« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

小さな魂

仕事が忙しくても、更新できず、時間があっても更新できず(しない?)状態ですが・・・。

先日お客様とふとしたことから親子関係の話をしていて口をついて出た言葉

「うちの父は私に許すということを教えるために悪い父親だったんです。」

うちの父の人間性は娘の立場からしか見ていないのでほんとのところはわからないけれど、父親としてはかなり最悪。しかし、かなり前のブログにも書いたのでここには詳しく書かないけれど、死ぬちょっと前、人を許すということを教えてくれた。(教えてくれたといっても教授してくれたわけではないのだが)

そんな言葉が自分から出てくるとは思いもしなかったので、言った自分がちょっとびっくりしたのだけど、その時『神との対話』の小さな魂の話を思い出したのだ。
あの話をなんとなくだけどわかったような気がする。

といっても今すでに父がいなくなってしまったからそんなことを言えるだけかも知れないけど。

まだ生きていたら
「あークソ親父、うっとうしー!」とか、いろいろ言ってるんだろうね、きっと。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しかったこと

怒涛のような一週間が終わり(昨日顔がやつれておりました。まぶた三重)ちょっとゆっくりの1週間が始まりました。
今日はバレエクラスの日、お昼寝の効果もあって、元気に教えることが出来たのだけど、ちょっぴり寂しいことが・・・(え!タイトルと違うじゃん)

それほど長く通った生徒さんではないけれど、ご主人の転勤でレッスンを辞めることになったとの知らせ。(別れはいつも寂しいもの)

でも、わざわざスタジオまで挨拶に来て、そして、短いながらもここでレッスンを受けたおかげで、ドレス姿が綺麗に撮れたからと、結婚式の(そうなんです新婚の方)写真を持参してくださった。

もともと綺麗な方なのだけれど、写真の姿は素晴らしく美しい。
特に後姿は、おお!完璧!というほど、綺麗な背中だった。

美しい姿を見せていただけたのも、それを本当に喜んでいただけたのも、教えているものとしてはとても嬉しい。

自分が人に物を教える仕事(バレエもリフレクソロジーも)をするとは、一昔前には想像もできなかったけど、つくづくありがたい仕事だなっと、思う。

彼女に頂いたカードには、「このご恩は一生忘れません。」と。
(いやあーん、照れるわ~。)
人生で初めて言われた。(と、ちょっぴり、涙ぐむ)

とか何とか言いながら、興奮しすぎて今晩眠れないかも。(爆)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレスの原因

この間ハッと、気がついたのだけど、最近ストレス大だった。
気付いていないストレスは、かなり曲者。
(・・・そうだよね、好きで風邪を引いていたぐらいなんだからねー。先週は。気付けよ、自分。)

生活自体は変わっていないのに時計を見ると
「ああ。こんな時間!」
「おお!もう!こんな時間。」
挙句に、
「時間がない!」
となっていた。

そして、そんなときに必ず感じることは、(やはり周りの人たちも何も変わっていないのに)周りの人に対する不満。(気がつくと心の中でぶつぶつ言っている。)

自分の心だけが変わっているだけで(同じ状況なのに)感じるストレスの量が連鎖反応のように増えていく。(あ、もちろん、歳のせいで疲れがたまってきたというのもあるのかもしれないけれど)

以前からこういう自分の習性というか癖というか(おんなじことか)わかっていたのだけど、いかんせん、ストレスの渦の中にいるときは、すっかりおつむから消えている。

そして渦はどんどん大きくなり、速さを増して・・・・。
もうなんじゃらほい、という状態に。

そこで、ハッと気がついたので、渦の中にたれている細ーい、細ーいひもを慎重に引き寄せてストレスの原因を探ってみると・・・

はは、自分だった。

だいたい、時間がない、もう、こんな時間、なんてことは、自分が「もう」と思うか、「まだ」と思うかの違いなんだよね。
夜中中、重病人を看病しているわけでもないから、時間をうまく使うことも出来るのに、「もう」と思った時点で、気力が落ちる。(体力もかなり落ちてますが)

そうすると、心の中でその時間を奪った犯人探しを(外側に)始めるのだ。(心の中のぶつぶつという現象になって現れる)
そして、ストレスはまた増えていく・・・・。(ありゃ、また振り出しに戻る?)

