花粉症の症状はこのためだったのか!と妙に納得して、花粉症にさえ、感謝の気持ちがーーーーーーー(出んわ。やっぱり。)

その後も症状はまったくでなかった。(お昼、外にも行ったのに)

それを素直に喜ぶ受講生さんの姿は、教えるほうとしても嬉しいもの。

それに、ヘッドも花粉症に効果があることがわかって私にもいい経験になったしね。

無事修了書をお渡しすることも出来て、いい一日だった。

これから、バレエの歓送迎会あるのだが、途中で眠くなりそうでちょっと、怖いけどね。
(飲みすぎに注意します~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド式ヘッドマッサージホームケア講座

 5月17日(日)10:00~18:00

 定員6名(女性に限ります)

 受講料 21.000円(テキスト・税込み)

 場所 あなはた栄ルーム

 講師 BRC認定インド式ヘッドマッサージセラピスト

     門野水穂

 お問い合わせ先 anahata@nifty.com 052-323-0067

 

・インド式ヘッド・マッサージとは、インドの生命科学アーユル・ヴェーダをもとに、インドにおいて昔から家庭内で行われきたものを体系化したものです。ヘッド・マッサージとはいえ、その施術範囲は、頭だけではなく、背中、肩、腕、首、頭。顔、耳、と、行います。様々な手技によって身体を温ためるために、爽快感と共に頭と体の緊張を緩める効果があります。

また、頭皮の血行をよくする効果が高いために髪を健やかに保ち、抜け毛の予防にもなります。(男性にとっては朗報ですね。笑。)

プロが行う場合、様々な手技を時間内に行うために、一定の訓練を要しますが、一つ一つの手技は難しくもなく、覚えておくととても効果の高いものです。今回はご家庭内において必要に応じてその手技を組み合わせて行えるように、パート、パートでヘッド・マッサージの手技をお教えします。

これらの手技を組み合わせることにより、ご家庭内においても効果的な施術が行えます。着衣のまま椅子に座って行う施術になりますので、ご家庭内、職場など、施術の場所を選びません。また、簡単に行えるセルフトリートメントもいくつかご紹介します。ぜひ、参加してくださいね。

花粉症対策!ハンドリフレクソロジー・セルフ講座もまだ、間に合います。

詳しくはこちらから。

花粉症対策、セルフ・ハンドリフレクソロジー講座

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理は愛情と言うけれど

おばあちゃんのところに毎朝行くようになってもうすぐ3年。
「おばあちゃんを大事にしてあげてるね。」とか、「毎日えらいね。」とか、お褒めに預かっているのも事実だけど、やっぱり私も人の子、時々辛くなることがある。

最近の仕事のパターンは、講座や予約に忙しい週と、予約の合間を縫って、ダラダラ過ごしながらも事務仕事なんかを済ませている週と、かわりばんこになっている。
忙しい週は夜遅くなることが多いのでほとんど帰宅は10時ごろ。したがって眠るのも遅くなる。(時間に余裕のある週はほとんど寝ている時間だーー。)
なので、朝もう少し・・・眠っていたい・・と、思うときがあるのだが、習慣で、起きてしまう。
まあ、そういう時はお昼寝で挽回!するのだが、この間はお昼寝できずに久しぶりに夕方、おばあちゃんのところにご飯を作りに出かけた。

実は最近ゆっくりと夜ご飯を食べていなかったのである。
忙しい週は帰ってからが遅いのでほとんど食べないのだが、時には自分の食べたいものを作ってゆっくり食べたい。
その日は久しぶりに自分のために(ふだんはもっぱらおばあちゃんのためになっている)買い物に出かけ、料理をしたのだが、夜はおばあちゃんのところでも作らなければいけない。
まあ、私は軽く済ませて、あとでゆっくりと大好きなグリーンピースのフランス風煮込みを食べながら、ワインでも~と思っていた。

