« 教える者として | トップページ | セラピスト冥利? »

始めるのに早過ぎることはない。

とある受講生さんの話。

お仕事がとっても忙しい方で、こちらからしてみれば、どうしてそんなに忙しいのに、今、養成講座まで?と思うほど。

受講生さんは、「今後この仕事をしていきたいと思っているので。」「それに、仕事を止めてから、とかそんなことを考えるよりも、勉強するなら早いほうがいいと思って。いろいろ考えてばかりいると、いつの話になるかわからないし、それに歳をとるだけですから、この先」と。

言われてみれば確かに~。

私だって、そういう経験はある。これが終わったら、とか、あれが済んでから、とか、考えていたことは、ずるずると先延ばしになって、結局やらなかった、ということが多い。

(ま、私の場合、きっと、そういう時は本当はやりたくないんだろうな、と、思う。だからいろいろと頭で考えている振り(?)をする。だって、やりたいことは、すぐにでもやりたい性格なんだもん。)

そういえば、かれこれ、10年ほど前に焼き物を始めたことがあった。(今はまったくしてないけど・・・・)誘ってくださったのは東京から単身赴任されていた方で、歳は確か50歳ぐらい。名古屋に来てから焼き物を始めたらしい。

「名古屋は焼き物をするにはいいところだよ。瀬戸があるし、常滑も、ちょと足を伸ばせば信楽もあるし。」

「それに、瀬戸の陶磁資料館はいいよ、安くて空いていて、焼き物を始めるのには、いいところだよ。きれいだし。」

こちらからどうぞ→陶磁資料館(利用料金高くなった・・・・前は粘土代と、利用料金だけだったのに・・・)

と、当時はそれほど知られていなかった陶磁資料館に連れて行ってくれたのだ。(今は万博のおかげでとっても込んでいると思うけど。)

その方が焼き物を始めた理由も、定年後の趣味のため。

「早すぎると思うかもしれないけれど、定年してから~なんて思っていると、遅すぎるよ。準備は早めに始めないとね。歳をとるだけだから。」

その時の私は、まだ(?)30過ぎだったので、この言葉の意味をそれほど重く感じていなかったのだけど、今ならよくわかる!

バレエを始めたときもそうだったけど、「この歳で?」とか何とかいっていても、若くなることは、この先ありえない。やりたいことがあったらさっさとやらないと。

だってね、この先、今の自分が一番若いのだから。(しみじみ・・・・。)

40過ぎたおばさんが言うのもなんだけれど、

何かを始めるのに、早すぎるということはないからね。

また、遅すぎるということも、ないからね~。

人気blogランキングへ

あなたのワンクリックも早すぎることも、遅すぎることもありませんので、よろしくお願いしますね。

|

« 教える者として | トップページ | セラピスト冥利? »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

「始めるのに早過ぎることはない。」

私もそう思います。
ロミロミやリフレのスキルを身につけたいと思ったのは、もう10年も前。
だけど、それをモノにしたのは去年~今年ですもの。
私の場合は金銭的な理由があって、伸び伸びになってしまったんですけど…(笑)
今、振り返ってみると、体力と脳力を考えると、少しでも若いうちに始めた方がいいのだと、身をもって思いました。気力・やる気はマンマンでも体がついていかなくて……(特にロミロミ)。

「思い立ったが吉日」

その時受講料とかの費用が足りなかったら、親に借金してやった方がいいと思いました(≧m≦)ぷっ。
動き出してみると、そういうものは後からついてくるものなんだと思います~。

投稿: hoihoi | 2007年11月 5日 (月) 16時42分

hoihoiさん、そんなに前から思っていたんですね。
年齢ももちろんですが、経験を早いうちから積める、というのも大事かもしれませんね。
家族の方や友達をモデルにケースだって取れますからね。
ケースを取るには、なんと言っても時間がかかりますから。勉強するのに早いに越したことはないですよね。

記憶力・・・大きなポイントですけど。(しみじみ)

投稿: mizu | 2007年11月 5日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/16970124

この記事へのトラックバック一覧です: 始めるのに早過ぎることはない。:

« 教える者として | トップページ | セラピスト冥利? »