でも、その犯人は実は外側の人ではなくて、自分。(少なくても私の場合)

そして、そのことに気がつくと今まで感じていたストレスがばかばかしいものになっていく。

と、まあ、これまでの人生でもこのようなことを繰り返し繰り返ししてきたのだけど、あんまり成長してないのか、まだまだ繰り返す。

人生の成長は螺旋階段とは言うけれど、私の人生の螺旋階段、二周してやっとこさ、1階分あるかないかのような進み具合。(それもすごーーーく円周がありそうな・・・・)

ま、とりあえず心が落ち着いたからよかったんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長したのか?それともオバタリアン化か?(ふるっ!)

昨日、スクールの灯油がなくなったのでガソリンスタンドに行ってきた。
栄はガソリンスタンドがどんどんマンションになってしまって、ガソリンスタンドまでは遠い道のり。
行きはよいよいだけど、帰りは重い、ので、台車に乗せていくのだけどこれがまた安物のせいか、かなりうるさい。以前は恥ずかしいなあ、なんて思っていたのだけど、昨日は違った。
なんか急に思ったのだけど、自分が思っているほど、道行く人は誰も気にしていないのよね。台車のがらがらなんて。
そんな風に思いながらいろいろと頭に浮かぶことなんかをつらつらと考えながら帰ってきたんだけど、私って、今まで人の目を気にして生きてきたんだなーと、思った。
台車ごときで悟りを開くというのもなんだけど、人の目に映る自分というものにとらわれていることが多い。
これって、裏を返せば、自分が同じような人を目にしたときにこう感じるって、いうことでもあるんだよね。いいことでも悪いことでも。
自分に対する非難は、人に対する非難でもある。
人に対する非難は、自分に対する非難でもある。
(書いているうちに意味不明・・・)
かといって、簡単にその習慣を止められるとは思えないのだけど。

でも、最近はときどきこの台車の件ではないけれど、人の目を意識することが億劫になってきている。
これが、よい意味なのか、それとも単なるオバタリアン化(知らない世代の人のほうが多いかも?)かどうかはわからないのだけど、気持ちの上では楽になってきている。

肉体レベルでは、人の目を気にして、おしりをしっかり引き締めて歩いたほうがいいけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

講座「アロマテラピーとは?とアロマでハンドマッサージ」

去年にもお知らせしたけど。

ベビーマッサージ指導者講習修了生と一般を対象にした講座です。

アロマってどんなもの?と、興味のある方はぜひ参加してくださいね。

(定員枠あと3名です)

◇アロマテラピーとは?とハンドマッサージを学ぶ ◇

ベビーマッサージ指導者講習修了生のための講座です
(一般参加可能、修了生優先)。
赤ちゃんだけではなくお母様のためにもできるアロマのハンドマッサージとアロマとは?といったアロマの基本を学びます。マッサージオイルを実際に作る簡単なアロマクラフト作りも体験していただけます。(オイルはお持ちかえりしていただけます。)

 日時 3月20日(金・祝)
 場所 あなはた栄ルーム
 時間 13:00~17:00
 定員 6名(最低催行人数2名)
 料金  ATS協会会員 12.000円
      べビーマッサージ講習修了生 13.000円
      一般  15.000円
           *オイル、テキスト代込み

 お申込みanahata@nifty.com または、323-0067
 締め切り 3月2日(月)までに、入金確認ができること


 講師 
 IFPA認定アロマテラピスト
 社団法人アロマ環境協会認定アロマアドバイザー
 浅井俊子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼の霍乱その後

鬼の霍乱の充電が効いたのか、この陽気のせいか、昨日からは、やる気満々。
自転車に乗って久しぶりに大塚屋まで、布のお買い物。
今日は今日で、お客様がみえる前に玄関、お台所の大掃除。(その時沖縄で買った琉球グラスを割ってしまったのはちょっと痛かったけど、まあ、4月にまた行くからね。ま、すべては諸行無常ということで。)

ここ2,3年、掃除に対してかなり意識が変わったので、こういう陽気の日はお掃除日和とばかりに、せっせと励むことが多い。

掃除しながらの掛け声はなぜか「こんな部屋に住んでいては、幸せはやってこない!」(どんだけ汚いんじゃ!?)

