« 教える者として | トップページ | リフレクソロジー親子教室 »

最近の受講生は

けしからん!!じゃなくて(笑)医療関係者の割合が多いような・・・。

スクールを始めた頃の私なら「看護師さん」と聞いただけで、「私がそんな人たちに教えていいのか!!!!」と、腰が引けておりましたが、最近はお蔭様でなんとか勉学(?)を積んできたので、以前ほどではないけれど・・・でも、実は内心ちょっとびびっているのも事実。

でもよくしたもので、そういう方たちを前に講義(それも、解剖生理、病理)を行うということで、割と細かいところまで勉強するから(ああ、もちろん、医療従事者ではない方に対してもそうなんですが・・)私にとっては、とてもよいことなんですが。それに、勉強したことは講義の質も上げることになるので、他の受講生の方の利益にも繋がる。

最近では(開き直りか?)先生だからと気負いすぎてくたびれるより、私自身も勉強させてもらっているんだー(お金頂いているのにね)と、思い、わからないことは逆に聞いちゃったりしている。(現場のこととか、医療用語の読みとかね)

(先日も、後陣痛(こうじんつう)と後産期(のちざんき)がごっちゃになって、「のちじんつう」と言ってしまってご指摘を受けました・・・・。はんせい)

それに、以前も書いたように、医療従事者の方のみならず、医療関係以外のお仕事をされている方も鋭い質問を投げかけてくださったり、逆にすごく基本的なことを尋ねられ、自分の中では当たり前になりすぎていたことに、気づかせていただいたり、と、どのような受講生にも教えられることはたくさんある。

相手は誰にしてろ、先生とは常に、教えられるもの、かもしれない。

それに、何が怖いって、何でも知っているつもりになるほうがよっぽど怖い。

だ、だけど・・・婦人科系が頭に入ったと思ったら、今度は免疫が消えていく・・・(まるで、ところてんのように)そして、脳みそのキャパシティはどんどん減っていく・・・。

果てしなく脳のキャパシティとの戦いは続くのだ。

人気blogランキングへ

今日もワンクリックお願いしますね。励みになりまする。

|

« 教える者として | トップページ | リフレクソロジー親子教室 »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/17739007

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の受講生は:

« 教える者として | トップページ | リフレクソロジー親子教室 »