« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

子供って

実は十月に、おばあちゃんを連れて、沖縄に行くことになったのだが、お供(?)に甥を二人連れて行くことに。(キビ団子はやってません。笑。)

沖縄に、飛行機に乗って(初めてなのだ)行くことに興奮しているらしい、甥二人。

おばさんとしてはどうなる事やら・・・と、思わないわけでもないが、まあ、旅は道連れ、世は情け(意味不明)なので、きっと楽しい旅となること請け合い。

でも、今回面白いな、と思った事は、ひとりは思春期真っ只中、14歳、ひとりは、まだお子チャマ(?)な12歳の甥っ子だけど、おばあちゃんと行くことに何も抵抗がないということ。

ううううーーーん、初めての飛行機が嬉しいのか、学校を休めるのがいいのか、どうかわからないけれど、おばあちゃんの世話が付いて回るのは事実。(と言っても、それほどのことではないが)

なのに、二つ返事で「行きたい!!!」

人間これが大事なのではないか?と思ったしだい。

心配や面倒なことよりも(と言っても二人共普段からおばあちゃんの世話は嫌いではないけれど)楽しいことに集中する心。

歳をとると忘れてしまうことかもしれない。

楽しいだろうけれど、疲れるだろうな、とか、帰ってきてから、しんどそう、とか、学校休んで、いいかしら?とか、お金どうするの?とか、ets・・・・・

そんな心配なんかこれっぽちも・・・

楽しそう!飛行機乗りたい!

南の海~♪(そう、それだけ)

甥達を見習って、これからの人生、こう、ありたいものである。

心配をする前に、純粋な心の声を聞くこと。

今、こうしたい!あれしたい!

楽しい心だけに、焦点を合わせて。

それが、何事もうまくいく秘訣なのかもしれない。

ちょっとしたトラブルは、後になってしまえば、笑い話。

大事なのは、その時を楽しむ気持ち。

10月には、91歳のおばあちゃん、叔母、甥二人、不思議な関係の4人での沖縄珍道中が、楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーマッサージ指導者講習&親子教室

ついでにと言ってはなんだけど(本日3連ちゃん)

ベビーマッサージ講習の日程が決まりました。

11月1日(土)です。

皆様よろしくお願いしますね。

ベビーマッサージ指導者講習&親子教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の課題

久しぶりなので連投です・・・。

土曜日に、バレエの生徒さんとバレエの動画を見ながらご飯を我が家で食べた。

久しぶりに料理(おもてなしね)を作ったので、いい気分。(これが実はストレス解消法)

自分の家ということもあり、おいしいカヴァを調子に乗って飲んでしまい、久しぶりに酔っ払い、あげく、朝方まで、お泊りした生徒さんとしゃべって、日曜、月曜は、だらだらりん状態。40過ぎて、朝まで起きているなんて、無謀以外何者でもございません。反省。(ただ、日曜日を臨時休業にしたのは、先見の明であります。←アホ)

ということで本題。

最近の自分の課題

「謙虚であっても、自己評価は低くしない」

昔から気になっていた、自分の自己評価の低さ。

最近はそうでもないけど、それでも気になる癖、というか反応がある。

誰かに褒められたときに、無意識な状態のときは、必ずといっていいほど、『そんなことないです』というようなニュアンスで応えてしまう。

例えば、先日の話

「帽子がいいですね。」と言われて、「でも安物ですよ」と応えてしまう。

どうして、「嬉しいわ、ありがとう」と言えないのか、な、と思う。

その後から、「でも、安物ですよ」と言えばいいのに、私、と、思うのである。

それこそ、土曜日の料理を褒められたとのこと

「先生の料理、主人がおいしいって言ってました」(少しおすそ分けしたのです)

「そりゃ、口に合わないなんていえないよね」(こう書くと、なんて嫌なやつなんだ、私)

って、言ってしまうのだ。

照れもあるのだろうけれど(自己弁護)本当は、素直に、「ありがとう」って、言いたいのである。

その反応にこれからの私の課題が隠されていると思う。

自己評価の低さや、言葉のママに受け取れない何かの思い込み、など、まだはっきりしないけど、ちょっと、掘り下げてみようと思う。

相変わらず、己のこともなーーんにもわかっちゃいないのだ。

ま、だから面白いと言えば面白いのだけどね。

新しい(というか知らない)私との出会い~♪

なんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスタルセミナー

またまた、お久しぶりです。

先週の土曜にクリスタルセミナーが、あったのだけど、お値段といい、内容といい、かなりよい講座。(といっても、残念ながら、私は仕事で参加できなかったけど)

これから定番にしていきたいと思っているのだけど、課題がひとつ。

自分のスクールのことであるのだけれど、広報活動の仕方をもっと考えないと。

ただ、普通に宣伝をするのは、お金が(きっと、皆さんが思っているよりも)かかる。

自宅もサロンも自前なら、家賃分広告費にまわせるけれど、いかんせん、借家の身。

何とかいい方法を考えなくては。

だって、せっかくのいいセミナー(あ、もちろん我がスクールもね。笑。)なのだから、多くの人に知ってもらわないと。

ストーンショップ chiruchiru michiru

今、引越し途中なので、UPされているものが少ないですが、覗いてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦手なことは・・・