果たしておばあちゃんのところに行ってみると、ご飯を炊いていない。(ご飯を炊くのはおばあちゃんの担当)いつもなら、じゃ、今から炊くか、となるのだが、その時の私は「今から炊いたら遅くなるじゃん!」と、少し切れ気味。「じゃ、おうどんにしようか?」と聞くと、「いやだ。」の返事。ここでも、ちょっと、プン!となる私。(おいおい子供かよ~)
ほんとにかるーくお茶碗いっぱいおばあちゃんの分だけ欲しいだけだから、その後姉のところからもらってきたのだけどね。
(ほんとは、かなりプリプリしながらもらいに行ったのだけど)

ちょっと言葉尻にプリプリ感を漂わせなが料理を作ったのだけど、それがまずくはないけどイマイチの出来で(八宝菜の餡がゆるすぎた)、やっぱり料理は愛情だなー。と思った。
おばあちゃんに愛情がない訳ではないけれど、愛情込めて、というのがなかった。

私もめったにおばあちゃんにプリプリしたり(それもご飯の炊き忘れぐらいで)することもないのだけどこの日はなんだかな~、だったので、おばあちゃんも「歯が痛い」と言い出して、ほとんど食べなかった。結局。(気にしたんだよね、ご飯の炊き忘れ)

プリプリした自分に自分が嫌気がさして(ご飯の炊き忘れぐらいでね)その上イマイチの出来上がりの料理にも嫌気がさして、その後自分のための料理も楽しめなかった・・・。

料理って、愛情込めて作って、愛情を持って食べないとだめだね。

それには、自分のストレス具合にも、もうちょっと目を向けてあげなくっちゃね。
しんどいときは、人頼み。
いい子にならなくてもいいんだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叔母さんの密かな喜び

今年は花粉がとーーーっても多いらしい。今年が花粉症デビューの方も多いと聞いたけど、なんと、姉のところの甥もデビュー。
それもかなりひどいらしく、目が痒い!鼻が詰まる!鼻水止まらん!状態らしい。
話を聞くだけでかわいそうになったので、トリートメントをしに行ってきた。

まずは、自分でも行えるように手のほうにトリートメント。その後自分でも出来るようにちょっと教えた。
それでも、ぴったりと止まるはずはないので、ティートリーの精油を部屋で焚いて少しだけ蒸気を吸わせる。

なんだかんだと眠る時間になったのだけど「寝ても目が痒くてどうせ起きるんだ。」と、なんともかわいそうな発言。
「だったら、足をやってあげるからそのまま眠りなさい。」というと素直にベッドへ。
(小さな頃からトリートメントを受けているからね。)

手に行った後なので、再トリートメントの要領で、花粉症に効果的な反射区を行っているうちに甥は夢の中・・・・。
叔母さんは朝までゆっくりと眠ってくれることを祈りつつ、姉の家を後にした。

今朝姉に会うと「この間は水穂ちゃんにやってもらいながら眠れて、極楽(?)だった!」と言っていたそうな。
(叔母さんは嬉しいぞーー。)

だけど、今朝もひどかったらしく、姉が手の反射区を刺激しながら、「大丈夫?」というと、泣きながら「お母さん、ありがとう。」と、言って、学校に行ったらしい。
(症状がひどいとはいえ、かわいいです。←伯母さんバカ。)

お母さんの手は何もしなくても魔法の手。その手で少し反射区を触ってもらえたら心強いよね。(まあ、時には叔母さんの魔法の手で。笑。)

おばあちゃんのときもそうだけど、何かして上げられることがあってよかったな、と思う。

この間ベッドでトリートメントをしてあげられたことは、(たぶん)今世では子供を持つことはないだろう叔母さんにとっては密かな喜びだったのだ。(もちろん、花粉症じゃなくなるのが一番なのだが)自分が大事に思っている人たちに対して、自分の手でその思いを伝えることが出来る喜び。

自分が子供だったら、して欲しいと思うし、心は安らぐと思う。(自分を大事に思ってくれる大人がそばにいるということを実感できるのは子供にとってとても大事なことだと思う。ちょっと、大げさかな?)

