« 針仕事 | トップページ | ナチュラリストでもなければ、ロハスでもないんですけど »

仕事柄

ついつい、人の足を見てしまう。

履いている靴、歩き方、姿勢、素足の方は、その足そのものさえ。

最近は特に、バレエのときに、姿勢を指導するのだけれど、そのせいか、姿勢が気になってしょうがない。

特に子供達。

姿勢をよくするための筋肉がない子が多い。

だから、お腹が出て、あごも出ている。そのせいだと思うのだが、口を開きっぱなしの子も多い。(たぶん顔の筋肉も弱いのだろうね。)

「内臓の動きが悪そう」とか、「このままだと(今もかもしれないけれど)肩こり、腰痛だわ。」とか、「口をあけていると、感染症にかかりやすくて、歯周病にもなるのに~」と、人事ながら、思ってしまう。

私の親は戦前派なので、子供の頃は、姿勢のこともうるさく言われた。

やれ、ご飯の時に猫背だの、やれ、歩き方が悪いの、やれ、勉強する時は、背筋を伸ばせだの、口は、閉じてろだの・・・。

そのときは、うるさいなぁ、と思っていただけだけど、今になって、その大切さがしみじみとわかる。

何事も、「日々」が、大事なのだ。

週に1回、何かのレッスンを受けても、その時だけなら、たいした効果はない。

毎日が身体を作っていくんだもん。

そういえば、このあいだ、歯医者のお客様がいらしたとき、突然「歯、きれいですね。矯正されたんですか?」と、言われた。

やっぱり、職業柄、人の歯が気になるらしい。

「矯正なんかしてませんよ~、それに少々出っ歯です。」と、答えて、横から見てもらったけれど、それでも、よいほうだと言われた。

きっと、このお客様も、人の歯を見ては、「もっと、ああすればよいのに」とか、「ちゃんと歯医者に行っているのかしら?」とか、思っているんだろうね。

みなさん、靴と歩き方、気を付けてくださいね。

あ、後、姿勢もね。

重心は、踵に、かけないでね~。

|

« 針仕事 | トップページ | ナチュラリストでもなければ、ロハスでもないんですけど »

「リフレクソロジー」カテゴリの記事

コメント

私も姿勢は良い方じゃありません。猫背気味ですねぇ。
私は子供の頃から座高が高く(胴長ということです~(>_<))、小中生のころは、後ろの席に座った男子に「お前座高が高くて黒板の字が見えない!」ってしょっちゅう言われてました。
大人になってからも映画館などにいくと、後ろの人に舌打ちされる……。
それで、いつのまにか背中をすぼめるクセがすっかり身についちゃって……。
フラをやり始めて、猫背が治るな~と思っていたのですが、踊っているときは、ピン!としているけれど、なにもしていないときは、まるっぽい……。
私の慢性腰痛は、猫背のせいもあるんですよね……。
これからどんどん年を取っていくのだから、手遅れにならないうちに(?!)改善していかなくちゃ。

投稿: hoihoi | 2006年11月28日 (火) 10時11分

hoihoiさん、大丈夫ですよ~。
私も「スッゲー猫背の女」と,言われたことがあるぐらい猫背でしたから。
これからでも遅くありませんよ。
脊柱起立筋と腸腰筋鍛えましょう!

投稿: mizu | 2006年11月28日 (火) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/12852995

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事柄:

« 針仕事 | トップページ | ナチュラリストでもなければ、ロハスでもないんですけど »