« 養成講座最終日 | トップページ | 最近の受講生は »

教える者として

教える者、と言っても今回はバレエのほうの話。

一応身体を動かすものだけに、祝日でもお休みにはならないのだが、やはり参加者は少ない。

先日のストレッチクラスもなんと!ひとり。

まあ、参加者一人だと、最初から最後までその人を見ていることができるので、細かいところなどの指導ができるのでいいのだけどね。(ストレッチクラスとはいえ基本には厳しいですよ~)

先日おひとりだったのは一番長く通ってきてくれている方なのだけれど、バレエを始めたのは50過ぎてからの方。(まあ、正確に言うとストレッチバレエ?び、び、美容バレエ?だけど)

ストレッチも終わり、バーレッスンに、もちろんおひとりなので、プリエから、バットマン・タンデュと、じっくり個人レッスン。

すると、筋肉の使い方、足の運びがちゃんと基本どおり!

それを見た瞬間、なんだかわからないけれど、感動してしまった。

年齢を経てから始めた方が基本に忠実に行えるようになったことが嬉しいのか、自分の教え方がよかったからと感じたのか、わからないんだけれど、感動。

大人から始めるバレエストレッチと言っても基本に忠実に筋肉を使ってこそ、綺麗な姿勢になれるし、歳をとると衰える筋肉を鍛えることができる、と思って、結構うるさく言ってはきたけれど、そんなに言わなくてもいいんじゃないか?だって、ここはストレッチクラスなんだし・・・とか、楽しくやればそれでいいんじゃないかしら?とか、時々自分のうるささに自問自答していることもあったから・・・・かも?

教えた結果、練習した結果は一朝一夕には現れないことが多いけれど、続けていれば確実に現れる。

なんだか、最近は教える喜びをたくさんいただいているのだ。

感謝です~♪

人気blogランキングへ

今日もワンクリックお願いしますね。励みになりまする。

|

« 養成講座最終日 | トップページ | 最近の受講生は »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/17713790

この記事へのトラックバック一覧です: 教える者として:

« 養成講座最終日 | トップページ | 最近の受講生は »