« 久々に更新 | トップページ | 鬼の霍乱 »

お友達感覚

かなーり前のブログ(ん、まだ日記のときかな?)にも書いたことがあるけれど、時々自分(もしくは自分のおかれている状況が)が友達だとしたら、どういう言葉をかけるか?と、思うときがある。
特にちょっと落ち込んでいるときや、自分は、これでいいのか?というとき。

最近ちょっと忘れていたけど、今朝なんだか急にこのやり方(?)を思い出した。
特に落ち込んでいるわけじゃないけど、なんとなく。そういえば以前はよくそういう会話をじぶんとしていたなあ、と。

まあ、落ち込むときとか、自信がないときは、人から何かを言われた時、というのもあるけれど、たいていは、その言葉そのものよりもそれに反応した自分自信が自分を責めたり、自己嫌悪に陥らせているのだから、その逆もありなん、と思うのだ。

今の自分のくらーくなるパターンは、仕事がらみがほとんど。
かれこれ10年やっているのだから、もう少しお金があってもよさそうなのに、まだ自転車操業。そいでもって、「これでいいのか、私?」となる。

でも、それも誰かがそう言って私を責めているわけじゃなく、自分で勝手に「いいのか、私?」と、思っているだけ。世間様は人のことをかまっているほど(自分に関係ないことで)暇ではないからね。私にお金があろうが、なかろうが、知ったこっちゃない、はず。
なのに、ひとり勝手にブルーになっているだけなのだ。

どこかに独り身の40過ぎ女は、結婚でもしていなければ、仕事で成功(特にお金に関してね)していなければかっこ悪いという、自分自身の勝手な思い込みがあるせいなのだ。

(ああ、どうして人間の思い込みは悪い方向へはどんどん進んでいくのだろう!)

まあ、そういう時は、自分を友達だと思うことにして、そんな愚痴を聞かされたらどういう風に答えるか、と考える・・・。(人事だから勝手に言えること、なーんて言ってはおしまいだけど)

「自転車操業でも続いているということは、続けてもいいってことだよ~。」

「仕事を応援してくれている人がいるんでしょ。」

(おお、ちょっと盛り返してきた)

「好きな仕事にめぐり合えて、そして、仕事の幅も広がっている、うまくいっている証拠じゃん。」

(おお、そうだよね!)

「ブレイクは近いよ。」

(そっか!)

がんばれ自分!ファイトだ私!
(昔のドラマの台詞、久々に思い出したわ~)

|

« 久々に更新 | トップページ | 鬼の霍乱 »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

これって,いわば「自己-認知行動療法」かなあと思っています。ちゃんと勉強していませんので,うまく説明できませんが,「不合理な思い込みが,不合理であることに気付かせて,『そればっかじゃないじゃん』と気付かせること」とでも言いましょうか。(専門家のみなさん,いい加減でごめんなさい。)

でも,なも からは「キラキラ輝いている」ように見えるmizuさんでも,「くらーくなる」ことがあるのですか。芥川の『鼻』ではないですが,妙に安心したというか・・・

投稿: なも | 2009年2月 9日 (月) 23時15分

ハハ、よく言われます。
「あなたでも落ち込むの?」って。
ま、やっぱり人間ですからね。

投稿: mizu | 2009年2月11日 (水) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/44007768

この記事へのトラックバック一覧です: お友達感覚:

« 久々に更新 | トップページ | 鬼の霍乱 »