« 毎日が、発見 | トップページ | まずは自分から »

目からウロコ

ある足に関するサイトで、「靴ひものある靴は、履くたび、脱ぐたびに、靴紐をほどいて、足にあわせて履くのが正しい。紐を結ぶ時間なんて、少しも時間はかからない、今日一日の始まりに気を引き締めるためにも、足にあわせてきっちり、靴紐を結ぼう。めんどくさがらずに」とかなんとか(いつもの事ながら、うろおぼえ・・・)を読んで、ハッとした。

言われてみれば当たり前のことなのに、そんなことをしてきた覚えがなかった。少なくとも足に関する仕事をしているのにね。

前ほどは、靴ひものある靴を履かなくなってはいたけれど、そういう風に履いていたためしがない。

その言葉に出会ってからは、逆に靴ひものある靴(スニーカーも含めて)を意識して履くようになった。

あらまぁ、不思議。ほんとに時間なんてそれほどかからないし、なんと言っても足が気持ちいいし、歩きやすい。それにその言葉どおり、気が引き締まる。

その上、なぜだか、自分がきちんとした人間のように思えて、心密かに誇らしさまで感じてしまう。(単純なやつですいません)

足に合う靴を履くことは、膝や腰を守る事や身体の不調を防ぐ事にもつながる。

高価な靴を履く必要はない。

足が心地よい靴を選ぶというもの日々の身体の健やかさには、大切な事。(心地よい靴=高価というもの否めないけど。。)

インナーソールやセミオーダーもあるけれど、まずは、靴ひもをほどいて結んで、から、始めてみて。

それだけでも、違ってくるからね。

|

« 毎日が、発見 | トップページ | まずは自分から »

「リフレクソロジー」カテゴリの記事

コメント

まぁ、本当に目からウロコの文章ですね。
私などは、脱ぎ履きがしやすいように、スニーカーのヒモは緩めにしばってますわ…汗

今は、アーチフィッターという靴がお気に入りで(サンダルタイプの靴)、足も気持ちよく、この靴だと、長時間歩いても腰痛にならないので、もうやめられません(笑)。

投稿: hoihoi | 2006年9月 5日 (火) 12時46分

hoihoiさん、お互い様でーす。

アーチフィッターは、かれこれ5,6年程前、まだ、室内履きしか出ていない頃に、「開帳足、偏平足」の姉の足を実験台にしたら、とても効果があったので、それからお客様にも薦めていますよ。
私も仕事の時に、履いています。
確か、過去ログに紹介してます。
室内履き、いいですよ~。

投稿: mizu | 2006年9月 6日 (水) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/11745568

この記事へのトラックバック一覧です: 目からウロコ:

« 毎日が、発見 | トップページ | まずは自分から »