小学校も高学年になると部活やら何やらで帰りも遅くなるので、以前のようにはなかなかしてあげられないけど、今日あたり、また、トリートメントしに行ってくる予定。

大きくなった甥とスキンシップできるのもリフレクソロジーのおかげ。
ありがたや~、なのだ。

(お兄ちゃんは花粉症じゃないけど、俺も、と言って28センチの足を出す・・・叔母さんは嬉しいけど、デカイ足は大変なのじゃ。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なるほどね

昨日映画を見ていて思ったこと。
アンソニー・ホプキンスが出ている映画で前にも一回見たような気がする映画。
(ちなみにアンソニー・ホプキンスは好きな俳優さん。レクター博士じゃなくてね。念のため。『日の名残り 』の執事役がよかった。女中頭(これって今は禁止用語?)のエマ・トンプソンがそばによってくる場面で、ほんのわずかな間執事の顔から男の顔に変わる場面が素晴らしい!)

今回の映画は大富豪が山で遭難する話。
大富豪なんだけどかなりのインテリで、知識がすごいという設定。
山小屋でもいつも本を読んでいる。
(とあらすじは割愛)

で、山で遭難したときに言う台詞
『遭難して助からないのは、恥じのせいだ。どうしてこんなことになったのだろうとか、俺はバカなことをしたとか、恥じて死ぬ。恥じてばかりで、やるべきことをしようとしなかったからだ。』(毎度うろ覚え)

そして、この台詞の通り、この大富豪は冷静に対処していく。

ここで、大富豪はこういうふうだから大富豪になれるんだろうな、とみょーに納得した。

くよくよするだけのために過去を振り返ってもしょうがない。

大富豪にはなれないかもしれないけど、人生をどう創っていくかは自分しだいだもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロマ講座

今月のアロマ講座、キャンセルも出てまだ定員に余裕があります。
興味のある方は参加してくださいね。

◇アロマテラピーとは?とハンドマッサージを学ぶ ◇

ベビーマッサージ指導者講習修了生のための講座です
(一般参加可能、修了生優先)。
赤ちゃんだけではなくお母様のためにもできるアロマのハンドマッサージとアロマとは?といったアロマの基本を学びます。マッサージオイルを実際に作る簡単なアロマクラフト作りも体験していただけます。(オイルはお持ちかえりしていただけます。)

 日時 3月20日(金・祝)
 場所 あなはた栄ルーム
 時間 13:00~17:00
 定員 6名
 料金  ATS協会会員 12.000円
      べビーマッサージ講習修了生 13.000円
      一般  15.000円
           *オイル、テキスト代込み

 お申込みanahata@nifty.com または、323-0067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と人知れずに

以前にも書いたと思うけれど、私の好きなエッセイスト(?)ロバートフルガム氏が著書の中に書いていた、ある人が神様に願い事を聞いてもらったときに答えた願いの話。
(内容はまたうろ覚え)
神様がある善人に願いを一つだけかなえてやると聞くとその善人はこう答えた。
「人に知られずに人が喜ぶことをしたい」
それを聞いた神様がそれはいい考えだーと思い、それからすべての人にその願いをかなえることにした。

久しぶりにこの話を思い出したのは、昨日の朝の新聞で読んだ記事のせい。

私は名前ぐらいしか知らないのだけど、亡くなった中島らもさんが生前本か何かに書いた事が載っていた。

中島さんは亡くなる前もアルコール性の肝炎か何かでかなり身体を壊していたらしいのだがそれで毎日心も身体もかなり辛かったそうだ。
そんなある日窓の外から「焼き芋~♪」とう焼き芋屋さんの声が聞こえてきたとき、人がこんな思いをしているときに何が焼き芋だ!と思いながらもなんだかフッとおかしくなったそうなのだ。そして、焼き芋屋さんの声に救われたらしい。(詳細うろ覚え)

そんな話を読んでいるとき、思い出したのだ。
そういえば私だって名も知らぬ人の言葉や何気ないしぐさに励まされたことは多い。
その多くは面と向かって言われたことではなくて、どこからともなく聞こえてきた(この焼き芋屋さんのように)声だったりする。(あの、ポルターガイストとかそういう声じゃないですよ~)

