« スイスチャード | トップページ | カルチャースクール講座 »

塞ぎ虫の特効薬

毎度、毎度の受け売りですが、

気分がふさぎ込んだりすると決まって読み返す本がある。

ロバート・フルガム氏の人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだだ。

短いエッセイで出来ている本なのだが、そのエピソードを読むと人生も人もないもかも、それほど捨てたもんじゃないと思える。

最近この本の中の話をふと思い出した。

『スーフィー教の説話に、神からただひとつの願いをかなえられた善人の話がある。その男は人に知られずに喜ばれることをして歩きたいと願った。神はその願いをかなえたが、考えてみるとこれはなかなか悪くない。そこで、その男の願いを全ての人間にかなえることにした。以来、人類はそのまま今日に至っているという。』

自分なんて、たいした人間じゃないなあ、なんて、ちょっぴり、へなちょこモードに入っているときなんかにこれを読むと、元気が出る。

きっと、私も自分の気がつかないうちに誰かを喜ばしているのだろう。(その反対も多いかもしれない。いや、きっと多いに違いない。そして、また落ち込む、そして、立ち直る。そう人生なんてそんなことの繰り返し。笑。)

そういえば、私だって感謝している全ての人に「ありがとう」を直接言ったわけではない。心の中で感謝していることのほうが多いかもしれない。それにささやかな思いやりが私を助けてくれたことのほうがどれだけ多いか。

この本の他のエピソードに、ニュースを見ていると、世の中悪いことばかりが起こっているような気がするけれど、めったに起こらないからニュースになるのだ。ということが書いてある。

自分の人生でもそれが言えると思う。

悪いことなんて、めったにおきないから悪いことばかりだと思い込む。それよりも、たくさんのいい事のほうが毎日あると思う。

当たり前すぎて見えてこないかもしれないけれど。

ロバートさんの塞ぎ虫の特効薬はベートーヴェンの第9を聞くことらしいけれど(これ私も一緒)私には、すぐに手にとって、どこでも読めるロバートさんの本が塞ぎ虫の特効薬なのだ。

|

« スイスチャード | トップページ | カルチャースクール講座 »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/40837436

この記事へのトラックバック一覧です: 塞ぎ虫の特効薬:

« スイスチャード | トップページ | カルチャースクール講座 »