« 初心 | トップページ | 予防医学としてのリフレクソロジー »

トライアンフ

オーラ・ソーマのボトル、トライアンフ。

ペールグリーン/ペールイエロー

『春になれば、必ず、草は生えてくる』

今朝おばあちゃんに家からの帰り、玄関先のルッコラに、花芽がついていた。

普段見かけるルッコラは、単なる葉っぱだけだけれど、この時期には、「ああ、これは、アブラナ科?」という花芽をつける。

淡い黄色にわずかに入った茶のすじ。

意外とかわいい花なのだ。

毎年ルッコラの花芽がつくと「ああ、春だなぁ。」と、感じる。(今年は早いけどね)

この時期にしか咲かないルッコラの花を(まだだけど)見ると、いつもトライアンフを思い出す。

すべてには時があって、時期が来れば、勝手に物事は動いていくもの。

時期が来ていなければ、自分に必要な経験をしていなければ、あせっても、もがいても、どうにもならない。

でも、ちゃんと、春になれば、花は咲く。

時には待つことも、必要。

物事の動きが滞ったとき、うまくいかないとき、ルッコラが、そのことを教えてくれているよう。

そして、いつも、トライアンフを、思い出すのだ。

|

« 初心 | トップページ | 予防医学としてのリフレクソロジー »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/14076923

この記事へのトラックバック一覧です: トライアンフ:

« 初心 | トップページ | 予防医学としてのリフレクソロジー »