先日のお客様との話。

教えてもらう立場だと、先生を選べるけれど、教える立場だと、生徒さんを選べない。

考えたことなかったけれど、まさにその通り。

生徒さんは、一応写真とはいえ、私の顔を知っているわけだし、何か理由があって私を選んでくれたということなので、ある程度予想は付くと思うのだけど、私の場合は、当日までどのような方かわからないのだ。(中には、そんなはずでは・・・・という方もいるかもしれないけれど。)

でも、それがまた面白いところ。

お蔭様で、いろいろな方との出会いがある。

今はカルチャースクールでも教えているので、細々とした我がHPだけからのご縁を頂くよりも、もっとたくさんの方との出会いがある。

普通に生活していたら、出逢うこともないような方とか、(ありがたいことに)遠い他府県からの参加者の方と出逢えることは、思っても見なかった(というか意識していなかったのだけど)スクールを開いていることの副産物(?)だった。

どちらかというと人見知りするほうなので(うそをつけ!と、石が飛んできそうだけれど・・・)今思うと、己を知らぬ無謀な職業選択だったのかもしれない。

まあ、そんなことを言うと、リフレクソロジーだって、以前の私からしたら不思議な選択。

ボディワーク系が嫌いだったから。(きっぱりしすぎ?)

マッサージ大好き!なんて人がいたら、・・・へんな人~、だったのだから。

人でもそうだけれど、好きと嫌いは紙一重。

嫌いは、関心のある証拠。

私にとっては、教えることも、人の身体に触ることも、今世の課題なのかもしれない。(母性を磨けということか?)

好きなことして、才能を伸ばせばいいということも言われるけれど、好きなことが見つからない、という方は、苦手なものに挑戦すると、案外打ち込めるようになるかもしれない。

一度お試しあれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかり、秋

2,3日前から、夜になると裏庭から虫の鳴き声が聞こえてきます。

どんなに暑い日が続いても、お盆の終わりごろになると、聞こえる虫の声。

毎年この声をきく頃になると、朝晩の風が涼しくなる。

街中に住みながら、自然に四季を感じられるのは、ありがたい幸せ。

そういえば、土曜のお月様も綺麗だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必要なものと、いらないもの

相変わらず、名古屋は暑いですが、皆様お元気ですか?

姉が家族で帰省しているので、おばあちゃんの世話と愛情(?)を一身に受けており、なんだかんだと更新ができていませんでした。(朝からお風呂に入れると、ぐったり・・・気がつくと、お昼。)

ところで、本題。

この間、お客様との話の流れで、私と両親との話になった。

このブログでもいろいろと書いているので、改めてまた書くこともないのだけれど、世間から見ても、かなり確執のある親子だった。

母とはいい関係になってきている今だから、以前の自分の気持ちを人にもさらりと言える様になったと思うのだが、当時はかなり、深刻。

なんせ、「こちらから、歩み寄ったら、負け。」でしたから。(今思うと笑えるが、当時は真剣。人様にも言えるわけがない。)

だけども、父が死んでしまうちょっと前に、父から「許す」ということを教えてもらって、少しずつ楽に(自分の心がね)なった、という話をしたのだ。

けれど、これは、別に父が親の役目として、「人を許すということは、これこれこうするのだ」と、私に指南したわけでもなく、ただ、最後に会話したときに、私が父を許していることに気がついただけ、というお話。

許すというよりも、相手を受け入れた、と言うほうが適切かもしれないけれど、どちらにしても、父との最後の会話が、私の心を楽にしてくれた。

そのような話をお客様としていたのだが、その後もちょっと思うところがあった。

父は65歳で亡くなっているので、今の時代にしては、長生きではないけれど、死んでしまうときに、ちゃんと自分の役目を果たしてくれたと思う。

誤解を受けるかもしれないけれど、「死ぬ」ということによってしか、その役目を果せないものもあると思う。(生命保険を残してくれたとかそういう話じゃなくて)

残されたもののこれからの人生に、必要な何かを残していってくれて、いらないものは、持っていってくれる。

そして、人の死は、時を選ぶ、といけれど、父のときは、本当にそう思った。

私の父は、絶妙のタイミングで、私のこれからの人生に必要な課題を、ちょっぴりヒントをつけて残していってくれた。

ああ、こんなことを書くと、あの世から父の高笑いが聞こえてきそうで、癪だけど(笑)

ま、お盆ということで。(じゃ、あの世じゃないか。今こっち?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕焼け

スクールの講座が終わると、今の時期は夕焼けの時間。

土曜の帰り道、空を見上げると、夕焼け雲が、まだ、青さの残る空に映えて綺麗だった。

夕焼けを見たのは、久しぶり。

毎日追われるように過ごしていたことを反省。

夏の夕焼けは、大好きなのにそれを眺める心の余裕がなかったことに、ちょっとしたショックを感じた。

街中に住んでいると、夕日を見るのもビルの隙間から、だけど、夕焼け雲を眺めながら、今日一日を感謝する日々を送りたい。

何の変哲もない、ありきたりの夕日を立ち止まって眺めるささやかな時間と、心の余裕が、生活を充実したものにしてくれる。

今日の夕日は、明日は見ることができなんだからね。

そして、今年の夏は、今年で終わり。

今年の夏を楽しまなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も朝から2

今日も朝から、暑い!じゃなくて、今朝は夕べの雨で涼しいです。

朝、おばあちゃんのところから、鼻歌交じりに戻ってくると、電話が鳴った。

相手は、カルチャースクールでお世話になっている方。

「緊急の用事なんです!」

(なんじゃ?)

