« ベビ-マッサージ | トップページ | 託児付き »

掃除から見えてくるもの

スクールの講義の時に、リフレクソロジーとは何ぞや?を、お話するのだが、その時、例えで、掃除の話をすることがある。

まずは身体のお掃除をして、身体をきれいにすること。そうすれば身体は、自分の仕事がしやすくなるので、お仕事の効率があがる。

それに、身体にいらないものがたくさんあると、よいのもが入ってきても、置いていく場所がない。

と、えらっそうに、講義をしていたわけだが、自分の家の掃除は、おざなり・・・だった。

今は、テキストを作っているから、そこいら辺に、本が散らばり、紙は、舞い、の状態でも、しょうがない、掃除は汚れたらする。なぁんて,ことだったのだ。

最近、気をつけて、掃除をするようになったら、これって身体もそういうことじゃん、と、今更ながら、納得。

いきなり、汚れるわけではない、ましてや、いきなり、物が増えるわけではない。

毎日、毎日、少しづつ、埃はたまり、トイレのタイルは、汚れていくのだ。

身体と同じで、少しづつなので、そのうち、汚れている事が当たり前だったりして、(だんだん古くなっていくという感じです。それなりには、、お掃除しているから。念のため)、汚れに、慣れるというか、諦めると言うか。

身体もそうなのだ。

日々、疲れはたまっていく。もう歳だから、こんなもんでしょ、で、また、日々は、流れ・・・。

いきなり病気になる人はいない。

少しずつ身体に負担が、たまっていく。そして、軽かった(体重じゃないよ)身体のことを忘れていくのだ。

掃除もそう。

新しくきれいだったころの事を忘れ、古いから、使い込んだから、とかといって、諦める。(私だけ?)

毎日の生活で、ストレスをためない。(埃をためない)

その日の疲れは、その日のうちに。(その日の汚れは、その日のうちに)

身体が不調でも、少しづつでも、ケアしていけば、身体は元気になる。(汚れていても、毎日少しづつ、掃除をすれば、きれいになっていく。)

身体が軽いと、心も軽い。(部屋がきれいだと、気分がいい)

など、など。

身体のケアも、掃除も、諦めない、日々続ける、が、大事だね。

(身体は、健気に、自分でよくなろうと努力しているのだ。その本人が、もっと、気を付けてあげないとね。部屋は、勝手には、きれいにはなってくれませんが・・・。)

|

« ベビ-マッサージ | トップページ | 託児付き »

「リフレクソロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/10504845

この記事へのトラックバック一覧です: 掃除から見えてくるもの:

« ベビ-マッサージ | トップページ | 託児付き »