« やっぱり、ベビーはいいねぇ。(と、協会の話) | トップページ | バレエ鑑賞オペラ座ル・パルク »

昔、小林旭、今、劇団ひとり

実は白状すると(?)10年ほど前に香港映画に凝っていた。

20代の頃は香港映画は苦手だったのだけど(ジャッキーチェンとか、サム・ハン・キンポー?とかね。独特のアフレコが苦手・・・)

きっかけは、チェン・カイコーが、カンヌで賞を取った さらば我が愛 覇王別姫を見たこと。

主演が香港俳優さんレスリー・チャン(なんと、数年前、自殺してしまった)で、気になる俳優さんだったのでいろいろと調べたのがそもそもの始まり。

そしたら、なんとなく見ていた今までの香港映画「零幻道士」(キョンシーの出てくるやつ)男たちの挽歌にも出ている俳優さんと判明。

その後はレスリー・チャンを軸にレンタルでビデオ(懐かしいね)を借りて、そのおまけで、いろいろな俳優さんが好きになってしまったのだ。

丁度その頃はウォン・カーウァイの恋する惑星(金城武君ね)とかが、香港のニューウェーブ(フランスだったらヌーヴェルバーグ?)がはやり始めた頃で、ウォン・カーウァイもそれなりに見たけれど(ブブエノスアイレスは、レスリーは、地でいっている?)自分でも以外だったのが、おしゃれな香港映画よりも、今までは魅力を感じなかった香港おバカ映画とか、それこそ「男たちの挽歌」なんかに、はまってしまったこと。

最初レスリー・チャンで、最後にはどうしてもチョウ・ユンファが好きになってしまって、俳優さんで好きというより、ああいう男の人がいたらいいなあ、と(男たちの挽歌みたいに、弾を30発(?)以上も受けていて、死なないような人も困るけど)ちょいと、憧れの人になってしまった。

(一番身近に居そうなのは、トニー・レオンかな?彼も好きですよ~)

チョウ・ユンファの何が好きって、あの人のよさそうな笑顔。プライベートでもそうらしいけれど、心配事があるときにあの顔で「大丈夫!」と言われたら、すっかり元気になりそう。

今ではハリウッドにも進出して何本かの作品にも出たけれど(パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンドまだ見てないけれど、出てますね)「リプレスメント・キラー」(DVDは出ていないらしい。ミラ・ソルヴィーノと競演した)を見たときは、「おおお!英語がうまくなっている!」と感激してしまった。(昔ニューヨークを舞台にした香港映画で英語が下手で通じない役をやっていたので)

それに、何が感動したかって(もうただのおバカファンになっておりまする・・・)アカデミーの受賞式でマトリックスが賞を(特殊効果だったかな?)取ったときのプレゼンターを務めたときの姿を見たとき。

もう、感動の涙・・・・。(チョウ・ユンファがんばったのね・・・・)

おバカファンの独り言は、きりがないので、これぐらいにして。

と、ここで、なぜ今回のタイトルか、というと

昨日GyaOで、「ゴッド・ギャンブラー」を見つけてみたから。(これ前見たかったのに、ビデオやさんになかったのだ)

そのレビューの中で

「・・・劇団ひとりに似た俳優さんが・・・・」

というコメントがあり、

ああ、昔は、チョウ・ユンファと言えば、「小林旭に似た香港の人ね。」

だったけど

今は、「劇団ひとりに似た人ね。」

なのね。

(読むまで気が付かなったけど、そういえば似ているわ~。かっこいいのは、ファッチャイだけど。もちろん。)

と、時の流れをひとり感じてしまったからなのだ。

それにしても、ゴッド・ギャンブラー、香港映画特有のご都合主義的話の流れに突っ込みを入れながら見るのは最高!

チョウ・ユンファの演技力も、なかなか。(贔屓目じゃなくてね)

若いときのアンディ・ラウも出ています。

インファナル・アフェア(ハリウッドがリメイクしてディパーテッド アンディ・ラウの役をマット・デイモンが演じてます。)

・・・・・さっき見つけた

「ドランゴボールZ」で、亀仙人の役をやるらしい、ファッチャイ。(見るべきなのだろうか・・・・な、悩む。)

ところで、久しぶりに更新しました。

リフレクソロジーあれこれ

|

« やっぱり、ベビーはいいねぇ。(と、協会の話) | トップページ | バレエ鑑賞オペラ座ル・パルク »

「好きな映画」カテゴリの記事

コメント

初めまして。アッキーといいます。

ユンファで検索したらこちらのブログが見つかりましたので
拝見させてもらいました。
「リプレイスメントキラー」のDVDは発売されてますよ。
もちろん自分は持ってます。
男の自分としてはやっぱり挽歌Ⅱが一番好きですね。
ユンファ&ウーの集大成って感じで。賭神もいいですね!

ドラゴンボールZ・・・確かに見るべきか悩みますね・・・(笑

投稿: アッキー | 2008年7月31日 (木) 19時49分

アッキーさん。初めまして。
コメントありがとうございます。
リプレスメントキラー、DVD出ているのですね。

挽歌Ⅱいいですね。挽歌Ⅰは、マークが悲しすぎる・・・。

実は一番好きなのは、「風の輝く朝に」なんです。
ユンファが男優賞を取った映画です。
でも、最後に死んでしまうんですけどね。ユンファ。

投稿: mizu | 2008年8月 1日 (金) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/41359987

この記事へのトラックバック一覧です: 昔、小林旭、今、劇団ひとり:

« やっぱり、ベビーはいいねぇ。(と、協会の話) | トップページ | バレエ鑑賞オペラ座ル・パルク »