「夕べ、講義室のかぎを戻されなかったそうですね。」

(がーーーーーん。そういえば・・・)

「今日も朝から講座がありまして・・・・」

(時計はすでに10時過ぎ・・・)

「すいません!!!今すぐ持っていきます!」

と、電話を切ったのはいいけれど、鍵ってどこよ?状態。

夕べジーンズのポケットに入れて・・・・そのまま。

だーーー、洗濯機の中じゃん!(そうなんです、洗濯してしまったんですね。とほほ)

あわてて、洗濯機の中に手を突っ込み、探しだして、鍵を引っつかむと、自転車でGO!

(ああ、神様、上前津の教室でよかった!仕事も入ってなくてよかった!神様、ありがと~う!)

管理人室に、鍵を返しに行くと、おじさん一言。

「あほやね。」

そうです!その通りでございます!何を言われても、しょうがないです。

だけど・・・へこんだ・・・・。

講師の方にも、お詫びをし、汗だくで、家へ帰った。

帰ってから鏡を見ると、髪はぼさぼさ、Tシャツよれよれ。

だ、だめじゃん。(でも、もう遅い。)

夕べそういえば、生徒さんとエレベーターが一緒になり、質問なんかを受けながら、話をしていてそのまま帰ってきてしまったんだ。

ああ、次回は絶対、かぎ返すの忘れないでおこう。

せっかくの涼しい朝が・・・。

(自分のせいです。反省。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も朝から

暑いです。部屋の温度30度超えております。

掃除しているだけで、熱中症になりそう。

今週は、ありがたいことに、なんだかんだと忙しく(他の方から見れば、暇かも?)、自宅と栄の仕事場を行ったりきたり、倒れないようにしなければ・・・・。

そういえば、昨日食べたゆで卵、卵よりも、塩のおいしさのほうが、勝っていた。皆様も、水分摂取、塩分摂取、お気をつけくださいね。

宣伝もほとんどしておらず(お金がかかるのです~)ひっそりとしたスクールですが、ありがたいことに、またしても関東方面からの受講生がいらっしゃいます。

新幹線に乗り、ホテルの予約までして・・・ありがたいことです。

この暑さに負けない情熱で(うっとしい?)講義を行いたいと思います。

もちろん、愛知の方も、歩きの方でも、自転車の方でも、変わらぬ情熱で接しさせていただきますよ♪

それにしても、この暑い中、受講生の皆様には、感謝しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルチャースクール覚王山

昨日は、覚王山での、ハンドセルフ講座。

何年かぶりに覚王山に行ってきました。(それも地下鉄でなんて、20年ぶりぐらいかしら?)

リビングさんの覚王山教室が9月から、開講ということで、今体験講座を実施中。それに参加しての講座。

覚王山教室に申し込まれるような方たちは、どのような時間帯が一番集まりやすいのかいろいろ悩んだけれど、めんどくさくなって(無責任だぞ、私。状態)取り合えず日にちだけ決めて、開講の連絡。時間は、リビングさんの方で適当に決めてください、とお願いしたら、なんと、13:00~15:00の開講。

おいおい、一番暑い時間帯じゃん。(無責任な割りに、突っ込みだけは、一人前)

人は果たして集まるのか・・・・と、思いながらも、体験講座だし~、なかったら、なかったで、ま、いいか、と、テキトーに構えていたら(これまた無責任で、すいません・・・)、全然覚王山とは関係ない方たちが、申し込んでくださった。(ありがたいです)

そして、また、ありがたいことに、22日の講座も、ぼちぼちと申し込みがあるようで、またまた、覚王山に出向くことになりました。

最近はやり(?)の引き寄せの法則じゃないけれど、何が何でも~、と、力まず(テキトー?)にいたのがよかったのかしら?(というほど大げさなことでもないけれど)

それにしても、教える場をいただけるのは本当にありがたい。

まだまだ、経済的にはスリルとサスペンスの毎日だけれど、自分のやりたい仕事ができて、心は、充実。(もう、踊っております、ワルツでも、ポルカでも、タンゴでも、何でも来い!って、感じです。)あとは、ロマンス?だけかしらん。(爆)

リフレクソロジーを始めて10年目。

スクールを始めて5年目。

ガタ、ゴト、ガタ、ゴト、キーーーーーと、各駅停車のような歩みだけれど、今まで続けてこれた自分に感謝。

もちろん、周りの方たちにも感謝です。

これからも、なんだかんだと、各駅停車の旅は続くのじゃ。

(覚王山から、話ずれずれ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »