« 依存? | トップページ | 大人と言っても »

いただきます!

先日姉に聞いた話。

PTAの集まりで、あるお母さんからの質問。

「お金を払っているのに(給食費のこと)どうして、『いただきます。』と、言わなくてはいけないのですか?」

これを聞いた私は???

お金の問題ではないと思うけど・・・・と、思うのは、おかしいのだろうか?

さらに、驚いたのが、そういうお母さんが、少なくなかったらしいこと。

『いただきます。』

って、いろんな意味があると思う。
作ってくれた人への純粋な感謝。食材を作ってくれている人があってこその感謝。食材に対する感謝。(だって、生き物ですからね、動物も植物も)それこそ、お金をかせいできてくれているお母さん、お父さんに感謝。おいしくいただける心と身体をもっていることへの感謝とか、いろいろ。
だと、思うのだけれど。

最近は、価値観が多様化しているというけれど、それだけで済ませていいものかしら?と、感じるのだ。

そういえば、若かりし頃、(まだ、23,4ぐらいかな)行きつけのショットバーで、おじさんと、けんかになったことがある。

思いやりについて、うんぬん・・・という話をしていて、

「街中で肩が触れ合ったら、お互いが、ごめんなさい。とか、失礼しました。と言い合えるような心の余裕を持った人たちが増えればいいね。」とか、なんとか、私が言ったんだと思うのだが、隣のおじさんは、「そんなものは、人の勝手。」と、言い出した。

「お互いが譲りあう気持ちがあれば、けんかにもならないんじゃない?どちらも相手がぶつかってきたと思うから、けんかになるんでしょ。」

「子供も持ったことがないやつに言われたくない!」

これで、怒り爆発!(あ、私のね)

「これから持つ人間が理想を持って何が悪い!あんたみたいな人がいるから、みんな、なんでも人のせいにするんだって!」

と、これぐらいになったときはエキサイトして、(おじさんが)持っている傘をガンガンテーブルに叩き付け出したので、引き離されたのだけれど・・・。

ああ、若かったのね・・・。今ならそんなこと言わない。おじさんもきっと、いろいろと、疲れていたんだと思うし。

なぁーんて、昔を振り返ってみました。

人それぞれ、価値観があるのは、しょうがないと思うけど、

「おはようございます。」「こんにちは。」「ありがとう。」

と、声をかけられて、嫌な気分になる人はいるのだろうか?

ご飯を食べる時に

「いただきます。」

と聞いて、嫌な気分になる人がいるのだろうか?

きっと、何故?と聞いたお母さんは、理由もなく、ただ、そう言いなさいと言われてきただけなのだろう。

子供たちに、言葉ではないお手本を見せていかねばね、大人が。

まとまりがない文になってしまったけれど。

|

« 依存? | トップページ | 大人と言っても »

「思うこと」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

我が家の御宗旨は浄土真宗大谷派(東本願寺)ですので,極自然に御飯の前は手を合わせ,食べ終わると「まんまん,あん」(「なんまんだぶ」<「南無阿弥陀仏」のなまり?)でした。

あんまり一つの言葉だけを取り上げて,「わぁ,世の中どうなっとるんじゃ!」と騒ぐのも,とは思いますが,mizuさんのお姉さまが違和感を持たれたのですから,そのような文脈で発せられた言葉なのでしょうね。

投稿: なも | 2006年7月 7日 (金) 21時42分

言葉だけを取り上げて?というより、
「お金を払っているのに、どうして?」
なので、ただなら、「いただきます。」なのかしらと、おもいました。
言葉は、変わっても、感謝の心は変わらないと思います。

だから、おいしそう!とか、おいしかった。でも、いいと思います。

宗教的かもしれませんが、今いる自分が、生きているというより、生かされている。という感覚がなくなってきているのでしょうか。

投稿: mizu | 2006年7月 7日 (金) 23時32分

もしかしたら,誤解されたのかもと思い,一言「補遺」を。

「言葉だけ」というくだりは,決してmizuさんの感じ方に対する反論ではありません。世の中には,とかく「こんなに人は変わってしまった!」と大騒ぎしたがる人々がいらっしゃると思っているものですから,ちょっと断っただけです。

御宗旨の話を出したのは,むしろ「日常生活は無宗教に近い なも でも,知らないうちに宗教的素養を身に付けさせられている。」というほどの意味です。

本旨においては,このお話に関して,なも もmizuさんやお姉さまと同様の印象を持ちました。発言されたお母様に,なにか特殊な背景でもあれば別ですか・・・。

投稿: なも | 2006年7月 8日 (土) 18時39分

なもさん、わざわざ、すいません。
お返事も遅くなりました。

全ては変化していくものですから、変わっても当たり前なんですが、変わってもいいものと、変わらずにいて欲しいもの、があります。

投稿: mizu | 2006年7月10日 (月) 13時44分

「いただきます」とは神道に通ずる言い回しで、お米や野菜や魚や、とにかくなんでもいいんだけど「命をいただきます」という意味だと読んだことがあります。植物を含む全ての「命」に対して、我々人間が自然の一部として生きてゆくために必要な食べることの儀式として、謙虚に「(命を)いただきます」ということだそうです。

お金を払っているから・・という意見は、昔からのそんな自然への感謝の気持ちの持ち方が忘れられてきた証拠で、とても残念に思いますね。

mizuさんのこのブログ、いつも興味深く読ませていただいています。

投稿: 匿名ちゃんですが | 2006年7月19日 (水) 05時46分

匿名ちゃんですが。さん。
初めまして。
読んでいただいているのですね、ありがとうございます。

言葉に限らず、その背景にあるものを伝えてける大人になりたいものですね。

謙虚な気持ちも、今の時代はとても大事なものだともいます。

投稿: mizu | 2006年7月19日 (水) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/10824069

この記事へのトラックバック一覧です: いただきます!:

« 依存? | トップページ | 大人と言っても »