やはり心や身体の大掃除をしようにも、お部屋がなんだかなあ、だとね。

それに、掃除をするとなぜか自分がちゃんとした生活をしている感じがする。
そして、「ああ、私って、お・と・な。」って。(もう、アホですが)

(ただし、掃除をしているときに「ありゃー、こんなところがこんなになるまで、ほっておいたなんて、私って、どんだけー」と、ビビルこともある。)

すっきりとしないときは、お掃除をしてすっきり!という本が少し(かなり?)前に売れたみたいだけど、本当に気分が沈んでいると、掃除なんてことに気が行かない。

ちゃっちゃと掃除に励めるということは、心も身体もいい感じということなのだ、私の場合。

何もしないで過ごした2日間は、無駄ではなかったのだーー。

今夜からはまた冷え込むようだけど、すっきりとしたお部屋で、ストーブの火にあたるのは、格別の幸せ。

熱燗でも飲もうかな。(おい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼の霍乱

久しぶりに鬼の霍乱、熱を出しておりました。
いい具合に、予約の入っていない日と(水曜日は忙しい日なのに祝日だったので)お休みの日に発熱。(都合のよい身体です。)

熱を出すとすっきりとするので、熱だけなら意外と歓迎なのだが、今回のは、自分が引き寄せた感が強い。

なんかね、何もしない日というのを作りたかったみたい。

おばあちゃんの世話もせず、掃除もお洗濯も仕事も自主トレも、何もかも。

じゃ、作ればいいじゃないか、と、思うのだが、いかんせん、貧乏性。
まだまだ、完全休業には言い訳が必要なようで・・。(修行が足りません。)

ということで、久しぶりに2日間、寝たきりとなっておりました。

でも、人間よく出来たもので、寝たきりを2日間も続けていると、しゃっきりとした生活へのエネルギーが沸いてくる。
まあ、充電のようなものなのでしょうね、寝たきり生活。

ということで、今日は予約の時間まで、掃除、洗濯、自分磨き(まさしく本当の意味で)です。

来週は、ちょっと忙しくてお休みがないからね。
充電完了ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お友達感覚

かなーり前のブログ(ん、まだ日記のときかな?)にも書いたことがあるけれど、時々自分(もしくは自分のおかれている状況が)が友達だとしたら、どういう言葉をかけるか?と、思うときがある。
特にちょっと落ち込んでいるときや、自分は、これでいいのか?というとき。

最近ちょっと忘れていたけど、今朝なんだか急にこのやり方(?)を思い出した。
特に落ち込んでいるわけじゃないけど、なんとなく。そういえば以前はよくそういう会話をじぶんとしていたなあ、と。

まあ、落ち込むときとか、自信がないときは、人から何かを言われた時、というのもあるけれど、たいていは、その言葉そのものよりもそれに反応した自分自信が自分を責めたり、自己嫌悪に陥らせているのだから、その逆もありなん、と思うのだ。

今の自分のくらーくなるパターンは、仕事がらみがほとんど。
かれこれ10年やっているのだから、もう少しお金があってもよさそうなのに、まだ自転車操業。そいでもって、「これでいいのか、私?」となる。

でも、それも誰かがそう言って私を責めているわけじゃなく、自分で勝手に「いいのか、私?」と、思っているだけ。世間様は人のことをかまっているほど(自分に関係ないことで)暇ではないからね。私にお金があろうが、なかろうが、知ったこっちゃない、はず。
なのに、ひとり勝手にブルーになっているだけなのだ。

どこかに独り身の40過ぎ女は、結婚でもしていなければ、仕事で成功(特にお金に関してね)していなければかっこ悪いという、自分自身の勝手な思い込みがあるせいなのだ。

(ああ、どうして人間の思い込みは悪い方向へはどんどん進んでいくのだろう!)

