« 人によって、感じ方もいろいろ。 | トップページ | 5月の風が・・・ »

ヒーラーの鏡?

あほなことに、土曜のコース前、お掃除を済まし、もうそろそろ、受講生の方たちも来る頃だろうと、コーヒーを(あっ、インスタントね)いれようと、カップにお湯を注いだとき、左手に衝撃がーーーーー!

なんと、ポットのふたがきちんと閉まっていずに、手に熱湯が、だーーーーっと、かかってしまったのだ。

「NO------!」と叫びながら、水で冷やし、しばらく呆然。

髪は女の命だけど、手はリフレクソロジストの命・・・。

今日の実技、どうするんじゃ?と、うなだれた。

アトピーも左手のほうがひどかったし、今回の火傷も、左手なので「これは、もしかして、神様からのメッセージ?」なんて、思ったが、きっと、ただの阿呆に違いない。(でも、寛容の心もきっと足りないのだろうね)

しばらく水で冷やしていると、それほどたいしたこともなさそうだったので、講義を開始。

でも、やっぱり冷やすことを止めると、痛くてたまらず、なんと、バケツに水を張ってその中に手を入れて講義する始末。(なさけなや~。)

身体が冷えるぐらい手を冷やしたら、なんとかたまらない痛さも引いていった。(ありがたや~)

なんだかんだと無事に講義は進み、お昼近くなって、その日足モデルをお願いしていたRioさんが、到着。

私のやけどのことを知るなり、すかさずレイキを当ててくれた。

じわじわと、伝わってくるエネルギーが、細胞にいきわたる。

今日モデルをお願いしていたのは、このことのためだったのかも?なんて、思いながら、しばらく、レイキのエネルギーをありがたく頂戴した。

レイキヒーリングもさることながら、Rioさんには、ヒーラーの心を見せてもらった。

言葉よりも、手が先に動く。

お蔭様で、その日は、痛みも感じず、夜お風呂に入るにも何も問題はなかった。

もちろん、デモンストレーションを含め、講義も支障なく進んだし。ありがとうございます。

リフレクソロジーもそうだけれど、自分の手で、何か人にできるって、いいなぁ、と思う。

道具もなしでね。

手があればいい。

|

« 人によって、感じ方もいろいろ。 | トップページ | 5月の風が・・・ »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

o(><;)o いたたた
mizuさん、災難というかアクシデント!
やけどの痛みはもう治まってますか?

本当に、「手」はリフレクソロジストの命ですよね。
私も仕事柄、カッターナイフを使う作業もあって、ばっつり指を切った時には、痛いのもそうだけど、真っ先に頭をよぎったのは、リフレの事でした。

でも、手指はね~、気をつけていても、けがしてしまうこと多いですものね。

大事に至ってないようで、よかったです。

投稿: hoihoi | 2007年5月 4日 (金) 21時07分

hoihoiさん、ありがとうございます。

跡はひどい感じですけど、もうすっかり大丈夫です。

この8年間で手に怪我をしたのは初めて。心の緩みなんでしょうね。

お互い、手には気をつけたいですね。

ロミロミがんばってください~。

投稿: mizu | 2007年5月 5日 (土) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/14896052

この記事へのトラックバック一覧です: ヒーラーの鏡?:

« 人によって、感じ方もいろいろ。 | トップページ | 5月の風が・・・ »