« Oh! My God! | トップページ | 感情よ、こんにちは。 »

前世の記憶

初めて前世療法を受けてから、10年ぐらい経つけれど、栄のセミナールームで行ったグループワークのときに、9年前に受けたセッションの続きというか、そのとき思い出した人生の前半の記憶を思い出した。

それで、面白いなっと、思ったのが、この間思い出したことは、9年前に思い出していても、正直言って、?な、内容だったのだ。でも、今の私には、とっても納得の行くものだった。

3,4年前から、「こういう時私って、どうしてこんなにうろたえるのだろう?」と、不思議な自分の心の動きがあって、どうも気になっていたのだけど、その思い出した過去に、原因があったのだ。

そのときの記憶を思い出したことによって、子供のころから不思議だった自分の思いや興味の沸くもの、不安な気持ち、なんかの理由がわかった。

子どものころ、(小学生ぐらい)赤ちゃんを抱くと「どうして私の子どもじゃないのかしら?」と、思ったことが何度かある。(あまりにも変わった気持ちなので、誰にも言わずにいたけれど)

それと、これまた、小学生ぐらいのときから、テーブルマナーを覚えなくては・・・という、強い強迫観念に駆られていたこともある。

それに、小学生なのに、1930年代ぐらいから、1950年代ぐらいまでのアメリカ映画が好きで、よくNHKの名画特集なんかを見ていた。(今でも好きだけどね。)

この最初と最後の疑問は、9年前のセッションで、納得いったけれど、この2番目の気持ちがよくわからなかった。(というより、この間のグループワークで、このこと思い出したのだけど)

私のこの前の人生(アメリカ人のソフィアという女性で、お金持ちの人と結婚していて、3人の子どもあり。その後、離婚され子どもも引き離された。)は、勝手にアメリカ人と思っていたけれど、今回なんと、実はフランス人だったことが判明。それも、街角に警察の目を盗んで立っている仕事をしていたようで、かなり、惨めなフランス時代だった。

結婚してアメリカに行ったのか、アメリカに渡ってから結婚したのか、までは思い出さなかったけれど、これで、テーブルマナーにこだわっていた自分の子どものころの記憶と、2,3年前、成金ではない、いわゆるお金持ちの人と話をしていたときに、私の知らない話題(といっても知らなくてもいいような内容なんだけど)が出たとき、冷や汗をかくほど動揺してしまったことの理由がとてもよくわかったのだ。(病気と一緒で原因がわかればほっとするのだ。)

それと、これぞ、グループワーク!と言う感じで面白かったのが、アロマ担当の石田さんが、(もちろんセッション中)「ソフィー」と言う名前が聞こえたらいしこと。

私もそのとき思い出していたのは、アメリカ人の「ソフィア」ではなくて、フランス人の「ソフィー」だったのだから。

それにどうやら別の人性では私と同じ時代に生きていたらしいようなことも言っていた。(石田さん、違っていたら、文句言ってくれ~たまえ。)

グループワークは、個人セッションに比べると細かな誘導はしてもらえないけれど、比較的気軽に受けられるし(思い出さなくては!という緊張感があまりない。)一緒に受けた人と関連する人生を思い出したりするので、これまた、面白いのだ。それに、心と身体は緩むしね~♪

今月の24日にまた、行うので、興味のある方はどうぞご参加くださいね。

6月24日(日)10:00~12:00

あなはた栄ルーム 定員5名

参加費4,000円

詳しくはHPよりお問い合わせくださいね。

|

« Oh! My God! | トップページ | 感情よ、こんにちは。 »

「スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

なも には未知の世界ですが,「前世療法」の中でどのような「心の動き」があるのか,少し興味が出てきました。

ほんの少しだけ知識があるので,どうしても,まずは理屈から理解できないかと思ってしまうのですがね・・・。

投稿: なも | 2007年6月10日 (日) 07時10分

なもさん、前世療法は、アメリカでは、精神科医の方などが行っているものなので、なもさんが思っているよりは、理解しやすいかもしれませんよ。

投稿: mizu | 2007年6月11日 (月) 07時04分

え~なんかすごいですねっ!
あの短時間に、そんなことが起きていたなんて・・・。
あのグループワークの時、私が見ていた(感じていた?)風景は、他人事のようで、私は傍観者でした。
しかも、その主役は大昔のギリシャ風の白い衣服を着た、茶色い巻き毛でひげを生やした見知らぬ男性の処刑の様子。。。(^_^;
最初は石の壁に囲まれた場所で、神父様のような人と話をしているその男性。
しかも、必死で無実を訴えていて。
次の場面は、円形劇場のような公開処刑場。
私は遠くの席から、その男性の絞首刑を見守っていたのでした。

・・・うーん、私にとってはそれがなんだったのか、いまだに謎です☆
しかも、そんなさなかに唐突に「ソフィー!」と叫ぶ声がするし。(笑)
また、前世療法を受けてみたいです!

投稿: hikari | 2007年6月11日 (月) 16時42分

ひえーーーー!コメントに気がつかなくてごめんなさい。

うーーん。巻き毛のひげ面・・・アルゴンのとき、そうだったけど、やっぱり人を殺しているから、処刑されたのかも?(その辺のところは思い出さなかったけれど。長野さんいわく、思い出したくないところは思い出しにくいらしい。)
でもアルゴンのとき最初戻ったとき、苦しくて、暑くて、暗かった。
hikariさんとは、やっぱり何かのご縁があるようで・・・。

投稿: mizu | 2007年6月16日 (土) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/15367635

この記事へのトラックバック一覧です: 前世の記憶:

« Oh! My God! | トップページ | 感情よ、こんにちは。 »