まあ、そういう時は、自分を友達だと思うことにして、そんな愚痴を聞かされたらどういう風に答えるか、と考える・・・。(人事だから勝手に言えること、なーんて言ってはおしまいだけど)

「自転車操業でも続いているということは、続けてもいいってことだよ~。」

「仕事を応援してくれている人がいるんでしょ。」

(おお、ちょっと盛り返してきた)

「好きな仕事にめぐり合えて、そして、仕事の幅も広がっている、うまくいっている証拠じゃん。」

(おお、そうだよね!)

「ブレイクは近いよ。」

(そっか!)

がんばれ自分!ファイトだ私!
(昔のドラマの台詞、久々に思い出したわ~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に更新

リフレクソロジーあれこれ 久々に更新しました。
ハンドとフットの違いについてです。
最近講座の中でよく質問されるので。
基本的に効果は変わらないのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しいお休みの過ごし方

今日はお休みの日。最近はお休みの日は、おばあちゃんのところで朝ごはんを食べてから、だらだらと過ごすことが多い。
ここ2週間ほどおばあちゃんの足の調子が悪いので、何にもしなくてもそばにいるだけでもいいじゃないかと思って、いる、ということもあるのだけど。(子供頃熱を出したときなんか、誰かが家にいるだけで、心強かった覚えがある。)

とはいえ、まだまだ嫁入り前の身(爆)休日の過ごし方がこれでいいのか?と思うこともあるのだが、普段決まった時間ではなくて、予約の時間とか、講座の時間とかを気にして行動している私としては、時間に束縛されない、という休日の過ごし方はとっても落ち着く。

今日の最初の日記じゃないけど、お休みの日に歯医者の予約や保険会社の人と会う約束が入っていると、なんだか休んだ気がしなかった。

若いときは、「休みだ、ヤッホー!」と、どこかへでかけていくことが休みの楽しみだったけど、最近の休日は、とにかく、何もするべきことがない、というのが、最高の過ごし方。

ただ好きなことをして過ごす。

出かけてもいい、昼寝してもいい、もし気が乗ったら仕事してもいい(やらなきゃ行けない仕事が山ほどある。泣。主に書類仕事。)でも、何時までに何々、というのは、さよならしたい。

身体はここでも、心は南の島にいるように、ね。

・・・4月の沖縄行きが決定。またまたおばあちゃんを連れていきます。あ、今度は姉もいるから少し楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯医者さん

年末から、久しぶりに歯医者通いをしていた。
約一ヵ月半先日無事に治療終了。

うーー4年ぶりだったんだけど、歯医者さんに通うって、気合がいるんだよね。
ちょっと通うことになるということと、予約時間きっかりに呼ばれることは少ない、のがその理由。

今回は歯に何か引っかかっているのかしら?と、爪楊枝でピッとしたら、なんと、詰め物がポコッと、取れてしまったのがきっかけ。その治療自体は簡単だったのだけど、その後検査をいろいろされて、今のうちに治しておいたほうがいい歯があることが判明したのだ。(先延ばしにしてもいいと言われたけれど、そんなことを言ったら今度はいつ来る気になるかわからないので、お願いした。)
それに一月かかった。

でも、今回の歯医者通いで、私のところのお身体改善コースに通ってくださる方に対して感謝の念が深まった。
普段の生活の中で毎週行かねばならないところが増えるのは意外と負担なんだな、と。
今回丁度お身体改善コースを受けたときにかかる期間と同じぐらい歯医者に通って、実感した。

どちらも自分お身体をよくするための時間だけれど、始めるにあたってはちょっとした思い切りが必要なんだね。

毎週通ってくださる方には、ほんとに感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »