« 協会の懇親会 | トップページ | しょうもない話 »

嬉しい贈り物

(カテゴリー違いかも?ですが・・・)

日曜日に養成講座を修了された長野の生徒さんから、大きな宅配便が届いた。

中身はなんと、ワラビに山うど。(とアスパラ)

それも、お母様が山で採ってきた自然のもで、両手で抱えきれないほどの量。

丁寧にワラビは下処理がしてある。

中には、すでに昆布で味をつけられているものまである。(これがおいしかった!)

山うどは、お店で売っている山うどとは違って、香りが断然いい。

ゆでたお湯まで、いい香り。

ワラビもよい香りがして、山菜をスーパーで買う生活は邪道だと思い知る。(と言っても、自分ではなかなか採りにいけないけれどね。)

おまけと言って、一緒に送ってくれたアスパラもとってもおいしくて、アスパラ好きなおばあちゃんは、ご飯を残してまで、アスパラを食べていた。

ワラビはもちろん、ワラビ丼のように食べていたけれど。

こういう頂きものをすると、豊かな生活とはなんぞや?と、改めて考えてしまう。

季節の地の物、それも野生のもの味の豊かさに感謝です。

ああ、最も感謝するのは、山で採ってきてくれたお母様と送ってくれた生徒さん。

豊かな滋味をありがとうございます。

遠いところから通ってくださったことにも感謝です。

(今日お礼状を出しておきました。)

|

« 協会の懇親会 | トップページ | しょうもない話 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

mizuさん,こんばんは。

春先に,姉が裏山(名古屋市内です)で採ったタケノコをゆでてくれました。千葉まで持って帰ったけれど,刺身で十分食べられました。

「豊かな生活とはなんぞや」少なくとも,大都会で輸入された食材ばかりに囲まれながら,世界各国料理を食べているだけが「豊か」でないことは確かだろうと思うのです。

でも,「休耕田を減らして,みんなでお米を食べれば,食料自給率が上がる」とは思えないけれど・・・

投稿: なも | 2008年6月13日 (金) 00時10分

私の家には裏山がないので、裏庭の一坪畑で作ったきゅうりを頂いております。
今朝もきゅうりのとげが指に刺さってしまいました。
ありがたいやら、痛いやら・・・。

ナスも要注意ですけど。

投稿: mizu | 2008年6月13日 (金) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/41490330

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しい贈り物:

« 協会の懇親会 | トップページ | しょうもない話 »