« 人体実験 | トップページ | お別れ »

突き指事件(人体実験続き)

先日のブログで人体実験の話を書こうと思いながら、途中からお涙頂戴(?)の話になってしまったので、改めて。

母の模様替え兼掃除を手伝った日、玄関のドアを拭いていたところいきなり

「ぐぎっ」(ごぎっ?)

と、かなりの音がしたとたん薬指に激痛が!

だーー、突き指じゃ!

痛みよりも頭の中はその後の指の状態を予想して大混乱。

第2、第3関節が、ぶおーーーと、腫れてくるに違いない。(妄想)

明日起きたときは、きっと、手の平を握れなくなっているに違いない。(これまた、妄想)

と、最悪の予想をしている間にも、指の痛みは徐々に強くなってくるし、中手骨の辺りまで痛み出した。

ズンズン、ズンズン、もう、ジャズのベースの響きである。

ああ、ヘッドマッサージの予約は入れられない。

もしかすると、リフレクソロジーも危ないかも?

と、頭の中では、妄想はさらに悪い方向へ。

ええい、指を痛めるのも何か理由があるはずだから、きっと、いいことの前触れよ。

なあーんて、思ってみても、痛いし、大して効果なし。

心配した割には、その後、腫れはしなかったが、痛みは強くなってくる。

ちょっと、気分が落ち着いたところで、あまりにも仕事のことが心配になり、空中で(空気ギターならぬ)空気トリートメントを行ってみると、どうやら、リフレクソロジーは、大丈夫なのようで、ほっと、胸を撫で下ろす。

本当は炎症の急性期はリフレクソロジーは禁忌なのだが(炎症を強めてしまう場合があって、痛みが強くなったりする。)少しでも早い回復を願って(自分の身体だし)ハンドトリートメントを行い(部分的にね)夜は足にも行った。

おお!するとどうであろう、少しは腫れが強くなっていはいたけれど、痛みは薄らいでいたし、ヘッドはともかく、リフレクソロジーにはぜんぜん影響がないぐらいに手を握れる。

その後も毎日セルフを行い、昨日には、腫れも治まり、よほど強く力をかけないかぎり痛みも感じない。

リフレクソロジーのおかげか、思ったより突き指がひどくなかったのかは、わからないけれど、仕事には何一つ影響がなくてよかった。

そういえば、ベイリーの初日の日、東京へ向かう前に家の玄関の階段の踊り場から見事に滑り落ちてひじを強打、東京に着いてからは、ご飯を食べるのにも困るほど腫れあがったことがあった。

ましてやトリートメントの実技なんてできっこなかったのだが、人数の関係でモデルはやることに。(今思えば、禁忌なんだけどね。)

するとどうでしょ、2日目の午後には腕もすっかり動くようになって、実技も行えるようになったのだ。

炎症自体が防御と修復なので、トリートメントによって炎症が強くなるということは、治癒を早めているということもいえるけど、それにしてもこの回復力。

リフレクソロジー効果なのかしらん。

でも、やっぱり、炎症の急性期は「禁忌」です。

人体実験はいいけれど(あ、自分にね)人さまにはお薦めできません。

くれぐれもお気をつけください。

|

« 人体実験 | トップページ | お別れ »

「リフレクソロジー」カテゴリの記事

コメント

初めまして。「新・自分探しブログ」の管理人のシンと申します。私は現在「情報企業家」として生活しております。

私は現在鬱病闘病中です。鬱になり、人の温かさ、人との繋がり、人から勉強させてもらうという事がいかに大事かわかりました。現在は色んな人との出会いを大事にしたいと考えております。すごく人を惹きつけるサイトだと感じました。ランキングにも協力させて頂きます。

私のブログへも暇な時に覗いてやって下さい。
内容は鬱病、禁パチ、ネットビジネス、ヤクザさんとの修羅場体験、恋愛商法体験、架空請求体験など、過去の話や日常を記事にしております。

http://japan11921024.blog66.fc2.com/

良かったら覗いて下さいね。
ランキングにも協力して頂けたら嬉しく思います。出来れば…相互リンクもお願い出来ないでしょうか?私のブログは弱小ブログですが…
これからも色々勉強させて頂きますね。
それでは失礼致します。

投稿: シン | 2008年3月 7日 (金) 16時13分

シンさん、書き込みの返事が遅くなりました。

お読み頂き、ありがとうございます。

ただ、リンクは基本的にセラピスト関係になっております。
申し訳ございません。

シンさんも、ブログがんばってください。

投稿: mizu | 2008年3月11日 (火) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/40382239

この記事へのトラックバック一覧です: 突き指事件(人体実験続き):

« 人体実験 | トップページ | お別れ »