« クリスタルセミナーのお知らせ | トップページ | ヒマラヤ原産唐辛子 »

レンズ豆のサラダ

また、また、バレエの生徒さんのリクエストにお答えして

「レンズ豆のサラダ」です。

・乾燥レンズ豆・・・・好きなだけ(茹でると倍ぐらいになるかな?)
・たまねぎ・・・・レンズ豆の量にあわせて
・生ハム・・・・・これもレンズ豆の量にあわせて
・オリーブオイル・・・・お好みの量で
・ビネガー・・・・・・・・・これも、また、お好みの量で
・塩、胡椒・・・これまた、お好みの量で

*生ハムはなければ、入れなくてもいいですよ~。豆とオリーブオイル、ビネガーだけでもいけますから。たまねぎもなかったら、なかったで、O.K.!)

まずはなべにたっぷりの湯を沸かす。(でも、あんまり一杯一杯に湯を沸かすと、豆を入れたときに、吹きこぼれるから、大きめのなべでね。)

その間に、オリーブオイルとビネガーをあわせて、ドレッシングを作り(ニンジンサラダと違って、ちょっと多めに作るといいです)、その中に、みじん切りにしたたまねぎ(茹で上がりのレンズ豆カップ1に対して、大匙1~2ぐらい。(あくまでもたまねぎは脇役なので。みじん切りが面倒くさい人は、スライスしてもいいけど、薄くね、だって、やっぱり脇役だから。)
そこに、テキトウにみじん切り、または、細切りにした生ハムを投入。(これまた、脇役扱い。あんまり入れると、主役を喰ってしまいます。)

その後、ぐりぐりしてから味を見て(生ハムには塩っけがあるので)塩、胡椒します。

すると、あら、不思議?丁度お湯が沸いた頃。

ここで、主役のレンズ豆を、沸騰したお湯の中に、放り込む。(面倒な下ごしらえはいらず、さっと、水洗いするだけで十分。これが、この豆のサラダのよいところheart
(たぶん)10分ほどで、食べられるやわらかさになるので、その後は、お好みのやわらかさになるまで、しょっちゅう硬さを確かめながら茹でる。(あっという間に、やわらかくなって、溶けてなくなりますので、ご注意!)

お好みのやわらかさになったら、ざるに上げて、湯を切り、熱い内にドレッシングの中に、いれて、かき回す。(万が一、豆を茹ですぎた場合、または、柔らか目が好きな人は、ゆっくりとやさしく、まぜてね。ぐちゃぐちゃになります。)

すぐにでも食べられるけど、1~2時間ほど、放置プレイすると、味がなじみます。(私は一晩ぐらい経ったほうが好き。)

乾燥レンズ豆は、スープの具材にもなるし、グダグダに茹でると、シチューなどのとろみ付けにもなります。クリームで煮てもおいしいですよ。
成城石井なんかに、500円ぐらいで売っているので(一度には使い切れません)買っておくと便利です。

ただし、フランス産の小粒のは、ちょっと高いかも?
色も、オレンジ色(これはあまり見かけないけど)のとブラウン(というか緑の暗い感じだけど)のがあります。

|

« クリスタルセミナーのお知らせ | トップページ | ヒマラヤ原産唐辛子 »

お料理レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/42670816

この記事へのトラックバック一覧です: レンズ豆のサラダ:

« クリスタルセミナーのお知らせ | トップページ | ヒマラヤ原産唐辛子 »