いつだったかも、ある朝裏の工事現場から聞こえてきた「今日もがんばろう!」という(多分工事現場の監督さんの声だと思うのだけど)声が自分への応援のような気がして、ちょっぴり落ち込んでいた心の中で「そうだ!がんばろう!」と何度も呟いた。

その人の名前も顔も知らないし、ましてやその人は私に向かって言ったわけでもないのにね。

人生の中で時々自分がとてもちっぽけで、なあーんにも人の役に立ってないんじゃないかって思ってしまうことがあるけれど、この話を思い出すと自分の気がついていないところで(人に気付かれずじゃなくて自分も気がつかずにってお願いしたんじゃないかな)人のためになっていることがたくさんあるんじゃないかなっと思う。
わざわざ「ありがとう」と言ってもらえない場合でも。
私だって感謝している人すべてにありがとうと言えるわけじゃないから。

その中でたまたま、ありがとうを言ってもらえる場合があるんじゃないかな。

まあ、そう思うと自分も自分が思っているほど、そうまずい人間でもないんじゃないか、と思える。

とか何とか言って実は人知れず、人の邪魔ばかりしていたりして、ね。
(もしそういう人がいたら、ごめんなさい。)

あ、石焼き芋屋さんの声が聞こえてきた~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症対策

先週あたりから怪しいぞ~と思っていたら、昨日の庭仕事で、とどめ。
10年以上ぶりの花粉症になりました。
20年ほど前(計算してびびった・・・自分の歳って・・・)大学のときに発症して以来3,4年ほどは悩まされたけどここ10年ほどはシーズンでも1日か2日ほど、あれ?ってぐらいだったのに、昨日からかなり本格的。
久しぶりにくしゃみ20連発。ある意味気持ちいい位。

そういえば今年はトリートメントを受けている回数も少ないからね。(花粉もすごーーーーく多いらしいけど)

と、今更ながらに思い立ったのが

花粉症対策、セルフ・ハンドリフレクソロジー講座

昨日思い立ったので開催日は3月21日(土)
今更ながらだけど、まだ間に合う!って感じ?

リフレクソロジーでまったく症状が無くなる事は少ないのだけど、薬がいらなくなったりする人は多いのでお勧めです。

トリートメントに通うことは負担になる人もいるけれど、セルフ・ハンドトリートメントなら、ところ選ばず自分で出来るから。

リフレクソロジーのよいところは、花粉症だけに効果があるわけではないので、常日頃から行っていると他の不調にも効果があるし、続けていれば来年軽くすむ、という確率も高い。

私も朝起きたとき頭がガンガンしていたけど、朝からハンドにセルフを行ったら今は鼻詰まりはなくなって、頭も軽い。

花粉症でお困りの方、ぜひ、習いに来てくださいね。

お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好転反応

土曜日は養成講座
ハンドリフレクソロジーのモデルになり、足もモデルになり、そしてもう一度ハンド(片手だけだけど)のモデルになった結果、帰り道は夢遊病者のよう。

好転反応といっても出る人、出ない人、出るとき、出ないとき、とあるのだが、先週からの激務(?)で、お疲れの身体にはガツンときた。

我がスクールのトリートメントは他のサロンで(いわゆる英国式と呼ばれる)トリートメントを受けた方が驚くほどタッチがソフト。
「こんなので効果あるの~?」と思われる方も多いのだが、実は効果的。
トリートメントの効果を左右するのは強さではなくて、その刺激の的確さなのだ。
だから、強い圧でトリートメントを行ったとしてもその刺激の与え方が間違っていたら効果も薄い、ということになる。

なので、今回、手、足、手と2回半トリートメントを受けたことになり、昨日まで身体はよく言えばリラックスモード、実は使い物にならん状態になっていた。(仕事が入っていなくよかったよー)

でも、しばらく続いていた肩の痛みはうそのように消えて、今日は朝から庭仕事してました。

もうちょっと、定期的に受けなくっちゃね。
疲れとストレスとゴミはこまめに出さなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »